So-net無料ブログ作成

高松加奈-41 [化け猫亭-12]

「杉浦さん、五人の女の子達は如何ですか?」
「真面目に働いてるよ、それで、ご褒美に一つだけ我儘を聞いてあげると話したら、その願いがあまりにもささやかでね、甘えるのは下手みたいだな。
その内の一人は加奈さんの付き人になりたいと話したので、今はトレーニング中だよ。」
「トレーニングが必要なのですか?」
「勿論さ、下手をすれば加奈さんの負担を増やす事になりかねないからね。」
「能力的に問題が?」
「能力というより育って来た環境が違うだろ、基本的マナーから教える必要が有るのさ。
それと、加奈お嬢様がどれだけ努力されているのか理解して貰った上でないと付き人には出来ない。
他の子達にもそれを教えながら、自分に合った作業を探して貰うように指示して有る、研修後しばらくは派遣、合わなかったら別の仕事に、という形で構わないと話して有る。
研修を通して労働に取り組む姿勢を考えて貰ってはいるが、無理に我慢する必要は無いともね。」
「皆、就職して苦労していたのですよね。」
「状況は様々、高卒で就職した子の事例として、化け猫クラブへの報告を作成して貰ってる、社長や重役の知らない世界だからな。
それを見ながら、受け入れ態勢を強化して行くよ。」
「有難う御座います。」
「いや、ホントは君が動く前からすべき事だったんだ、それを怠って来たために社会の歪が放置されて来た。
ハンデを背負った状態で社会に放り出されて挫折、そして犯罪に手を染めると言う例も有るだろ。
大人の責任なんだよ、類として社会を形成し発展して来た人類だが、今の日本は国の将来ではなく、自己の利益しか考えていない、そして貧富の差が、まあ、私もその差を生み出した一員だがね。
でも、私達は、加奈お嬢さまをシンボルにこの地から変えて行きたいと考えているんだよ、少しずつ確実に。」
「私はシンボルなのですか?」
「女神さまだからな、その一点だけ頑張り、後のことを私たちに任せるのが君の役目さ。
真面目な話、全スポンサー企業及び君の僕達はそれを望んでいる、優美で清楚なお嬢さまのままで居て欲しいのだよ、勿論恋愛は自由だ。
社長という道を選んだ君にとって、少し背負うものの質が変わったぐらいに考えてくれないかな。」
「はい、それが社会の役に立てる道なら、私は受け入れるしか有りません。」
「私が見ただけでも寮の中は君の写真だらけ、各自の部屋にも飾って有るそうだ、スポンサー企業の社内も君のポスターがあちこちに張られているそうだよ、勿論我が社でもね。
それは、君が外見だけの人じゃないと皆が知ってるから、君の姿を見て自分達が何をすべきか考えているのではないかな。
その、加奈お嬢さまは、新年度から大学三年生だけど我々が気を付けるべきことは無いのかな?」
「特には無いです、新入生達が私を見つけてどういう反応をするか確認出来るまではガードを強化させて下さいと言われていますが…。」
「それは正解だな、まあ、おかしな奴が入学出来る大学ではないが…、いや、精神を病んでる様な例が実際に有った、そういう申し出は素直に受けて欲しい、君に何か有ってからでは遅い、通学はどうしてる?」
「昨年の冬頃から、学生スタッフが交代で送り迎えなどをしてくれています、お断りしきれなくて…。」
「彼らにとってはお金を払ってでもしたい事だろうから、気にしなくて良いと思うよ。」
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。