So-net無料ブログ作成

来日-10 [シトワイヤン-22]

舞姫騎士団に当初はとまどいも有った万里だが、少しずつ慣れ、彼女なりのルール、甘えて良い事といけない事などを決め、騎士団に指示を出す様になった。
私達は騎士団の結成と共に、これまで必要に応じで設立して来た幾つかの会社を統廃合し整理。
株式会社舞姫騎士団を立ち上げ、騎士団関連の費用はそこから支出する形に。
清香とキャッシーは資産の多さから貴族と位置付ける。
清香は清香村の領主として、キャッシーは新しい町の領主として、設定上は、姫から領地を預かり領民の為に経済活動を行っていくとしてある。
その過程で万里の資産管理会社を立ち上げたところ、彼女が株式運用をしていることが判明した、資産として持っている株式とは別でだ。

「騎士団に色々調べさせているのは株式運用の為だったのかな?」
「はい、遊び半分で始めましたがもう少し真面目に取り組もうかと。」
「投資額を増やしたとか?」
「増やしたというか増えたという感じです。
今まで増えた資金はそのまま次の投資に回して来ましたので。」
「へ~、どれぐらい増えたの?」
「五百万で始めて、一億を超えました。」
「五百万を一億にしたってこと?」
「そういうことになります。」
「簡単に?」
「上がりそうな銘柄を買い適当な所で売る、を繰り返しただけですから簡単と言えば簡単です。
でも、騎士団に手伝って貰うまでは自分で調べていましたので、それなりに時間を掛けています。」
「予想を外したりとか無かったの?」
「有りますよ、少し上がると思って多めに買ったら沢山上がったとか、怪しいからすぐに売りました。」
「で、その後、下がったとか?」
「下がりますよ、そんなに上がる筈が無いというぐらい上がりましたので。」
「そんな調子なのか…、今後も稼げそうだね。」
「どうでしょう、一応運用益で何人か養えるぐらいに稼いで行きたいとは思っています。」
「家来の給料はDVDの売り上げとかで充分賄って行けるから心配しなくて良いんだよ。」
「沢山稼いで沢山使う、私には使い道がそんなに有りませんので、自力で充分稼げない人の存在を意識していましす。
DVDやCDが売れれば今後も継続的にお金が入って来るそうなので、どこにお金を使って行くか検討中です。」
「君が三時間ぐらい舞ったのを編集して出したDVDやCDの売り上げが凄いからな。
アメリカで売れるということはそこから世界へ広がる、桁が違うということを実感させて貰ったよ。
税金を沢山納めても、どう使って行くか検討するに値する収入になると思うが、自分の為にも使ってくれな。」
「はい、取り敢えず清香村の別荘を巨大化し迷宮化することと、キャッシーが建設する町に、私の小さなお城を観光名所になるようなデザインで町の真ん中に建てる様に指示を出しました。」
「あっ、清香がセキュリティ強化と話してたのはその関係も有るのかな、見物客が増えてるのだろ。」
「地下駐車場から、間違えると怖い思いをする枝分かれした道、それが何本も有る秘密の通路を作ってとか、担当は遊び心を膨らませていましたね。
苗川に仕事を増やし、働く人が増えたら良いと考えてのことなのですが。」
「まずは二か所の拠点に雇用の場を創設ということかな。」
「はい、ささやかですが。」
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー