So-net無料ブログ作成

はじまり-07 [シトワイヤン-01]

四人での真面目な話は愛華がまとめて記録を残している、後日見直して再討論という事も。
一時間の話を数行にまとめる彼女の才能は敬服に値する。
始めはぎこちなかった俺達の学習会は、週に三回程度、それとは関係なく昼食を共にすることも有り、四人だけのサークル活動として続いている。
そんな学習会の終了後、清香から…。
「皆さん、よろしかったら今度の休みにでも私の自宅に来て頂けませんか。」
「俺は予定ないから喜んで。」
「和馬が行くのなら私も行くわ。」
「他の予定をキャンセルしてでも訪問させて頂くよ。」

という事で俺達は清香の家に来ている。
「庭が広くて良いわね、うちはマンションだからさ、和馬はマンション暮らしなの?」
「うちは一戸建てだよ、そう言えば愛華は高いとこに住んでるって言ってたよね、地震が起きたら大きく揺れそうだし、停電したら階段の上り下りが大変じゃないか?」
「そういう事が起きないと過信してそうだな。」
「う~ん、否定できないし…、エレベーターという密室が少し怖くも有るのよね、全く知らない人と二人きりなることが有って。」
「人を見下したい人は、それなりの代償を背負う訳だ、で、和馬んちの庭は広いの?」
「それが、庭というより畑でね、夏場なら採れたてのトマトとかご馳走出来るよ。」
「田舎という訳でもないのでしょ?」
「ああ、大学まで二十分ぐらい、康太のワンルームよりは不便かな。」
「いや~、実家暮らしは、とても便利だと気付かされてるよ。」
「でしょうね、それで清香、今日のテーマは?」
「父を紹介したいのですが、よろしくて?」
「それは嬉しいね、清香のお父様なら色々勉強させて貰えそうだ。」
「おい、和馬は緊張しないのか?」
「緊張してるさ、でも、始めて愛華と清香に会った時と比べたらね。」
「それって真面目に話してるの?」
「勿論さ、男子校から進学して、いきなり二人の美女とお近づきになれてだな、あの時ほど緊張したことは今までなかったよ。」
「和馬は緊張しないで話せそうだから友達になれると思ったのよ。」
「愛華さん、それってある意味問題外って事ですか?」
「ふふ。」
「あっ、ごまかした。」
「それより清香の親父さんってどんな人?」
「会えば分ります、父を呼んで来ますね。」
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。