So-net無料ブログ作成

進路-05 [シトワイヤン-23]

「市長筆頭補佐の肩書は伊達じゃないのね。」
「まあ、高校三年間の実績が有るからね、相談を持ち掛けた企業も社長とかと面識が有るから話が早くて、数社から採用関連や研修関連の担当社員が集まって話を進めてくれてるのよ。」
「そういうのって、費用負担とかはどんな感じになるものなの?」
「始め本間市長と相談してた時は、市からの助成金みたいな形を検討してたの。
多くの企業の為と考えていたし、税収も安定してるからね。
そんな話を初会合で出したのだけど、二回目の会議で彼らが交渉してきたのよ。」
「交渉か…、只者では無いのね。」
「ほんとにそうでね、業績の良い企業ばかりだから、人材確保に関係するプログラムに対して市の助成は必要ない、でも真面目に頑張るので、万里の舞や歌を社員が見られる機会を作って欲しい、会場費他、万里のギャラも含めて全て負担するからとね。
万里には関係のない事業だから微妙な話でしょ。」
「そうか、万里ちゃんは特別な時しか人前で舞わないから、将を射んとする者は…、智里は馬ってことなのね、それで、万里ちゃんは?」
「条件を出したの、企業見学をさせてくれたらって。」
「そ、それって、相手にとっては嬉し過ぎることでしょ?」
「万里としては自分の好奇心を満たしてくれそうだと考えたみたいでね、互いの利益が一致したので、色々動いたのよ。」
「そういう時って智里が動くの?」
「まあ、動くというより少し指示を出したって感じかな。」
「誰に指示を?」
「今回は話がすぐに膨らんだからね。
会社見学の映像を企業PRに使いたいとか、どさくさに紛れてCM出演のオファーとかが有ったから、そっち系のチームに。
企業サイドは舞い上がってしまって、スケジュール調整に苦労したみたい。」
「気持ちは分かるな、万里ちゃん、もう企業見学には行ったの?」
「ええ、三件済んだわ、見学の当日は中学まで社長か重役が高級車で迎えに来たそうでね、因みに午後の授業は職場体験という扱いにして貰ったとか。」
「映像は私も見られる?」
「今、編集中、舞姫情報を待ちわびている世界中の人達に見て頂ける様に進めてるわ。
映像の方は私も見てないのだけどね、少し面白い話が有ってね。」
「うん、うん。」
「聞きたい?」
「勿論!」
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー