So-net無料ブログ作成

子猫組-21 [化け猫亭-19]

「松田さん、お久しぶりです、猫桜学園の最新情報を教えて下さい。」
「はは、せっかちですね、化け猫組にはいち早く情報を流す様、指示して有りますよ。」
「私も松田さんの顔を見ると猫桜総合学園の事が気になって…、もう、しっかり紐付されてしまいましたから仕方ないです。」
「皆さん、私は大した事をしてる訳では無いのですよ、え~っと、最新情報としては職業訓練校の一期生が全員就職したという事ですね。」
「現場実習先から他の職種を推薦されてた子もですか?」
「ええ、現場の人達は適材適所となるかどうか、結構大勢で今も見守ってるそうですよ。」
「それって業務外?」
「かも知れないですが若者を見守って行くのは大人の役割でも有りますし、有能な子と触れ合うのは喜びでも有る、受け入れた現場からの情報は送り出した側にとって楽しみだそうで、それだけ魅力的な子なのでしょうね。」
「やはり身の上話とかが関係しているのかな。」
「有るかも知れません、多くの大人達が幸せになって欲しいと願っているそうです。
でも、私達が目を向けなければならないのは、そこそこ不幸な子ども時代を過ごし、さほど有能でも無く上手く立ち回れない子達、職業訓練校の二期生や三期生には時間の掛かりそうな子が何人もいます。」
「ですよね、有能な子は自力でも何とか出来るが、ドロップアウト候補もいるのでしょ。」
「時間を掛けるしかないです、訓練校スタッフによる研修、現場実習、指導を繰り返す事になりますが、成長が見込めず評価の低い訓練生は現場を変えています、そんな中には、農業実習が気に入ったという子もいるのですよ。」
「そのまま、農業を続けられそうですか?」
「まだ分かりません、彼には選択肢を幾つか用意していますので。」
「幾つかと言いますと?」
「ニュータウン周辺には色々な職場が有りますので、スタッフと相談しながら体験しています。
例えば、土日は飲食店、平日の三日は農業でも構わないのです、理想は自分で収穫した作物を自分の働く飲食店で提供する形ですね。」
「受け入れ側は理解者ばかりなのですか?」
「そこは訓練校のスタッフがフォローしています、実習先の人達に能力の低い人達の就職を考えて頂く機会にしようと。」
「必要な事ですよね、自分達も以前は優秀な人材にばかり目が行ってましたが、適材適所で有れば必ずしも高い能力を必要としません。
我が子が能力的に問題が有るとしたら、そんな子でも受け入れてくれる会社には感謝しかないです。
社内の程よい競争には勝てなくても生きては行けますからね。
そして、子猫組の子等は私達の子どもです。」
「今の猫桜会傘下はどこも驚くほど右肩上がりで、給与水準は高く福利厚生も猫桜会全体で包括的に行っていて充実、結局人を大切にする企業は健全に成長出来るという事ではないでしょうか。」
「松田さん、単なる能力より真面目さが必要では有ませんか?」
「はい、子猫組には真面目な子が多いです、猫桜会との係わりが短い子には不真面目な子もいるようですが、拾われて生活が激変し落ち着いた子達は、女神さまに守られているからと口にします。
大谷組長から聞いた話では、多くの子が加奈お嬢さまの写真を大切にし、女神さまに救って頂いたのだから真面目に生きなくてはと考えてるそうです。
布教活動は子猫組幹部が中心に始めたそうですが、その活動に関係なく、猫田組には女神さま崇拝者が多数存在している様です。」
「うちでも額に入れて飾って有る、特に意識していなかったが…、家族五人、信者なのかもな。」
「私も、何時でも見られるようにして有ります、猫桜会の一員として、化け猫組の一員として間違えない様にと。」
「女神である加奈お嬢さまが猫桜会のトップにいらっしゃる事が、我々の強みなのでしょうか。」
「そんな気がするよな、目に見える救いを実践して下さってるだけでなく、猫桜会の成長は神ががってとしか言い様がないだろ。」
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。