So-net無料ブログ作成

お祭り-01 [シトワイヤン-17]

私は鈴木智里、県立高校の一年生。
色々有って、高校生ながら市長の手伝いをしている。
もうすぐ夏休み、神社のお祭りと苗川市民祭の準備期間中。

「智里、お祭りの準備は大丈夫なの、今年は規模が大きくなるのでしょ、私達手伝わなくて良いの?」
「大丈夫よ、大きくなったのは運営スタッフをやりたい人や団体が増えたからなの、梨花は自分達のステージを頑張ってくれたらそれで良いのよ。」
「大人に交じっての実行委員、智里なら大丈夫なんだろうけど、立ち上げたばかりの苗川高校生部会も有るでしょ、そっちは市外からの参加も多いと聞いたけど。」
「私の知らない参加者は、市内でバイトしてる先輩方が中心なのよ。
苗川大改造のことは私の妹レベルぐらいに理解しての参加だから心配いらないわ。
組織編成は先輩方が自主的にしてくれてるの。」
「万里ちゃんレベルぐらいなら大丈夫なのね、テレビ見たわよ、ネットのノーカット版も、相変わらず可愛いのにしっかりしてて。」
「ふふ、私の宝物ですからね、今年のお祭り、雑用は任せて万里と一緒に回るの。」
「相変わらずシスコンなのね、万里ちゃん達、去年は出番が多かったけど、今年は?」
「小学生スタッフは五年生中心にと指示を出しておいたわ。」
「それって、万里ちゃんと一緒に回りたいからだとしたら職権乱用ね。」
「違うわよ、六年生スタッフは普段から色々頑張ってるの、祭りの準備とかも、だからお祭りの本番ぐらいはね、五年生に経験を積ませなきゃいけないし。」
「まあ、そういうことにしといてあげるわ、万里ちゃんなら歩くだけでお祭りが盛り上がりそうだしね。」
「そうなのよ、万里の可愛さに大人達はメロメロメロンパンなんだから。」
「知ってる、母さんとテレビ見てたのだけど、母さんも夢中、おかげで万里ちゃんのことに詳しくなったわ。」
「ほほ~、ならば最近の写真をばお見せしようじゃないか。」
「見たい見たい!」
「時をかける双子コーデ、えっとね…、まず私の六年生の頃の写真。」
「おお~、流石にまだ純真そうだわ~。」
「で、こっちが同じ服を着て同じ場所で写した万里。」
「おお…、可愛い~! 姉妹でも少し違うのね。」
「妹の方が美人系でしょ、身長は私より低いのだけど。」
「ふふ、智里は男の子と喧嘩するぐらいだったけど、万里ちゃんはお母さんみたいに優しいと聞いたわ。」
「そうなの、本当に良い子に育って、可愛くて癒されるし、難しい話でもちゃんと話し相手になってくれて、私の天使なんだから。」
「はは、智里は万里ちゃんが小っちゃい頃から何時も連れまわしていたよね。」
「だって、お姉ちゃんなんだもん。
あっ、そろそろ行かねば、今日は本間市長のお宅で食事しながら情報交換なのよ。」
「食べ過ぎに気をつけてね、高校生代表。」
「うん。」
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー