So-net無料ブログ作成

脱東京-06 [シトワイヤン-11]

「番組からの経済効果は他でも出始めてるわ、でも、苗川のイメージアップみたいなのは、じわじわと結果が出て来るものよね。」
「ああ、本間市長は市内の景観アップを目指して、廃屋の撤去、古くても趣の有る建物は補修して残す、飲食店中心に外装の見直しなどを提案されたが、長い目で見て大切な事だと思う。」
「看板については賛否が分かれている様ですが、美しい風景を壊す様な看板はどうなのでしょう、本当に宣伝効果が有るのか疑問に思う物も有ります。」
「効果に疑問が有っても宣伝広告費として処理し易いとか。
景観としては、海外で街並みの綺麗な所は電柱が無いのよね、電力会社だけの問題とは思えないけど、日本は何処へ行っても電柱が立ち並んでいて残念な気持ちになるわ。」
「電線の地中化はコスト面に問題が有るのだろう、始めから、電線を地中に通す事を前提にしていれば、高コストだとしても当たり前の経費でそれほど気にならなかったのだろうが。
本間市長でさえ、電線の地中化には触れてないから、かなりの差が有るのかもな。」
「でも、ログハウス村は景観重視だから電柱は不要、清香が進める別荘村も当然地中線化よね?」
「安っぽい電柱はいりません、インフラ整備は普段全く意識していませんでしたが、村の再開発を考え始めて改めて大変なことだと思っています。」
「富裕層向け別荘村なら、非常時の自家発電とかも考えているのだろ?」
「そうですね、顧客に不自由な思いはさせられないです。」
「いっそ発電所も作っちゃえば?
木質バイオマス発電とか、別荘地内外の森林を整備する過程で木に由来する屑が出て来るのでしょ。」
「コストパフォーマンスはどうなんだ?」
「少し目にしただけで詳しく調べた訳ではないのよ、でも国際情勢の変化で原油価格が高騰した時でも安心でしょ。」
「そうですね、調べて貰います、売電事業として成立するのなら土地の有効活用にもなります。」
「非常時に別荘の電力を確保するという目的からは外れそうだな。」
「小規模水力発電を併用したらどうかしら?」
「はは、電力会社になりそうだな、原子力発電所も作る?」
「エネルギー政策は難しいのよね、確実に負の遺産になる原発に手を出した結果が…。
それでも、原油や天然ガスを輸入に頼ってる現状と、今までの投資を考えたら簡単には手放せません、というのが結論みたいね。」
「福島の事故を調べて驚いたのは、頭の良い人達が津波を軽視してた事、地震が起きて当たり前の日本なのに、原発を海岸から離すと効率が悪いと考えたのでしょう、安全と効率のバランスを考えられない人が起こした人災です。」
「おかげで過疎化が進んでるのよね。」
「愛華も原発反対なんだな。」
「当然でしょ、色々な形で子孫に負の遺産を残す事になるもの、清香が電力会社を立ち上げるのなら応援するわ。」
「そうだな、老朽化した火力発電所を動かして穴埋めをしてるとも聞く、ビジネスとして成り立つので有れば…、初期投資にどれだけ掛かるのか想像出来ないが。」
「調べて貰わないと分かりませんが、苗川に本社を置いて社員を募集するのなら経済効果も見込めます、株式を引き受けて下さる方が少なくても、銀行から百億ぐらいは借りられます。」
「問題は従業員の確保か?」
「確保した土地は市の中心部から凄く遠いという訳でも有りません、社宅や社員寮を充実させれば、そうですね、苗川を住みたくなる町に出来れば大丈夫です。」
「別荘地を維持する人と発電所関係で働く人の村を作るということになるのか…、そうなると学校の問題が出て来ないか?」
「本間市長と相談ですね。」

ドライブ中、話題に困ることはない、清香は発電についての調査を指示するだろう。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー