So-net無料ブログ作成
シトワイヤン-26 ブログトップ

パリ-11 [シトワイヤン-26]

舞姫さまの祝福、その感じ方は人それぞれだが、舞姫さまは我らと共に有り暖かく見守っていると、言葉でなく不思議な力で包み込むように感じさせてくれる。
報道で数多く取り上げられ、さらに多くの人が集まることとなったが、舞姫さまに関するルールは自然と出来上がり混乱は無かった。
祝福の力は広範囲に及ぶ。
人々は一旦舞姫さまの力を感じると舞姫さまとの距離は関係ない事に気付き、穏やかな気持ちで語り合ったり、思索にふけったり。
今まで曖昧に神と呼ばれていた存在が、そこに実在することを感じられたらそれで充分なのだ。
一目その姿をと思い移動ルートの沿道に集まる人達も、祝福の力の影響が有るのだろうか、落ち着いて譲り合っている。
舞姫さまの観光を妨げる者は無く、最初に立てたスケジュールに戻すまで何日も掛からなかった。
そして、パリ。

「写真や映像でしか見た事のなかった凱旋門、やはり実物は重みが違うわね。」
「映像にはこんな群衆映ってなかったがな、しかも各々が自分が信仰している宗教の作法に則り姫さまに向かって、祈りを捧げてるから奇妙な光景だよ。
教義に従うのなら、舞姫さま信仰禁止の宗教宗派が多いと思うのだけどね。」
「そして舞姫さまへの作法が分からないから、何時もの祈りということなのでしょう。」
「ここまで、宗教関係者は思っていたより静かですね、こちらが布教活動をしてないからでしょうか。」
「テレビ番組では自分達の都合に合わせていい加減なことを言ってるみたいだよ。
舞姫さまは簡単に否定できる存在でないから、自分達の教えに取り込もうとしていたり。
ただ、実際に舞姫さまの祝福を体験すると違って来るそうだ。
この瞬間にも宗教を見つめ直している人が五万といるのだろうな。」
「舞を、日本伝統のものから発展させた創作舞踊とし、宗教性を前面に出さなかったのは正解だったと思います。
もし、神道を強調していたら、舞を受け止めるのに無意味な制約となったのでは有りませんか。」
「だろうな、そして、改めて姫さまの奇跡に触れ、自身の信仰を考える。」
「新興宗教は分かりませんが、多くの宗教は創作かも知れない大昔の出来事や教えを元に語り継がれて来たと思うのです。
当然、現代の状況とは合わない部分も多くなって、歪が大きくなっているとは思いませんか?」
「宗教が理由で戦争が起きていたり、別の利害も絡み…、人間社会は利己的だからな。」
「自己保存本能では有るのですよね、自分達の集団を守るという。」
「やはり、争いはなくならないという事でしょうか。」
「人と集団の関係を考えたら絶対無くならないと思う、自分が帰属していると感じられる社会集団は複数有るだろうが、その最大規模は基本的に国家であって世界ではないだろ。」
「そして、大小様々な社会集団間の前に個人対個人の諍いが有りますものね。」
「それらの対立を…。
様々な宗教、宗派の人達が、舞姫さまの到着に合わせて集まり、それぞれの作法に従って祈りを捧げている、この光景…。
舞姫さま、世界は一つになれるのでしょうか?」
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-12 [シトワイヤン-26]

地球市民党は国境を越えた政党を目指して発足した。
市民政党若葉が市民の力で政権を握ったことが切っ掛けだ。
急拡大とは行かないが、その規模が少しずつ大きくなっているのは、多くのボランティアスタッフの頑張りに因るところだが、シンボル的存在となってくれた舞姫さまのDVDも大きく貢献していると思う。
今回パリをイベント会場にしたのは、ヨーロッパにも舞姫さまを広めるというキャッシーの思惑が有ったが、一つは市民革命により王政から共和制というフランスに敬意を表しての事でも有る。
市民に因らなければ国は良くならない。
だが、その市民も全員が同じ方向を見ている訳ではない。
それでも、地球市民党としては市民による変革を目指している。

パリでの地球市民党イベントはフランス国歌ラ・マルセイエーズ独唱で始まった。
歌うは舞姫さま。
フランス人でもない人が国歌を歌うことに違和感を感じるという人もいたが、国境を越えての政党だからと支持する人が多く、何と言っても舞姫さまは我らがシンボル。
歌の後は、舞姫さまのスピーチ、フランス語で。

『皆さんご存じの通りラ・マルセイエーズは、武器をとれ、市民たちよ、と歌う革命歌と言われています。
ですが、武器を取るのは昔の話。
私達、現代の市民が手にするのは愛、隣人に対する愛です。
皆さんの周りには困った隣人も少なからずいるかも知れません、それでも…。』

「本間さん、さすが本間塾の塾生ですね、我々の考えを上手くまとめて。
このスピーチを世界の何億という人が見るのですから世界が動くのでは有りませんか。」
「良い方向へ動けば良いが、でも和馬、ここで本間塾を持ち出すんじゃないよ。
姫さまは自身で学び反芻した言葉で語ってるんだ。
まあ、私はフランス語、さっぱりだから通訳…、なあ、世界へ発信されると言っても通訳に悪意が有ったらどうなんだ?」
「う~ん、確かに、イスラム圏などは何とも言えませんね。
舞のDVDもまだこれからですし、国家による規制が掛かりそうな国も有ります。
規制が掛かる前にどこまで広げられるか、宗教組織との対立を最低限に抑えられるかどうかが問題です。」
「面倒な事が行われる前に、個人に届いてしまえば…、だが中途半端では隠れキリシタンの様に迫害される可能性が有るだろ。」
「そうですね、世界中の人に舞姫さまの祝福を感じる機会を作ることが出来たら良いのですが、そうも行きません。」
「宗教とは一線を画して行きたいのだがな。」
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-13 [シトワイヤン-26]

政治と宗教は地球市民党でも離して考えたいところなのだが、宗教間の対立は根深い問題で無視出来ない。
舞姫さまのこととは関係なく予定されていた宗教に関するパネルディスカッションだが、パネリストには我々の代表として清香が。

『それぞれの宗教、その歴史を考えた時。
時代と共に解釈の違いからか分裂してきた宗教、宗派が多いと思います。
その過程でどの様な議論がなされて来たのか分かりませんが、大昔に何らかの理由があって作られた、でも現代社会に於いては不要になっているルール、結果的に女性の権利を押さえつけているだけのルールは有りませんでしょうか。
ただ単にそういう定めだからと妄信していないでしょうか。
日本は宗教的にとても緩い国で、信仰心も希薄になっています。
神道という日本固有の宗教に基づく神社へは、お祭りを楽しみ、神様へのお願い事をしに行くだけの人も少なく有りません。
クリスマスは、キリスト教を信仰している訳でもないのにイベントとして楽しみ、仏教の作法で死者を弔いますが、釈迦の教えに関心の無い人は少なく有りません。
それでも多くの日本人は信仰心と関係なく社会ルールを守って生活しています、道徳的に問題のある人がいない訳では有りませんが。
世界が一つになる、その妨げとなっている宗教、舞姫さまがこの地に来られたことを切っ掛けに見直してみませんか。』

そこからの議論は考え込む人が多かった。
舞姫さまの定義付けは、まだなされていない、神なのか、それに近しい存在なのか。
確かなのは、すでに多くの人が舞姫さまを体感しているという事実。
参加者は会場から遠くない所にいる舞姫さまを感じながら、自身の信仰と向き合い宗教について考えた。
そして、新たな宗教改革を各宗旨宗派で進める、という結論に至るまで多くの時間は掛からなかった。
だが、この場にいる人達は宗教指導者ではない、実行に移して行くには越えねばならない高いハードルが存在している。
先祖代々受け継がれて来た教義は簡単には変えられないだろう。
一人のパネリストが…。

『舞姫さまを自分達の中でどう位置付けて行くか。
人間は神の前にのみ平等だと、私は教えられて来ました。
舞姫さまを神さまとお呼びして良いものかどうか分かりませんが、我々にとって尊きお方で有る事は間違い有りません、信仰に関係なく等しく祝福を授けて下さっていますので。
どの宗旨宗派も決して舞姫さまを異端視することのないよう、そこだけは間違いなく進めて行かねばならないと思います。
宗教改革は簡単では有りません、方法を間違えれば争いに繋がります。
そこに、舞姫さまのお力をお借りできれば有難いのです、無理な負担をお掛けするのは心苦しいのですが…。
舞姫さま御自身はどう考えておいでなのでしょう。』
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-14 [シトワイヤン-26]

その夜、舞姫さまにパネルディスカッションの話を。

「宗教改革ですか、歴史上の宗教改革では争いも起きていましたね。」
「はい、中途半端に進めると世界中で揉め事が発生するかも知れないと参加者からも出ていました。
ですが、姫さまのお力を借りられたらと、皆さんから。」
「清香さん、様々な理由から、相手を絶対受け入れないという人達が世界秩序を乱していると思います。
そんな人達にも私の気持ちは届くのでしょうか?」
「姫さまの力が強まってから今日まで、多くの奇跡が起きています。
姫さまの祝福を体験していない人は、それを信じないかも知れませんが、そんな指導者達と直接会う必要は有りません、同じエリアに滞在するだけで良いのです。
理解の有る方には苗川に来て頂き、そうでない方の所へは姫さまの気分で旅行に行けば済むと思います。
こちらはあくまでも宗教団体ではなく地球市民党の一員として、今回のイベントでは政治経済中心に議論が交わされ、宗教に関する事は極一部でしか有りません。
旅行の名目は地球市民党のシンボルとして各国の代表に招かれるという形を取れば良いと思います。
宗教改革は早急に進めるのではなく、ゆっくりじっくりとなるでしょう。
歴史有るものを簡単に変える事は出来ません、でも、少しずつでも、特に宗教対立、民族対立をしているエリアから進めて行きたいです。
ただ、人間の力で解決することは絶対無理だと思える対立があちらこちらに有ります。
どれだけ科学が発達しても人間は今の世界を良い方向に向かわせることが出来ないでいます。
大規模な戦争こそ起きていませんが、地球の将来には不安が付きまとっているのです。」
「私が人間では無いと言う前提なのですか?」
「はい、そこにいて下さるさるだけで、多くの者を癒し安らぎを与えて下さる存在は地球上には舞姫さましか。」
「私が何者なのか、今後この能力がどうなって行くのか分かりませんが、能力が有る間は皆さんのお役に立てたらと思っています。
今後のスケジュールを見直しましょう。」
「有難う御座います、冬には南国のリゾート地巡りとかがお勧めです。
平和な環境ですが、宗教的には今回よりイスラム系の住民が多いです。」
「清香さん、寒いの苦手ですものね、そういった環境で試してから、中東を目指しましょうか。」
「万里、私は何時でも何処へでも一緒だからね、本間さんと相談して市の仕事はスタッフに引き継いで貰う事にしたから。」
「うん、お姉ちゃんがいないと困る。」
「姫さまの下に改宗したいという声も聞こえて来ていますがどうしますか?」
「地球市民党の党員になって頂けばよろしいのではありませんか。
冠婚葬祭に関しては党独自の形を作って貰うとか。
改宗でなく両方に所属して貰ってもこちらには何の問題も無いのですから、葬式仏教形式を広げても構いませんし。」
「そうですね。」
「和馬さん、世界中の人が地球市民党の党員になれば、全てが丸く納まるのですよ。」
「智里は壮大な事を簡単に言うね。
だが、人間というのは一つの党を作っても、派閥を作り、そのパワーバランスで利害関係を発生させる生き物なんだ。」
「それでも、大枠が同じ組織で有れば、バラバラよりはマシになるでしょ。」
「まあな、そこまで行くのは大変だろうが。
舞姫さまが地上に存在する唯一無二の神さまだと世界中の人が認知すれば、人間社会は変わるのかな。」
「一人で数十億の人を動かすのは大変そうね。」
「姫さま、他人事みたいに言わないで下さいよ。」
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-15 [シトワイヤン-26]

地球市民党のイベント期間中、様々な会議が開かれた。
国家間の立場から対立する意見も出ていたが、舞姫さまの影響下でも有り、穏やかに進んだ。
締め括りとして地球市民党の今後の指針が確認され発表されたが、宗教改革に関しては、まだ宗教指導者達を刺激すべきではないとの判断から見送られた。

そして最後のプログラムは舞姫さまの舞。
舞台上は至ってシンプル。
余計な装飾を施さないことで舞姫さまの美しさを際立たせている。
鈴を手に舞う姿が薄っすらと輝いて見えたのは照明の関係だけではないと思う。
生中継でも多くの人が目にしている筈だから、そこからのパワーも影響しているのだろうか。

舞を終え退場する姫さまに拍手は無かった。
会場中が静まり返り余韻に浸る。
舞を舞っている時、舞姫さまの力が最高になるのだと改めて実感した。

「姫さまは?」
「お休みになられました。」
「かなり消耗されたのかな?」
「そうでもないみたいですよ、二十分ぐらいが調度良いのかも、と話されていました。
明日はキャッシー達と市内を散策予定ですので早めに休むのだそうです。」
「なら安心かな、SNSの情報ではパリからかなり離れた所の人も舞姫さまの祝福を感じたそうなんだ、その分、姫さまが消耗されていないかと思ってね。」
「清香村の舞姫さまとなって頂いた頃より心身共に成長されたと思います、身長こそあまり伸びていませんが体力もついて…、女神さまのことをこんな風に話すのもおかしな気分ですが。」
「女神さまか、ご本人がどう感じておられるのか分からないが、落ち着いて受け入れて下さってる様に感じられるね。」
「通訳の人が話してたけど、舞姫さまの奇跡はニュース番組でも数多く取り上げられているそうよ。
何でも、一番迷惑してるのは警察官なのだとか。」
「えっ、皆さん癒されてないのかな?」
「自首する人が多くて忙し過ぎるって、贅沢よね。」
「それは大変そうだな。」
「教会関係者はキリストとの関係は分からないとしながら、慈善活動を活発化させる動きになっていて、それは一般市民からの要望に応える形で始まったそうなのよ。
余裕の有る人が弱者に手を差し伸べる、私達が市民の有るべき姿と考えていたことが、姫さまの力で実現されて行くということかしら。」
「地上が他人を思いやれる人ばかりになるのなら、人類の類としての進化とも言えることだと思うのだがな。」
「市民政党若葉や地球市民党がどんなに頑張っても、国境を挟む隣人同士の諍いは絶対無くならないというのが結論でしたね、多少の妥協は出来ても利害関係や感情論で過去に囚われ過ぎて未来を見られない人がいたりして。」
「それも第三者の目で見るとバカバカしいレベルのことなのよね。」
「そんな人達が、地球市民党の一員として、地球レベルで物事を考えられる地球市民となってくれたら、確かに人類の進化と言っても良いことです。」
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-16 [シトワイヤン-26]

パリでのイベントが旅行中公式行事の最後、後は観光と休養となる、各自、それぞれのスタッフから報告を受けたり指示を出したりしながらでは有るが。
本間市長は休養日としテレビを見たりして過ごしたそうで。

「お疲れ様、今日も大勢の人に囲まれてたが、舞姫さまより智里ばかりが目についていたな。」
「本間さん、もしかして私達が何処で何をしていたのかテレビで確認済みですか?」
「ああ、通訳の人に同席して貰ってね、下手に出歩くより楽しかったよ。
カメラマンは姫さまをなかなか捉えられなくて苦労してたみたいでね。」
「今日はプライベートと言う事で取材関係を控えて貰いカメラも近づかない様にして貰いました。
同行のスタッフも慣れて来てテレビ局関係者とも上手く調整してくれているのです。
万里はガードが堅くて周りが見づらいと嘆いていましたが、警備担当者はスーパーVIPを狙撃される可能性の有る状態には出来ないと。
テロとか経験している国からすれば、日本は平和ボケしてるという事なのでしょうね。」
「そうか、苗川でも警備の見直しが必要かな。
舞姫さまは殺しても死なないとか、薬物中毒患者みたいな人が話していたそうだよ。」
「怖いですね、万里は人を疑う事を知りません、悪意を向けられた事が無いのです。」
「パリに来てからずっと感じてる、この包み込む様な暖かさを感じていたら、普通は舞姫さまに危害を加えようなんて考えられないと思うのだがな。
ホントにここまでパワーが増してたとは思ってなかったよ。」
「はい、ローマでは、予測してなかった事ばかりで大変でした。
でも、皆さん、落ち着いて歓迎して下さって。」
「話は聞いたよ、確かにテレビの報道を見てると、人が集まってはいるが整然としていたね。
パリを目指して多くの人が押し寄せているが、姫さまの影響下に入るとそれで満足する人も多いとテレビでやってたよ。
会えなくても神の力を体感した後は、飛ぶように売れてる写真やポスター、DVDを見ながら人生を振り返ったり、信仰と向かい合っているそうだ。
宗教的な教えの様な事は、イベント初めのスピーチぐらい、多くの人に感銘を与えた様だが、落ち着いて考えると我々にとっては当たり前の、地球市民党の理念だよな。」
「ですよね、この機会に多くの人が地球市民党に賛同して下されば良いのですが。」
「舞姫さまが教祖的な存在に成りつつあるのだから可能性は有る。
分からないのは、姫さまの祝福を感じても、姫さまと敵対する道を選ぶ人がどれぐらい居るのかだ。」
「分からないですね、ここまで旅して来た国々からも、特にそういう人の話は入って来ていません。」
「しばらくは、舞姫さまが世界に影響を与えて行くのを、手探りでサポートし、姫さまを守って行くことになるのだな。
ところで、人類が初めて体験した、神の如き存在は、今、何処に?」
「キャッシーがSNSにアップする写真をどれにするか、二人で楽しそうに選んでましたよ。」
「そういうところは普通の女の子なのだな…。」
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-17 [シトワイヤン-26]

「智里、舞姫さまに関する論争が始まったね。」
「起きない方がおかしいです、祝福を体験している人といない人では話しが噛み合わないでしょう。
舞のDVDすら見てない人からはインチキ教祖様ぐらいに思われているのではないですか。
体験した人達は自分達の宗教の中でどう位置付けて行くか、現代人が初めて出会った、実在する神の如き存在を人間社会はどう受け止めて行くかですね。」
「そうだな、それで、舞姫さまをお招きしたいという申し込みが世界中から届いているのだが、論争を考慮する必要が有ると思うんだ。」
「無視は出来ないですね、万里の考えも聞いて早めに方向性を示すべきところだと思います、後ほど…。」

パリを立つのは明日、パリ市長が市民を代表して挨拶に来る予定。
今、スタッフが舞姫さまに関する論争などを探っているが、コメントを出す必要が有るかも知れない。
その時に今後の方向性が少しでもまとまっていれば話し易い。

「姫さまはどうお考えで?」
「まずは日本で布教活動です。
海外の方に来て頂けば、日本経済も潤うでしょう。」
「布教活動とは?」
地球市民党の理念を、特に苗川大改造が市民の手によって行われたことを理解して頂き、次は皆さんが地球市民となって地球の自然環境や政治経済をよりベターな方向へ進めて下さいみたいな。
そうしている内にキャッシーが発注してくれた、舞姫専用機が完成するでしょうから、まずは歓迎して下さりそうなイスラム圏の国へ赴き、そこを足掛かりにして、紛争地帯へ、どんな形で影響力を発揮すれば良いのか検討して行きたいです。」
「まずは日本で足場堅めという事ですね。」
「はい、それと過疎地を回り現状を見てみたいです。
人の少ない土地で私の力がどう変化するのか確認しておきたいです。」
「テレビでは動物にも影響を与えていると報じてたよ、過疎地ではサルやシカが力をくれるのではないかね。」
「本間さん、その辺りの所が自分でも、まだ分からないのです。」
「以前、虫に刺された経験が無いと話してただろ、結局、そういう事なのさ。」
「万里の代わりに私を狙うのよね、蚊ですら姫さまには遠慮してたのかな。」
「それは、お姉ちゃんが美味しそうだからよ。」
「そういう問題じゃないと思うわ、犬だって小鳥だって万里が、おいで、いらっしゃい、と言わない限り近づいて来ないじゃない。」
「それって、姫さまが呼べば小鳥でも寄って来るってことなの?」
「ええ、綺麗な小鳥は近くで見たいじゃないですか。」
「へ~、どんな風に呼ぶのか見てみたいし…、姫さまの力に懐疑的な連中の為にデモンストレーションとして小鳥たちと戯れる姿、お願いしたら可能かしら。」
「あっ、何かが足りないと思ってたら、旅行中動物と触れ合う機会が無かったな、明日はパリの野鳥達と遊べるかしら。」
「そうね、警備担当と相談しておくわ。」
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-18 [シトワイヤン-26]

パリを離れる日、パリ市民とお別れする会が広場で行われた。
今回、宗旨宗派入り乱れての祈りの輪は警備要員によって何時もより広げられた。
開始予告時間の一時間ほど前、舞姫さまは私達から離れると空に向かって手を振った。
その方向に目をやるとタカだろうか、かなりの高空を飛んでいたが、姫さま目掛けて一直線に舞い降りて来て近くに着地。

「ホントに呼び寄せるのね、会話してるのかしら。」
「あっ、飛び立った、あのサイズの鳥が空を舞う姿は素敵ね。
まるで観衆にその姿を見せびらかしているみたいだわ、人間を恐れていないのかしら。」

「あ~、行ってしまったな、他に鳥は…、この辺りは鳥が少ないのか…、今の一羽がいたからかな。」
「食物連鎖のピラミッドでは上の方に位置する存在だものね。」

姫さまは、タカが飛び去った方角を見ているが、しばらくすると、その方角から小鳥の群れがやって来た。

「この群れも呼び寄せたのかしら。」
「鳥たち、やはり観衆のことは気にしていないみたいだな。」
「小鳥達が、姫さまの指示に従って飛んでいる様に見えます。」
「智里、姫さまはずっとこんな遊びをしてたの?」
「戯れる様になったのは中学生になってからです、どれぐらい意思疎通が出来てるのか私には分かりません。」
「タカ一羽だけなら鷹匠という存在もいるが、野鳥の群れを操るのはな…。」
「普段から動物と会話を?」
「会話っぽく見えるのは清香村の別荘に住み着いてるフクロウとですね、蛇は何も考えてなさそうです。」
「別荘には色々住み着いてるのか?」
「ええ、万里が許可を与えた子達です、リスとかコウモリとか。」
「飼ってるの?」
「餌を与えてませんので飼ってると言えるのかどうか、住まいを提供していますが拘束している訳でも無くて、万里は動物園が嫌いなんです。」
「あっ、分かる気がします、檻の中の動物は、もの悲しさを感じさせますもの。
それと違って野生の生き物は…、清香村へ行くとリスや小鳥が出迎えてくれますが、舞姫さまの指示に従っているのでしょうか。」
「どうでしょう、村人たちは現代の桃源郷だと話していますね、都会暮らしに疲れて移り住んだ人達は舞姫さまに癒されて、清香さん、万里が長期不在でも変わりはないのでしょうか?」
「ええ、テレビで姫さまの動向を楽しんでるそうです、この光景も情報番組で流されるでしょう。」

そんな会話をしていると、小鳥たちは一直線になり舞姫さまの横を通り過ぎてから飛び去って行く。
これが舞姫さまがパリで起こした最後の奇跡、野鳥を使ってのパフォーマンスは手品師でも無理だろう。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-19 [シトワイヤン-26]

パリを後にし空路、ハワイへ。
キャッシーの別荘で過ごす。
この別荘が新たな聖地となったのは言うまでもない。
人は集まるが混乱はなくのんびりと。

「姫さまは?」
「ベランダで小鳥を呼び寄せてるわ。
ここでは特に予定もないから、久しぶりにリラックス出来てるみたいね。」
「分かってたら、動物と触れ合える機会を作ったのにな。」
「姫さま自身、緊張で動物のことに気が回らなかったのでしょうか、これからは私達も気を付けましょう。
考えてみれば、豊かな自然に囲まれてお育だちになられたのに、しばらくホテル暮らし、警備の関係で不自由な思いをされていたと思います。」
「気を付けるよ。
しかし、パリではパフォーマンスとして鳥を呼び寄せて貰ったが、映像的に一番分かり易い奇跡だったことも有ってか、反響がまた凄い事になってるみたいだな。」
「それにお応えする為に今も小鳥との場面を撮影中、ネット配信して収益が出たら野生動物の保護活動に役立てるのだとか。」
「その辺りの感覚は本間さんによって幼い頃から培われて来たのだよな。
経済活動と社会問題を組み合わせて理解してるから、清香と同様、ただお金儲けだけを考える訳ではなく、利益をどう生かして行くかまでイメージしてる。
起業に成功して青年実業家気取り、年商を自慢してるだけの人達とは違うね。」
「舞姫さま関連だけで多くの雇用を生み出しているものね、ヨーロッパの人達はまだ気付いてないみたいだけど。」
「今は祝福を受けて考えてる最中だろうからな、舞姫さまの教えは地球市民党の理念。
地球市民党は政党で有って、今の信仰とは関係ないと気付いた人が、党員登録の申し込みを始めている様だが。」
「姫さまを自分の宗教を通して判断されるより、地球市民党の一員になって下さった方が安心です。
宗教団体では有りませんので、教義に縛られることはないですし。」
「ああ、そして党の財政が潤う。
このまま、大きな揉め事なく党が拡大するだけで有って欲しいところだ。」
「そうね、問題は宗教指導者や独裁者かしら、自分達の考えに背く人が増えたら面白くないでしょう。
今回の旅行は姫さまをアピールと考えて組まれたけど、世界が動き始める切っ掛けになると思わない?
姫さまのパワーはハワイに来ても変わらないし。」
「今まで語られて来た神という架空の存在に対して、人間を超越した存在の出現。
これによって人間社会がどうなって行くかですね。」
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パリ-20 [シトワイヤン-26]

ハワイに入って来る情報によると、ヨーロッパで、舞姫さまの祝福という初めての経験をした人は、その後大きく二つに分かれた様だ。
祝福を素直に受け入れ、姫さまに感謝しDVDや写真などを購入、ファンとなり舞姫さまの魅力を説く者と、癒されたものの、それまでのしがらみに囚われ戸惑っている者達だ。
だがそのどちらもが地球市民党の理念と向き合っている。
『地球の市民として自分に出来ることを考える』とは姫さまがスピーチで強調してくれたテーマ。
そして鳥たちとの戯れは、地球に生きる者は人間だけではないと受け止められた様で、宗教団体より早く環境団体が地球市民党に接触して来た。

気になるのは地理的な問題で祝福を感じる事が出来なかった人達だ。
情報は広く伝わっている。
その情報だけで舞姫さまの深く暖かい愛を信じられるのだろうか。
信じる者は救われると言うが…。
DVDは、相変わらず売れ続けていて、聖書の様な扱いになって来ているという。
神という不確かな存在に対しての舞姫さま。
宗教関係者達も議論してるのだろうが結論を簡単に出すことは出来ない様で、まだ大きな動きはない。
世界が静かに動いている中、長かった旅行は終わりの時を迎え明日、帰国の途に就く。

「姫さま、日本に帰ったら何をしたいですか?」
「そうですね、フクロウのドウーフワンコビッチ三世と世界情勢について語り合うふりして一方的に話したいかしら。」
「ストレス発散?」
「頭の整理みたいなことです。」
「人間とは?」
「苗川の人達とはずっとメールでやり取りしてましたので…、大袈裟な出迎えはしないで下さいと。
でも、空港の話、聞きましたか?」
「はい、暇な人達がもう集まり始めてるそうですが、それはそれで良いじゃないですか、地方空港へチャーター機で降り立つ、地方経済に貢献出来ますよ。
今回の衣装は天女の羽衣をイメージしてますが、姫さま、最近身長が伸びてますよね。」
「ふふ、刺激を受けたからかしら、衣装担当に言われるまで気付いていませんでした。
帰ったら、大きくなったねって言われそうだな。」
「姫さまは旅行の前から私達を静かに守って下さる、大きな方でしたが、一段と…、人間としてと言って良いのか私には分かりませんが。」
「う~ん、人間ですよ、多分。
普通にお母さんから生まれた普通の人間の筈なのだけどな。」
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
シトワイヤン-26 ブログトップ