So-net無料ブログ作成
化け猫亭-14 ブログトップ

大下穂香-11 [化け猫亭-14]

「穂香ちゃん、猫田組の一般募集はどうだった?」
「はい、掃除などの雑用や皿洗い、農業、土木作業からと明記されているにも関わらず百名程の応募が有ったそうです、初任給も安いのですが。」
「何人採用するの?」
「一応全員です、面接と研修を通して配属先が決まります。」
「それだけの人数を雇えるのか…。」
「拡大して行きますので人材は必要です。」
「そうか、だが農業とかはやりたくないのでは?」
「研修の一環として全員に経験をさせ、その過程で農業に向いている人を見つけて行くそうです、組長命令は絶対ですので大丈夫でしょう。」
「それを承知の上で応募しているから文句は言えないな。」
「因数分解が出来なくても農業は出来るそうです、二十人程いる女の子と上手く組み合わせれば、ふふ女子の前で恰好悪い事の出来る人は少ないだろうと、写真をみると可愛い子も何人か居るそうで、農業研修の時には食事などの世話をして貰う予定だそうです。」
「成程…、元犯罪者の組員とはどういう関係になるのかな?」
「まずは全員組長が用意した教育係りの下につきますが、組事務所、お店への配属が決まった人はパシリになるそうです、元犯罪者の組員達が教育係りを引き継ぐ事になりますが、犯罪を勧める様な言動は固く禁じられ、もしその様な事が有ったら減給です。
もっとも、組組織出身の人も普段は穏やかな方だそうで。」
「普段は、か…。」
「暴力団から足を洗って猫田組に拾って貰ったという形ですので、小夜さんは心配していないそうです。」
「今一つ様子が分からないな…、一般募集の女の子達もお店に?」
「女の子は、風俗店での接客はさせず、彼氏を見つけて主婦になってくれれば嬉しいそうで、シェアハウスや寮の仕事も経験して貰うそうです。」
「どんな人達が応募したのか気になるね。」
「はい、高校中退という人が多いそうですが、募集要項を読めば楽ではないと分かる筈、それでもというのですから…。」
「まさか、読解力が無いとか。」
「気になりますね…、小夜さんにお願いして面接風景を見させて頂けないかな。」
「人数が多いと面接も大変そうだね。」
「はい、全て録画して特に気になる人は小夜さんに見て頂くそうです。」
「それなら、採用された人の映像は化け猫クラブで共有も有りじゃないのか?」
「あっ、農業や土木は合宿所関連になりますものね、小夜さんに提案しておきます、合宿所周辺で出会った時にコミュニケーションを取り易くなると思います。」
「小夜ちゃんの支配下という事は我々の保護下でも有るからな。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-12 [化け猫亭-14]

「穂香ちゃんは合宿所完成披露パーティーに出席するの?」
「はい、加奈お嬢さまのサポート役として半分仕事です。」
「あのエリアは土地区画整理事業の関係で、あちこち工事中だが、この一年で随分変わったんだよ、果樹園や花が楽しめるのは来年以降だけどね。」
「お店は工事関係者の利用が多くて繁盛しているそうですね。」
「ああ、赤字の老人世帯向け移動販売を含めてもトータルでは黒字になっている、松尾さんのおかげだ、彼が参加してくれなかったら長期的な展望は難しかったと思う。
本社移転やニュータウン計画は大きいよ。」
「市としても税収アップに繋がる訳で、土地区画整理事業を積極的に後押ししているみたいですね。」
「ああ、再開発エリアがかなり広がったからね、国道からのメイン道路は拡幅計画を急がせてるそうだ、計画をスタートさせた段階から桜さんと小夜ちゃんが圧力を掛けてたからね。
実際に事業規模が大きくなって来たから、協力しとかないと選挙で勝てないと気付いたのだろう。」
「人口が増えますものね、私が見た資料では市の人口がじわじわ減り続けて今は三万七千人台、そこにニュータウンの建設、色々な人達が順次転居して行けば、いずれ市の人口の一割は私達の関係者になるだろうと、桜さんが話しておられました。」
「だろうな、すでに猫田組で小さい土木会社を買収したのだろ。」
「後継者の育成に失敗した会社だそうですね、そんな会社でも、新たに立ち上げるより効率が良いそうです、その会社もいずれ再開発エリアに移転させるのだそうで。」
「松尾さんは資産をかなり切り崩しているのかな…。」
「いえ、資産は増えてるぐらいで、加奈お嬢さまや小夜さんの事業拡大を前倒ししたいと話しておられます、問題はスタッフの教育が追い付かない事だそうで。」
「商才が我々凡人とは桁外れに違うという事か…。」
「ちょっとした思いつきで始めた事業が大きな利益を生み出して来たそうです、それが一つや二つではなく、女神さまの僕となられてからは、その利益を社会に還元しながら更に。」
「女神さまを支えている支援金額が半端じゃないのにな、彼の関連で消費すればそれが社会的弱者救済に繋がると、消費者も分かって来ているから会社の業績が伸び、社員達のモチベーションが上がり良い人材も確保出来るという事かな。
うちも頑張ってはいるのだが、そこまではな…。」
「松尾常務の凄さは、とても小さい潰れそうな伝統工芸を守る事にも現れていますね。」
「だよな、加奈さんとの話から出たのだろ。」
「はい、簡単には習得出来ない伝統技術ですが、一人でこなしていた作業を分担して習得という形を提案しつつマーケティングを、伝統を守りつつ新しいスタイルを取り入れる事で売り上げを伸ばしているそうです、彼にとっては趣味の範囲でしょうが。」
「赤字企業でも平気で買収出来るのは、優秀なスタッフが揃っているからだろうな。」
「優秀なスタッフを揃えるだけの力が有るのですよね。
全国展開しているチェーン店を買収する計画が出ているのはご存じでしたか?」
「へー、飲食店?」
「はい、具体名は明かされていませんが業績が悪化しているそうです。
そこを再生しつつ従業員として人も再生して行こうと、支社を拡大するのと並行してやって行けばスピードが上がるという事だそうで。」
「再生できる自信が有るのだろうな…。」
「各店舗を起点に貧困層の子ども達への支援を、神レベルの事をしないと女神さまのパートナーにはなれないと話しておられましたよ。」
「マジで貧富の二極化を解消するつもりなのかな。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-13 [化け猫亭-14]

「穂香ちゃん、合宿所完成披露パーティーお疲れ様、思ってたより報道陣が来ていたね。」
「はい、加奈お嬢さまからの報告や猫田組の説明は記者達も熱心に聞いて下さいました、テレビカメラが入って猫田組の研修生達は、更に気合が入ってましたね。」
「動きが良かったし、研修生代表の言葉も頼もしかったな、中卒として全うに生きる道が有るという事を高校に馴染めてない人に気付いて欲しいと、カメラに向かってしっかり話してただろ。」
「彼は学校に馴染めなかっただけで頭の悪い人ではないそうです、組の中でリーダーとして育てるとの事です。」
「私は大学を卒業して就職する事を当たり前だと思っていた、だが世の中には色々な人がいて、色々な選択肢が有って良いのだと気付かされたよ、猫田組がどうなって行くのか分からないが、若者にとって良い選択肢の一つとなれば良いね。」
「自分達で義理と人情の猫田組を盛り立てて行くと、リーダー候補達からは色々な提案が出ていて小夜さん達はそれをしっかり受け止めているそうです。
合宿所周辺の美化は披露パーティーに合わせて彼等が自発的に担当してくれたのですが、それはエリア再開発の意味を理解しての事、また、加奈お嬢さまの活動を違う角度から支援するのが自分達だと考えている様です。」
「そうか、支える立場と考えてくれてるのか…。」

「片山さん穂香ちゃん、先日はどうも。」
「あっ、山田さんこんばんわ、山田さんは早速合宿所を利用されたのですよね、如何でした?」
「楽しかったですよ、色々な人と交流出来ましたから。
あそこに移り住んで数か月というスタッフ達は、田舎の生活に何の不自由も感じて無いと話してくれました。
猫田組の若い子達は礼儀正しくて、そうそう、災害支援チームの話は、穂香ちゃんも知らないんじゃないか?」
「はい聞いてません、どんなチームなのですか?」
「猫田組の研修生が提案したのだけど、自然災害によって生活環境が悪化した子ども世代への支援を第一に考え、猫田組が災害復旧ボランティアとして動けないだろうかと。
それを受けて小夜ちゃんはすぐに災害ボランティア研修プログラムを組むように指示を出したんだ、猫田組で被災地を応援するとね。」
「災害ボランティアは知識がないと邪魔になる場合も有るのだったな。
費用面の問題がクリアされたら、猫田組にとっても良い事だと思うよ、前科の有る人が関わって行けば更にね。」
「個人としてでは無く組織としての支援なら、支援を受ける側も安心でしょうね。
資金は寄付を募れば集まります、当然何処で何をしているかの報告は公開するでしょうから、単に寄付を募る団体より安心出来るのではないですか。
大災害の時は継続的な支援をして行きたいですね、特に過疎地の場合災害によって更に過疎化が進んでしまいそうです。」
「猫田組組員として収入が保障されていれば安心して支援に当れる。
日本から自然災害が無くなる事は無い、自衛隊や行政とは違った角度から支援出来る組織、資金が公的なものだと動きが鈍かったり不明朗な支出が生じるが、猫田組として予算を組めば大きな支援は出来なくとも、ピンポイントで有効な支援が可能かも知れないと、小夜ちゃんは即座に話してくれた。」
「小夜ちゃん達がシステムを構築するとなると、ボランティアセンターの立ち上げ方とかまで考えそうだな。」
「ですね、松尾さんが買収を表明した飲食店チェーンは日本中で展開、加奈さんとこの支社も増えて行きます、その辺りを猫田組の拠点にすれば動き易いと思います。」
「堅気の人達を守って行くのが猫田組の役割だからな。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-14 [化け猫亭-14]

「穂香ちゃん、猫田組長はまだなのか?」
「焦らないで下さい、予定の時間までまだ有ります。」
「組長になってから化け猫亭へ来る回数が減っているだろ、今日は貴重なんだよ。」
「あっ、子分を従えて…。」

「ほ、本日は猫田組の近況報告という事で…、お、お集まり頂き有難う御座います…。
自分は…、かと…。」
「加藤、しっかりなさい!」
「はい、組長、自分は加藤茂久です!
店の状況について報告させて頂きます!」
「声が大き過ぎ、場の雰囲気を考えなさい。」
「失礼しました…、えっと、新店舗は今までにない業態となりまして、男性スタッフ目当ての女性と…、女性スタッフ目当ての男性とが同じフロアーで…、色々なタイプのホストやホステスが混在しているのが特徴で、お客様同士の交流も有ります。
混沌としていますが、売り上げは充分に出ています。」
「よし、次。」
「はい、自分は本間正です、組の代紋が決まりましたので、ご覧下さい。」
「可愛いにゃんこか…。」
「この代紋は愛と平和の象徴です、我々はこれを日本中に広げ、組長を日本一にします。」
「良く言った、本間、期待してるぞ、次は藤井。」
「はい、自分は藤井隆也と申します。
利益を生み出す部門では有りませんが、災害支援チームの設立を組長にお願いしました。
困ってる人に手を差し伸べるという猫田組の姿勢を明確に示して行けば、本間が話した事も実現出来ると考えています。
まだ災害ボランティアの難しさを教えて頂いてる段階です。
えっと、他は地道に研修を受けながら農作業などのお仕事をさせて頂いています。
未熟者ですが組長に拾って頂いた恩義は社会に返せと言われており、自分達なりに考えています。
どうか、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。」
「まあ今の所はこんな感じなのですが。」
「突っ込み処も有るが猫田組は健全に成長しそうなのかな?」
「本間、どうだ?」
「はい、猫田組長は日本中の半端者を受け入れても良いと話して下さいました。
自分達はその為に精一杯働かさせて頂きます。」
「藤井くんは災害支援チームのメンバーなのかな?」
「特にメンバーとかではなく、今は交代で研修を受けています。
藤沢組長がボランティアチームのシステム構築を指示して下さっていまして、そのシステムが有る程度出来た段階で、我々は復旧しきってない現場で実習させて頂きます。
必要が有れば加奈お嬢さまの僕達とも手を組めたらと話が進みつつ有ります。」
「給料は安いのだろ、不満は無いのか?」
「有りません、組員公募は自分からお願いした事です、自分はまだ半人前、ですが自分の力で組に貢献出来る様になれば収入は増えます。
組長は自分達全員が安心して結婚出来る所まで鍛えて下さいます。」
「研修は厳しいのかな?」
「それ程でもないです、得意分野を伸ばす事に重きを置いて下さっていますので。
今は災害支援も意識して全員が調理実習を受けていますが、どうにもならないレベルの者は別のプログラムになったり、センスの良い者は料理長を目指すべくワンランク上の修行に入っています。」
「藤井くんはしっかりしているがリーダーなのかな?」
「候補にして頂いて研修を受けています、要所要所に有能なリーダーが居ないと、これから大きくなって行く猫田組が回らなくなります、腹を括って組長の為、つまりは世の中の弱者の為に働かせて頂きます。」
「猫田組長、なかなか頼もしいですな。」
「一期生は藤井の様に頼もしい奴と自分を変えたいという連中です、ぬるい事をしていたら叱り飛ばしてやって下さい。
それをパワハラだと言う事は一期生に許していません。
後、藤井が少し触れましたが、猫田組傘下に情報処理を専門とする藤沢組と資金調達専門の松尾組が誕生しました、次は高川組長のチューリップ組に期待をしているのですが如何でしょうか?」
「はは、まいったな…。」
「なあ、私達で化け猫組を結成して猫田組傘下に入らないか?」
「悪くはないが組長は誰にする?」
「敢えて選挙で決めるとか。」
「一番悪人面をしている人で良いだろ。」
「あっ、私に注目するなよ。」
「大丈夫だ、外見だけで判断しているから。」
「全然大丈夫じゃない。」
「高川さん、組長と言っても名前だけですよ、ただ、小夜…、猫田組長の隣に座ってて下さったら面白い絵になるかなと。」
「高川さんの伝説は知ってますよ、その体格と風貌を利用して今の地位が有ると、勿論実力有っての事でしょうが、その自然に滲み出る威圧感は絶対プラスに働いて来たと思います。」
「それで、チューリップ組組長を勧められていたのか、まあ、化け猫組なら引き受けましょう。
えっと、組長命令は絶対ですよね、猫田組長。」
「当たり前です、そうですね…、加藤には色々命令していまして、加藤、ここで歌えるな。」
「は、はい!」
「では伴奏するから、気持ちで負けて下を向いたら分かっているな。」
「はい、組長、組長に恥を掻かせない様しっかり歌わせて頂きます!」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-15 [化け猫亭-14]

「加藤の歌は如何でしたか?」
「なかなか上手いじゃないか。」
「ああ、良かったよ」
「加藤は性格的な問題が有りまして、組長命令で歌わせています。」
「加藤くんは、歌に関してどう考えているの?」
「歌いたい気持ちと恥ずかしさが入り混じっています…、自信がなくて…。」
「成程、場数を踏ませるべきだな。」
「高川組長、化け猫組でも後押ししましょう。」
「はは、そう来たか、猫田組長、加藤くんをうちで預かるという事も有りなのですか?」
「構いません、経理的に猫田組は傘下も含めて統一して行きます、傘下の組と言っても企業で言う所の部や課に過ぎませんので、化け猫組の皆さんは基本的に名前だけで貢献して頂ければと考えていますが。」
「では、猫田組長に何か有ったら全力で支えさせて頂くという事で宜しいでしょうか。」
「有難う御座います。」
「義兄弟の杯とか交わすのか?」
「ああ、どうせやるのなら、一つのイベントとしてやらないか、猫田組を世に知らしめる意味でも。
優良企業の関係者がその傘下にいるのだと示すべきだろう。」
「ホテルの大広間を確保してテレビ局も呼ぶか。」
「大きいイベントを通して、若いスタッフ達の研修にもなりますね、猫田組長如何です。」
「お任せします。」
「皆さん、猫田組の中で化け猫組のポジションを明確にしておきたいと思いませんか?」
「メインでは加奈お嬢さまを支えて行きたい、資金面は松尾組に任せておきたいかな。」
「しばらく様子を見て、我々が何をすべきか考えてみましょう、まずは猫田組披露イベントを担当ですね、猫田組長、若い衆をお貸し願えますか?」
「はい、藤井、本間、化け猫組の担当者が決まったら連絡を取り合って調整なさい、若頭に報告出来るか?」
「はい、若頭にイベントの概要を説明させて頂き、研修生の中から何名、誰を出すか相談します。
自分か本間が担当になっても宜しいですか?」
「そうだな、これから色々なイベントを企画していく事になると思う、この企画はチーフ藤井、サブ本間で行こう、組織作りの研修は済んでいるか?」
「はい、研修期間中の組織を仮では有りますが完成させました。」
「ならば複数の担当をこなせるな?」
「大丈夫です、すでに実動部隊のリーダーを頭に描いています、後は企画の規模に応じて人数を調整し運営組織を作ります。
本間をサブにして下さったので、彼に教えて貰いながら、指示をし報告を受けます。」
「よし、化け猫組の皆さんからも色々学ぶのだぞ。」
「はい、組長。」
「それでは、皆さんから質問が有れば受けます。」
「藤井くんは高校中退なの?」
「はい、学校に馴染めなくて。」
「それでも集団のリーダーなんだね。」
「学校は変に平等な所と変なカーストが有ります、そこに教師がいて、集団として楽しい場所では有りませんでした。
でも、猫田組は実力が有れば上に立てます、上下関係が明確ですから不器用な仲間を支える事も出来ます。」
「そういう視点が有るのか…、上下関係は下の者にとってもプラスになると思うのか?」
「はい、勿論上に立つ者の力量によりますが、猫田組長は大きな心で自分達を見守って下さいます、自分もリーダーとして組長に恥じぬ働きをしたいです。」
「そうか、普通の会社組織ではなく、やくざ組織の体だからこそそれが自然に出来るのかな。」
「研修生のほとんどが年上ですが、研修スタート時に年齢関係なく横一線からのスタートだと聞かされました。」
「君なら進学を考えても良かったんじゃないのか?」
「はい、通信教育を受け、大学入試を考えていましたが、猫田組の構想を聞き、猫田組長や加奈お嬢さまの理想を考えた時、それは回り道でしか無いと思えました。
必要な知識は自分で学べば良いです、組の研修で足りないと感じた事は自分で調べています。」
「しっかりしてるな、猫田組長、彼は平の組員から昇格とかしてるの?」
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-16 [化け猫亭-14]

「はい、少しですが昇給もしています。
研修生達の励みになりますし、上の立場になると責任も重くなるとの理解に繋がっています。」
「やくざの世界の事は良く分からないのだが、どんな名称?」
「組長、若頭以外はやくざから離すつもりで検討中です、今の所は、部長、課長、係長で…。
藤井と本間には、取りあえず係長見習いになって貰いました。
会社組織とも違う名称にしたいのですが、誰の目にも上下関係が分かりつつ一般の組織とは違う事も示したいのです。」
「確かに難しいな。」
「研修生は兎も角、前科者達はどうなの?」
「それぞれの力量によって平から部長まで分けました、今は係長見習い補佐が提案されています。」
「それはそれで面白くは有るが複雑になりそうだね。」
「一級組員とか組員初段とかどう、五級組員は係長に相当するとか。」
「一級組員をかなり高い存在と思わせておいての有段者か…、大きな功績を上げたら…、そうだ、大きな功績でなくとも、災害支援を提案した男、藤井五級組員とか。」
「いや、藤井くんから見習いが取れたら藤井組五級組長で良いんじゃないのか、小さくても組長を目指せ、猫田組への貢献度等でその序列を決めたら良い。」
「猫田組長如何です?」
「その方向で考えて貰います、給料ランクとは別にしますが、それで化け猫組の組員はどうします?」
「十級からスタートして有段者を目指すか…。」
「別の組員とは違う独自の昇級昇段規定をこれから考えて行こう、高川組長宜しいですね。」
「ああ、まずは若頭を決めて…、うちのパシリとして鍛えたい研修生は加藤くん以外にはいないのかな。」
「研修生の情報は見て頂けましたか?」
「面接風景映像は楽しく見させて貰ったが、あれだけではな。」
「本間、しばらくここへ通いなさい、代金は私が持つが飲み過ぎる事なく、化け猫組を理解するのです。」
「分かりました、ここのお客様方には義理が有ると心得ております、きっちり化け猫組で学ばせて頂き、何か有れば義理をお返し出来るようにしておきます。」
「高川組長、本間はうちの大学の卒業生です、宜しくお願いします。」
「猫田組長の先輩でしたか…。」
「自分は就職してから数か月で退職した半端者です、パシリと思って何でも命じて下さい。
藤井は十七になったばかりですので、夜の店は私の方が適任なのです。」
「本間、店内でいちゃつくのは禁止だが、真面目な恋愛は自由だからな。」
「は、はい…。」
「はは、女の子達の瞳が何時もより輝いているな。」
「本間くんも色々有った様だね。」
「はい、就職してからの人間関係に疲れてしまいまして。」
「色々な話が聞けそうだ、私達もおごるから毎日来てくれて構わない、猫田組長、ここでの時間は彼にとって労働時間に含まれるのかな。」
「本間、好きにして良いぞ。」
「労働時間な訳ないです、ただ自分も学習の為の時間を確保したいので適度にお願いします。」
「そうだな私達も君がこの店で過ごす時間をより有益なものにしたい、早めに来て、酔っ払いが増えたら帰れば良いさ。」
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-17 [化け猫亭-14]

「高川組長、化け猫組は組長や若頭も含めて十級組員からスタートと聞きましたが。」
「ああ、残念ながら組長と言っても特別な権限はないんだ、給与ランクも最低というか会費を払うクラブ活動みたいになったよ。
猫田組のネタで盛り上がるのが活動、雑事は本間くん達に丸投げだから、その費用を会費でね。」
「まずはそういう形での支援ですか。
本間さんはかなり優秀だそうですが…、二十三歳の本間さんと十七歳の藤井くん、小夜さんは藤井くんを上の立場にしていました、彼はどう思っているでしょう?」
「それは本間くんの考えでも有るんだ、これからの拡大を考えた時、公募で集まった組員のトップが十七ならインパクトが大きい、でもちゃんと年長者として本間くんがいる、バランスを考えているんだ。
藤井くんは年長者を立てる、本間くんはサブとしてリーダーを立ててるよ。」
「二人を中心に組織化が進んでいるのでしょうか?」
「いや、他にもリーダー研修を受けている人は何人もいて、そのメンバーで別の動きもしているそうだ。
私が思っていたより優秀な人が多いみたいだよ。
藤沢組に配属が決まった子は中学から引きこもっていたのだが、凄い勢いで学習しているそうだ。」
「始めは百人って多いと感じましたが、活動の広がりを考えると足りなくなりそうですね。」
「教育体制が整ったら随時募集していく事になるだろう、猫田組傘下の組を各地で立ち上げて行きたいしな。」
「化け猫組の傘下に入れる組は出て来ますか?」
「まだ検討中、加藤くん達二人をパシリとして預かっているが、歌と雑用で化け猫亭からお金を受け取っているレベルだからな。」
「化け猫亭から給料という形ですか?」
「いや、化け猫亭から猫田組に支払って、彼らは猫田組から給料を受け取るという形、所謂派遣労働だが、加藤の場合自分の給料分をぎりぎり稼いでいるかどうかでね、それでは組に貢献してないも同然だろ。
せめて自分の給料の倍ぐらいは稼げる様にならないとね、それでも最低ラインなのだが。」
「見ていて危なっかしいですものね、まだ大人の常識が理解出来ていないみたいで、でも歌は初めて聴いた時より良くなって来ていると思います、選曲の意図は分かりませんが。」
「今は歌唱指導をしながら色々な歌を歌わせて探っている段階なんだ、そこから彼が自分に合った歌を見つけてくれたらね。」
「もう一人の佐藤くんは雑用専門なのですか?」
「いや、彼には店舗運営を教えているんだ、いずれは店長、更に多くの店を統括する様な組の組長を目指せと話している、マスターや桜さんもそのつもりで接しているよ、本間くんの推薦なんだ。」
「そうでしたか。」
「猫田組で買収した会社には十人の組員を送り込んで、先輩社員と共に土木作業を始めただろ、そこでもリーダー格は若手、体力だけが取り柄の出所者を達をまとめているそうだよ。」
「社名は猫田組になるのですか?」
「株式会社猫田組の一部門になるからね、吸収合併の形になるんだ。」
「元からの社員も組員になるのですか?」
「社員でも組員でも同じさ、先行き不安だった会社が吸収合併された事で喜んでいるそうだよ。
株式会社猫田組の資本金は大きいからね。」
「大株主が松尾さんですから安心でしょうね、猫田組長もテレビで見ているでしょうし。」
「組員達は皆安心して研修や実務に励んでいる、特に本間くん達リーダー研修を受けてる連中は凄い勢いで知識を吸収しつつ、成果を上げ始めているんだ。」
「そうですか…、本間さんとは顔を合わせる事は有ってもお話をする機会がないのです…。」
「穂香ちゃんのタイプなのか?」
「そんなんじゃないです~!」
「顔が赤くなったが…。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-18 [化け猫亭-14]

「あっ、本間さん、もう帰られたのかと思っていました。」
「化け猫組情報を仲間に送っていてね、大下さんは、上がりなの?」
「はい…、もし宜しかったら猫田組の事を教えて頂けませんか、今までお話出来る機会があまり有りませんでしたので。」
「気になる事でも?」
「えっと…、本間さんは農業実習を済ませたのですか?」
「ああ、済ませたと言うより継続中だけどね、結構楽しいよ、大下さんも経験してみる?」
「う~ん、実際の所、嫌がる研修生はいませんでしたか?」
「自分達は何でもやるつもりで研修生になったからね、猫田組長の為なら死ねるよ。」
「そこまで…。」
「はは、冗談だ、組長もそんな事を望んでおられない。
そうだね…、研修の早い段階に討論会が有ったのだけど、その中で農業に対してマイナスイメージを抱いてる奴は何人かいたんだ。
その時、藤井が言ったんだよ、やった事もないのに、職業に貴賤はない筈なのに、先入観に囚われていて良いのかって。
そこから自分達も加わって研修に取り組む姿勢を強化したのさ。
実際に農作業を体験してみたら、体力作業も有るけど凄く大変という訳でも無くて、今は農業を希望している研修生も少なくない、工場で働くよりうんと良いと話す奴がいるぐらいさ。
作物にもよるのだろうが機械化が進んでいるからね。
農地も区画整理を進めて作業効率を上げて行く方向なんだよ。」
「そういった討論会や集団作業の過程でリーダー候補が出て来たのですね。」
「うん、百人いても烏合の衆では組長にご迷惑をお掛けするだけだろ、一般募集ではない組員の方々とも上手く付き合って行ける体制が必要だからね。
出所者の中には体力が有っても難しい事が出来ない人がいる、そんな人を引っ張って行ける様に研修を受けているんだ。」
「そこなのですが、塀の中にいらした方々とは上手く行ってるのですか?」
「今の所は色々教えて頂いてる段階、研修の一環としてね、塀の中での生活を自分達に話してくれた後、自分は戻りたく無いから協力して欲しいと話す人もいたよ。
犯罪を企む者に狙われない術や犯罪者を見抜く力、対処方法、風俗店の実態や違法行為をしないで風俗店を経営していく事の難しさ等も、経験を踏まえて教えて下さるから興味深い話が沢山聞けた。
彼等と個人的に話す機会はまだ少ないが、猫田組長に対する感謝の気持ちは皆さんお持ちで、組長に恥を掻かせる様な奴は承知しないと言われてる。」
「場合によっては、その方々の上に立つ可能性が有るのですよね?」
「有るというか、自分達は言わば幹部候補だからね、年齢は関係ない。
実際、土木や農業の現場では班長を研修生がやってるよ。
ただ、まずは自分達が藤井の下になる事で組織を作り易く出来ないかと考えてはいる、組長もお若いので気にし過ぎかも知れないけどね。」
「公募組には優秀な人が多そうですが、出所者組はどうですか?」
「そうだね、経験値の高い人が店の展開を仕切っている。
まあ、色々な人がいるので藤井や自分達の下で働いて貰う人も出て来るだろう。
組長からは、相手が五十歳だとしても能力が低ければパシリとして使ってやれと言われていてね、藤井達と企画してるイベントが継続的に成功したら、まずは運転手かな。
藤井は免許持ってないし、自分も移動中は自分の仕事をしたいからね。
余裕が出来たら必要性の低いボディガードとか、難しい仕事の出来ない人の為に仕事を作って行くのが自分達の役目でも有るんだ。」
「その辺りが普通の会社と違うのですね。」
「ああ、普通の暴力団組織とも違うよ、上納金を納めるより半端者をしっかり保護して欲しいと言われているんだ。
自分達がしっかり見栄を張れるだけの収益を上げろとも言われているけどね。」
「本間さんと結婚したら贅沢出来るのですか?」
「それは無いかな、収入は一般企業の部長ぐらいを想定しているが、見栄を張らなくては行けないので出費が多くなる、下っ端の給料は安いから飯とか奢らないと行けないのさ。」
「でも、それだけの自信をお持ちな訳ですね。」
「すでに収入を増やしているからね、藤井達と五人で副業を、猫田組長は自分達の為に使いなさいと話して下さったが、いずれは組の資金源にと考えている。」
「どんなお仕事なのです?」
「ネット関連、ただ、猫田組を通して自分達が出会わなかったら考えもしなかった事なんだ。」
「そういう話を聞かされると迷ってしまうのですよ。
普通に大学を卒業して就職と考えていたのですが、化け猫亭での出会いや、加奈お嬢さまのサポートを通して自分に何が出来るのかと。」
「やってみたい事をやったら良いさ。
やり直しは出来るし、どうしようもなくなったらパシリとして雇ってあげるよ。」
「え~、パシリですか~。」
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-19 [化け猫亭-14]

「本間さんとしては今後の展開をどう考えてみえるのですか?」
「そうだな、化け猫亭で研修させて頂いてる間に彼女を作って…。」
「いえいえ、そういう個人的な展開ではなく。」
「はは、猫田組披露パーティーまでに藤井を組長、自分が若頭という組を立ち上げるよ。
幹部三人との五人がメインだが、イベントを手伝って貰ってる連中と、副業を本業にする為の準備にも組員を預からせて貰う。
まずは五十人ぐらいでスタートして、そのまま猫田組本部から細かい作業を引き継いで行くんだ。
猫田組長の周りはスリムにしとかないとだめだろ、組長は社長業と兼務しながら司法試験を目指されているし普通に大学を卒業して頂きたいんだ。」
「それって、猫田組の中心的な…、え~っと下部組織になるという事ですか?」
「ああ、藤沢組、松尾組、化け猫組と同列に扱って貰う、勿論当分の間研修は続くのだけどね。」
「建設業や農業、風俗店などはどうなるのです?」
「建設関係の会社はうちと同格、他はもう少し組織を固めてからの判断と決まったよ。」
「風俗店は暴力団から目を付けられたりしていませんか?」
「まだ目立った動きはない、だが、こちらから暴力団弱体化をこっそり仕掛ける、ばれたら刺されるかもな。」
「そんな危険な事をして行くのですか?」
「ばれなきゃ良いし警察とは良好な関係を築いているよ。」
「心配です。」
「まずは情報収集、暴力団の収入源を探っているんだ。
その情報を元に収入源をじわじわ圧迫して行く、警察には出来ない手段を使ってね。」
「どんな?」
「それは秘密、違法では無いが、相手がそれを知ったらアンフェアだと感じるレベル、違法行為をして来た連中相手だから心は痛まないのだが、その結果、組員の一部が組を抜けて猫田組で面倒を見るというパターンも想定していてね、出来れば知られたく無い訳、あっ、君には話し過ぎてしまった、ちょっと口封じの必要が生じてしまったのかな。」
「だ、大丈夫です、誰にも話しません…。」
「そうか、その言葉を信じるが、もし暴力団の資金源に関する情報を耳にしたら、誰かに話す前に俺に話して欲しい、組内でも限られた人しか知らない事だから、化け猫組の人で有っても軽はずみに話さないでくれな。」
「わ、分かりました…、そんな情報に接する機会はないと思いますが…。」
「まあそうだろうが、我々が元暴力団員を受け入れて行くという事はリスクを伴う、気を付けてくれな。」
「はい、父も少し心配して帰りは一緒に帰っています、近いのですけどね。」
「それが良い、大下さんの家までは防犯カメラというより監視カメラを設置して有って、藤沢組でシステムの向上テストをしているけどね。
家までは見られていると自覚して、いきなり服を脱いで全裸、とかならないでくれよ。」
「な、なりせんよ~、でもこの辺りより風俗店の周りでテストした方が良いのでは有りませんか?」
「勿論向こうでもやってる、でもこのエリアは空き巣対策等をテストする意味合いも有るのさ。」
「それも猫田組の活動なのですか?」
「ああ、藤沢組では防犯システムを売り出す事を念頭に開発を進めているんだ。」
「藤沢常務としての表の部署ではなく、あえて藤沢組なのですか?」
「少しグレーな部分が有ってね。」
「えっ、これ以上は聞かないでおきます…、藤沢組は災害復旧支援関連でもシステムを構築していますよね、それだけの作業には優秀な組員がかなり必要だと思うのですが。」
「藤沢組では普通に社員を募集しているって知らなかった?」
「知りませんでした…、あっ、松尾組が猫田組の安定した資金源になる様にと立ち上げた会社のサポートもしてましたね。」
「待遇の悪い会社から人材は流れて来ているのですよ、俺たち半端者だけでなくね。」
「本間さんは自虐的に半端者と話されますが、全然半端者とは思えません。」
「はは、照れ隠しですよ。」
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大下穂香-20 [化け猫亭-14]

「高川組長、防犯カメラと監視カメラは違うのですか。」
「防犯に興味が有るのかい?」
「は、はい、少し…、藤沢組でも何か進んでいるのですよね。」
「話しても良いが…、軽はずみに人に話す様なら口封じの対象になる、その覚悟は有るのか?」
「え~、そんな怖い話なのですか?」
「ああ、聞いたら後戻り出来ない。」
「そ、それでも…、好奇心には勝てません…。」
「君は長生き出来そうにないね、藤沢組で開発中のシステムは個人のプライバシー保護を考えたら少しグレーなんだ、法的な問題も有る。」
「そんなのを藤沢組で?」
「あれっ、知ってたみたいな反応だね、もっと驚くと思ってた。」
「い、いえ、防犯の為の監視行為とプライバシー保護は今までも問題になって来たではないですか。」
「まあな、猫田組長は防犯の為の監視システムは必要だと考えていらしてね、化け猫組が全面協力なんだ。」
「大丈夫なのですか?」
「このエリアで構築中なのは空き巣対策や薬物関連、一部の店舗では万引き対策もね。
防犯カメラはその場の記録映像を残すだけだが、藤沢組の監視カメラは、映像から過去のデータと照合し要注意人物を見つけ出すだけでなく、挙動の不自然さから過去のデータに無くても犯罪に及ぶ可能性や万引き、薬物中毒の可能性を判断していてね。
コンピューターが解析した結果は監視担当者に送られ、その判断によっては店に対して注意喚起を行ったり警察への通報も有る。
穂香ちゃんも、家に帰り就く前の道端で服を脱いだりしてると挙動不審として監視対象になるよ、それが法に反する行為というのも有るが保護の必要性が有るからね。」
「そ、そんな事しません。」
「飲み過ぎてとか無いの?」
「有りません!」
「なら良いが。」
「でも、どうして服を脱ぐ話になるのですか?」
「監視テストを始めた頃に泥酔してやらかした子を見つけてね。
化け猫亭に近かったから、すぐ連絡が入ってスタッフが保護したんだ。
正気に戻った本人はどうして服を脱いで直ぐ保護されたか全く分かって無いままにして有る。
彼女は失恋のショックだったそうでケアをしているのだよ。」
「あっ、プライバシーの保護と個人のケア…、あまり公に出来ない側面が有るのですね。」
「実はここからが本題でね、最近、化け猫亭周辺で不自然な動きをしている人物が何人か確認されていてな、一人ずつ所属を照会しているんだ。」
「どんな人達なのです?」
「週刊誌関係や暴力団関係と分かって来てる。
君はテレビにも映っていたからか、後を付ける輩がいてね。
一応ストーカー行為を行ったとして、君の父上が防犯カメラ映像を添えて警察に相談したんだ。」
「あっ、先日父に見せられた写真の人物ですか…、全く知らないと答えておきましたが事情を教えて貰ってなくて、その後どうなったのです?」
「簡単には罪に問えないが、多少自粛するだろう、また尾行する様なら監視カメラに引っ掛かり易い様にそいつの監視レベルを上げて有る、その時はすぐにストーカーとして猫田組が確保し警察に通報。
芸能人でもない女の子の後を付けたという実績が有るからね、もっとも、奴はすでに化け猫亭の担当から外されているかも知れないが。」
「そうなると代わりが来るのですか?」
「かもな、でも、化け猫亭を見張ってる様な奴等には小さな不幸が降りかかる事になっていてね、暴力団関係者と週刊誌関係の張り込み担当が揉めたら楽しいだろ。」
「何か企んでいるみたいですね。」
「仕掛けを用意して、今度猫田組長と加奈さんが来る日に試す事になってる。
CAT'S TAILで相談している奴がいてね、CAT'S TAILには一般客の会話は完全にスルーだが、監視システムで引っかかった奴らの会話は自動で盗聴するシステムが導入されているとも知らずに色々話してくれ、奴等のメインターゲットが猫田組長と加奈お嬢さまだと分かっているんだ。」
「盗聴とは…、かなりグレーなのですね。」
「相手は盗撮目的と確定出来てるのだよ、週刊誌ネタを狙ってる奴らと、猫田組に対する今後の方針を見定めたいと見張ってるチンピラが仲良くなられては迷惑だから、早めに手を打つ事になったのさ。」
「でも、どうやって?」
「それは知らない方が良いそうで私達も知らないんだ、ただ、警察には相談して有りタイミングを合わせて巡回に来て頂く話が通っているらしい。」
「何が起こるか見てみたいですが、その日は多分出勤日で見学出来ません。」
「そういう子だけに教えているんだ、他の子には絶対秘密にしておいて欲しいし、念の為、遅刻する様なら欠勤してくれな、店の中は安全だから。」
「お客様方は大丈夫なのですか?」
「連絡済だよ、当日は化け猫組で貸切になっているしね。」
「なんか怖いような楽しみな様な…。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
化け猫亭-14 ブログトップ