So-net無料ブログ作成

パリ-09 [シトワイヤン-25]

オーストリアからドイツと回る旅はイタリアでの出来事を各国の関係者が参考にしてより円滑になった。
それは舞姫さまの力がこちらに来てから強まったことにもよる。
とてつもなく多くの人の注目を集めた事により、不思議な女の子はその存在を神の領域に。
そう、そこにいるだけで、少し離れていても舞姫さまのパワーを感じられる。
もう宗教関係者に気を使うことは無意味だ、宗教家が何時間も語った所で、舞姫さまの暖かい癒しのパワーを感じた人には届かないだろう。

「舞姫さまは?」
「お風呂よ。」
「それにしても、日々オーラが強まっていないか?」
「そうね、私達は神がその力を開放していく過程に立ち会っているのかしら。
スタッフによれば、ホテルから数キロ離れた所でも舞姫さまの祝福を感じられるそうよ。
巡礼の人は整然とホテルを目指し、舞姫さまの祝福を体で感じると満足して帰って行く、病弱な人は若干時間が長いけど、居座る人はいないみたい。
イタリアの時よりパワーが強まっているし、情報がしっかり届いているみたいね。
あっ、智里、何か?」
「皆さん、断念していた観光ですが、ここまでの状況から当局者が手配して下さるそうです。
舞姫さまに街を見て頂きたいと。」
「集まって来る人達が落ち着いているから、大丈夫だと判断したのだな。
気楽にとは行かないだろうが舞姫さまの気分転換になると良いね。」
「そうですね、疲れてないとは話しておられますが、舞姫さまにとっては楽しい旅なのか微妙になってしまいました。
私達はどうすれば良いのでしょう。」
「清香さん達だけでも観光へどうぞと話してたのを、気を使って一緒にいて下さる、それで充分ですよ。
万里は万里なりに、多くの人からのパワーをコントロール出来るか、試しているみたいです。
自分が何となく人間離れした存在であることは理解していたのだけど、集団のパワーによる自分の変化に少し戸惑ったそうです。
でも、今は医学に興味を持ち、医学関係の講師を探して欲しいと話していました。」
「分かった、取り合えず医学関連の質問に答えられる人を探させよう、直ぐに見つかると思うよ。」

舞姫さまに興味を抱かない医者は少ないと考え、スタッフに指示を出した結果、近くの病院が直ぐに勤務医を派遣してくれた。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー