So-net無料ブログ作成

万里-01 [シトワイヤン-19]

「愛華さん、このカスタードパイ、とっても美味しいです、で、今日の下心は何ですか?」
「そうね、万里ちゃんとは、下心なしでもっと一緒におしゃべりしたいのだけど学校が有って、忙しいでしょ?」
「美味しいおやつが有れば暇だと思いますよ。」
「ホントに?」
「最近は個別の取材依頼を幾つかまとめて受けたりして、忙しくならない様にして貰っています。」
「担当マネージャーに問題は無いのかな?」
「はい、鹿丘小学校への視察や見学も、調整すべきだと先生方に話して下さって効率が良くなりました。」
「一学期のデータを見たら、視察の入る日が多過ぎだったのよ、いくら実験的授業を行っているとは言えね。
でも、清香に嵌められ、天から舞い降りた舞姫になってしまって、舞の撮影とかは大変じゃなかった?」
「撮影は時間が掛かることなく済みましたけど、私は嵌められたのですか?」
「元々、清香が村の守り神なのよ、特に経済面でだけど。
でも、お祭りで守り神なんて話になったら、彼女の場合何をして良いか分からなくてね。
そこで、一計を案じて万里ちゃんに。
そんな事情だから、欲しい物を清香におねだりして良いのよ。」
「おねだりと言われても…。」
「清香村になら家の一軒ぐらい大丈夫だと思うわ。」
「愛華さんは真面目に話しているのですか?」
「ええ、苗川への万里ちゃんの貢献度は、そのまま市民政党若葉にも。
そうね、外観は舞姫の住む家ということで重厚に、でも中に入ると最新家電に囲まれた住み心地抜群のお部屋ってどう?
もちろん学校への送り迎えは村人任せになるでしょうね。」
「それって村のシンボル的な建物ということですか?」
「あっ、そうよね、村にシンボルが有った方が良いわ、うん、万里ちゃんの家を清香村に建てよう。」
「シンボルなら他の建物でも…。」
「万里ちゃんの家が良いのよ、私達の家の近くにね。
別荘だと思って実家と使い分ければ良いわ。
賽銭箱を置いとけばおこずかいには困らないと思う、税金関係はスタッフに任せておけば大丈夫よ。」
「はあ、賽銭箱の有る別荘って不思議な感じですが…。」
「迷える市民達の心の拠り所になるかもね。」
「拠り所か…、人は平等だと言いながら、リーダーだったり王様を有難がったりしますね。」
「実はそんなに平等だと思ってないのよ、個人の能力差も有るし、力の有る人が企業運営をしていなかったら、すぐ倒産してしまうでしょ。
ねえ、人がそれぞれの能力を活かして成り立つ社会は、リーダーの質によって左右されると思わない?」
「そうですね、社会をリードする人達が企業の利益ばかりを追求し過ぎた結果が少子化ですから、バランスのとれた社会を目指して、真に社会の利益を考えるリーダーの育成は急務ですね。」
「ふふ、だから、大人達の意識改革を狙う発言を意識的にしているのでしょ、万里ちゃんは。」
「本間さんは純真な子どもが正論を説くことの影響は大きいと話して下さいました。
私が間違ったことを話しても、すぐ誰かが修正してくれるから、遠慮しないで積極的に話す様に言われています。」
「万里ちゃんが、純真な子ども?」
「純真ですよ、少なくとも愛華さんよりは。」
「ふふ、私だって大人の世界に汚されない様に気を付けているわよ。」
「周りが愛華さんの圧に負けてますものね。」
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー