So-net無料ブログ作成

猫又組-01 [化け猫亭-16]

「藤沢組長、お久しぶりですね。」
「あっ、どうもご無沙汰していまして。」
「猫又組は忙しいのかな?」
「まあ、そうですね、やりたい事が多くて引きこもりがちです。」
「部下には任せられないの?」
「勿論任せていますが、監視システムなどは自分でも改良したいと考えていまして。」
「化け猫亭を中心とした監視エリアを広げているのだったね。」
「はい、監視カメラは当初考えていた程の密度でなくとも、それなりに有効だと分かりましたので一気に広げました。
当初は点を繋いだ面でと考えていたのですが、場所によっては一つの点でもかなり有効だと実証されています。」
「数を増やす予算は大丈夫なのか?」
「そうですね、費用は嵩みますが、これまでの成果を考えたら躊躇出来ません。」
「どんな成果?」
「ムショ暮らしをしていた連中は、要監視対象者として登録して有ります。
今までの実績から、出所者を黒猫組でスカウトし更生させていると関係機関が認めてくれて、情報収集が楽になったのですよ。
おかげで、出所の翌日に軽犯罪を犯した奴を発見したりとかしています。」
「そのまま、ムショに送り返すのか…。」
「いえ、ケースによりますが黒猫組に動いて貰ってます、ほかっておいたら、もっと大きな犯罪を犯しかねない連中ですが、黒猫組の力で更生させる事が出来れば再犯率が下がります。」
「監視のレベルが上がってるのかな?」
「はい、もし世間に知られたら、この監視システムを受け入れがたいと思う人は少なく無いでしょう。
今は、加奈お嬢さまに見守られ救いの手を差し伸べられるシステム、だと認知して貰えるだけの実績を上げて行きたいです。」
「そうだな、安川さんの活動を含めると、受け入れた出所者は、すでに三百人を超えている、そこから再度罪を犯させない為にも必要なんだよな。」
「はい、安川さんの所で自信を付け、黒猫組でリーダーをやってる人もいますし白猫組の一員として頑張ってる人もいますが、全員が更生プログラムを正しく終了と考えては危険です。」
「そうだな、比較的軽微な犯罪者を対象にしているとはいえ、大変そうだ。」
「はい、それで我々から、黒猫組の下部組織としてはと提案をさせて頂きました。」
「う~ん、その方が安心なのかな。」
「安川さん達は、虎猫組とする方向で検討しておられます。」
「それで、彼等の負担は減るのかな?」
「どうでしょう、出所者達の親代わりは続けられるそうですので。」
「組長は?」
「黒猫組の幹部が兼任する事になりそうです。
黒猫組の幹部はなかなかの逸材揃いですからね、高い能力を持ちながら一度はドロップアウトした連中、時には大人の事情を無視して進める、真っ直ぐな藤井組長に惚れこんで盛り立てています。」
「うん、彼らが組織再編を推し進めた結果、組は増えてるそうだね。」
「はい、白猫組傘下の桜組、桜さんのサポートがメイン、チューリップ組は保育関連、桜桃組は社会福祉法人猫桜会のサポート、高校生が主体の子猫組は、その傘下に高校生を組長とし幼児までを組員に抱える組を幾つも誕生させています。
猫又組は、これらすべてを見守っているのですよ。」
「子ども達に縦社会を経験させてるのかな?」
「ええ、シングルマザーの子も児童養護施設の子も、そして少年院を経験した子も、自然に出来たグループを元にしていますが、高校生達は猫桜会の一員として自分達の役割を考えていてくれます。」
「男子寮の子達もか?」
「はい、学校が終わったら、子ども達と遊んだり勉強を見てやったり、それから一緒に夕食、男の子達とお風呂に入ってから男子寮へ帰ってる高校生が結構います。
彼らは、きちんと子ども達の事情を把握していますから、スタッフも助かっています。」
「子猫組傘下の組か…、組名はやはり可愛らしいのか?」
「熱血漢組とか、男魂組何てのが黒猫組誕生をきっかけに出来ていまして、子猫組より先なんです。」
「はは、男の子だけなのか?」
「ええ、一番の掟が女の子を守り女の子に優しくなのです、今は、うさぎ組やリス組の子達と仲良くやってます。」
「はは、微笑ましいね。」
「それだけでなく、学校でいじめられていた子を守っていましてね、組長達が中学や小学校と連絡を取ったりもしているのですよ、勿論大人達も見守っていますが、高校生達が学校に乗り込む方が子ども達も嬉しいみたいで、教師に言えない事でも組長には話せるし聞いてくれます。
いじめられてた子を彼等が調べたら、家庭にも問題が有るという事が何件か有りまして、CAT'S TAIL STAFFも絡んでフォローしています。
今は、いじめられてた子も寮やシェアハウスへ遊びに来て食事を共に取り入浴してから帰宅とか、一旦親から離し、寮で面倒を見ている子もいまして、社会福祉法人猫桜会を立ち上げて良かったと思っています。」
「そうか…、頼もしいな、藤沢組長は猫又組を通して見守っていてくれるのだね。」
「はい、猫又組として子ども達の成長に協力して行かないと、小夜に怒られます。」
「君の所はカカア殿下になりそうだな。」
「そうでも無いですよ、まあ、気紛れなとこは有りますが、彼女なりに筋を通していますので。」
「はは、猫田組組長を名乗るからには、筋を通すという事なのかな。」
「結構甘えて来るのですよ、基本、猫科の生き物ですから。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。