So-net無料ブログ作成

黒猫組-18 [化け猫亭-21]

「でも、まずは選挙に勝たないと始まらないよな。」
「はい、その為に全国の黒猫組を拡大させて行きます、売名行為として行っている被災地支援もパワーアップさせながら。」
「はは、売名行為と明言してるから却ってやり易いのかな。
で、具体的には?」
「被災地及び被災地を含む自治体から積極的に農産物や水産物を買い上げて『猫桜』を始めとする関連商店で商品として販売したり、食材として購入して貰っています、利益が流通の中間で極力抜かれないシステムを構築したら、生産者の収入を増やせました。」
「店は高値で買い取ってるのか?」
「その辺りは各店舗の判断です、『猫桜』には被災地を応援するコーナーが有りますが被災地を応援するという付加価値を考え、近くのスーパーより若干高くても買に来るというお客様が少なくないと聞いています。」
「お金に余裕の有る人が『猫桜』のメインターゲットだから不自然では無いね。
被災地に対する支援はそれだけではないのだろ?」
「ええ、被災地だけでは有りませんが、新たな産業にチャレンジする様、指示を出しています。
経営コンサルタントの助言の下に、人にとって魅力的な職場を作れるかどうかが鍵です。
各地で黒猫組白猫組への参加希望者が増えていますのでその受け入れ先となれば成功ですね。」
「規模拡大の資金源はどうなの?」
「今は金利が低いので、黒猫組は積極的に借入れて、投資し成功しています、幾つかの会社は起業時の借入金を前倒しで返済し終わっています、今は黒猫組に融資したいという銀行が多いのですよ。」
「資金は有るから新たな挑戦か、何か案は出てる?」
「耕作放棄地などを大規模屋内農場にする案が出ています、技術はかなり確立されていますので、需要や利益率を見ながら試して行きます。」
「屋内だと初期費用は掛かるだろうがイノシシとかの被害に遭わずに済むだろうね。」
「はい、案の中にはロの字型に屋内農場を建設し中の耕作地を守る案も出ていまして、猿も侵入出来ない形を考えています。
お肉関係も豚コレラなど難しい問題が有りますが、取り組んでみたいですね。」
「良いものが生産出来れば、猫桜会傘下で消費か。」
「ええ、猫桜会による消費者の囲い込みが進めば安定すると思います。
まあ、猫桜会の更なる拡大無くして桜花党の勝利は無いのですが。」
「ああ、ぽっと出の政党だからな、支持団体の力なくしては無理だ。
それで、桜花党の事、黒猫組内ではどうなの?」
「頭の悪い連中は組で決まった事に従うだけです、そうでない連中はネット上の学習会に参加したりしていますが、貧困層を減らすという方向性に反対する人は黒猫組に必要ないです。」
「全国展開が進み人数が増えると、さすがに一枚岩とは行かなくなりそうだね。」
「中央集権的な部分と各部署の独自性、そのバランスをとっていますが、猫田組直属の経営コンサルタントが目を光らせています。
楽して売り上げを伸ばせない部署は自主性を保てなくなるというルールで指導をしてるのですよ。」
「大きな失敗をしにくい体制なのかな。」
「黒猫組組員としての教育を受けて管理職になった連中は特に熱心ですので問題は無いのですが、まあ、保険みたいなものです。」
「教育の成果が出てるという事か。」
「黒猫組組員の多くは挫折を経験しています、苦しんだ人もいますが『社会を素敵に変える一員になろう』という黒猫組スローガンを受け止めてくれています。
社会を変える前に、彼ら自身が変わりつつ有るのですよ。」
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。