So-net無料ブログ作成

黒猫組-15 [化け猫亭-21]

「中村さん、なんかドキドキしませんか?」
「ええ、藤井党首が初めて化け猫亭に来た時は小夜さんの新米部下として、それが今や黒猫組のトップ、桜花党の党首となって、でもまだ二十歳ですよね。」
「組織の力が大きいとは言え、テレビに出ても堂々としていたよな。」
「皆さん、藤井党首がお見えになられましたよ。」

「藤井党首、良く来て下さいました。」
「お招き下さり有難う御座います、この場では藤井と呼んで下さい、初めて化け猫亭に来た時よりは成長したと思っていますが、まだまだ若造ですので。」
「ようやく二十歳になって、でも奥さんの出産とかで大変だったかな、気分はどう?」
「二十歳になったからと言って酒を飲みたいという訳では有りませんし、喫煙に至っては二十歳から吸い始めようと思う人の気がしれません、喫煙者の多くは中高生時代から吸っているのでしょうね。
自分の場合、今までも多くの人を預かる立場でしたし、二十歳という事にあまり感慨は有りません、子を授かった事で気を引き締め直してはいますが。
それよりも桜花党ですね。」
「もう少し時間を掛けるべきなのかも知れないが、バーチャルの桜花党をリアルにという声が高まっている、下手に先延ばしする事はマイナスになるというのが我々の考えなんだ。」
「ですね、バーチャル国会が公職選挙法に触れない様に気を配りながら、衆参両院の議員候補選出を進めると同時に議員秘書候補の募集を始め、そのトレーニングを考える様に指示を出しました。」
「あっ、議員秘書は結構重要だな、今まででも国会議員として、してはならない事が分かってないという例が結構有ったよね。」
「将来的に似た様な不祥事が起こらないとは言い切れませんが、スタート時点では絶対避けたいです、大目に雇って教育し、場合によっては地方議会という選択肢も考えています。」
「かなりの人数になると思うが資金面は大丈夫なのか?」
「バーチャル国会サイトの広告収入が大きいですし、今の猫桜会は言わば信者を増やしている最中ですので、猫桜ブランドからの利益も大きいです、デザイナー連中が頑張ってくれてますからね。」
「この前の番組見たよ、猫桜ブランドで固めてもバリエーションが色々、そんな部屋を『猫桜』マニア達が紹介していた、同じブランドで固めても個性を発揮出来るのだとか。」
「あの番組後、各店の売り上げが更に上がりました、当初限定千台で売り出した商品のニューバージョンは限定一万台でも確実に売り切れるレベルに、党としてもオリジナルグッズを限定販売し党の運営費に充てる方向で進めています。
後は黒猫組関連企業から寄付の形で。
まだ何人ぐらい候補を立てられるかの計算はまだ出来ていませんが、現時点で候補に上がってる数名は当選まで見通しています。」
「参議院だと改選議席は百二十一名、さすがに比例までの完全勝利は無理として、百名ぐらいは立候補させたくないか。」
「しかし供託金だけで三億を軽く越えるぞ。」
「そこは、議員候補選出に関して予備選挙を検討させている中で何とか出来ると考えています。」
「予備選挙?」
「はい、リアル桜花党から立候補したいという人を募集し選挙区比例区に分けて選挙で選びます。
リアル党員からリアル推薦人を十名以上集める事を立候補の条件にしますが推薦人の多さが予備選挙での人物判断基準にもなると考えています。
また、選挙はバーチャル党員もリアル党員も投票出来ますが、党員の少ない選挙区で一位当選したとしても、投票したリアル党員分の党費と寄付が供託金に届かなければ立候補出来ないというシステムにします。
逆に党員の多い選挙区なら、二位で落選しても供託金の額に届いた人は次回衆議院議員候補や党運営に係わって頂く事を考えています。
寄付金は候補者を指名しての寄付ですが入金先は党、党への寄付という形になります。」
「予備選挙はネット投票だから費用があまり掛からない、黒猫組の費用負担は少なくて済むという事だね。」
「はい、この形で供託金ぐらい稼げない人では当選出来ません。」
「確かにそうだな、その結果として全選挙区に、そして比例にもそれなりの人数を立てたいものだね。」
nice!(14)  コメント(0) 

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。