So-net無料ブログ作成

高松加奈-11 [化け猫亭-09]

「加奈さん、小夜ちゃんからシングルマザーの家政婦さんを三人雇ったと聞いたがホントなのか?」
「はい、今は色々試している段階ですが、三人とも前職がきつかったそうで楽しそうに働いたり学んだりしています。」
「子ども達はどうしてるの?」
「家政婦の他、祖父や祖母、母、妹、運転手とか家にいる大人達が適度に相手をしています。」
「子どもの相手は大変だろ?」
「今は良い刺激になっているみたいです、子ども達を観察するのが楽しいそうで、祖父は車椅子生活という事も有り外出の機会が少ないですので。
五歳の女の子は何となく自分達の立場を理解していまして、大人達に気に入って貰える様に頑張っていますよ、彼女にとっては弟や妹が出来た事も嬉しいみたいです。
母親は、今まで自分に余裕が無くて子どもにつらい思いをさせていたのかもしれないと話していました。」
「そうか…、何となく君達の活動は良い事だと思っていたが、荒んだ環境で育つ子どもを減らせるのだね。」
「はい、そして、回数や時間を調整すれば老人にも良い刺激となるのです。
その辺りの加減は高校生の妹が中心になって考えてくれてます。」
「妹さんもか…、家庭環境の良さが君を素敵な女性に育てたのだね。」
「有難う御座います。」
「でも、君の会社がどうやって収益を上げるのかが、まだ見えてないのだけど。」
「今の所は人材派遣がメインになりそうです。
シングルマザー達のスキルアップを応援し生活をサポートしながら派遣します。」
「それだけでは…、経費が掛かるから利益率は低くならないか?」
「焦らずじっくり進めて行きますが、派遣先の情報で守秘義務の範囲外なら気付いた事を報告して貰い、改善すべき点が多ければ小夜が動く事も視野に入れています。
もしブラック企業、且つ小夜に依頼しない様な企業だったら、彼女がどう仕掛けるのか楽しみですね、倒産に追い込んだりして。」
「そんな事も考えてるのか…。」
「飲食店なら、もっと売れそうな店を立ち上げて、ブラック企業の従業員を引き抜くとか、さすがにブラック企業は減っていると思いますので小夜が楽しめるかどうかは不明です。」
「ああ、ブラック企業と言われていても、本当にブラックな部署は一部かもしれないし、景気にも左右されるかな。」
「坂田さんは、最低賃金ってどう思います?」
「う~ん、うちとは無関係だからな…。」
「パートやバイトとは無縁なのです?」
「繁忙期にバイトを雇う事は有るが、最低賃金レベルで働く様な人は逆にお断りだよ、自分に自信が無くてモチベーションも低いと思わないか?
うちはまともな給料を払う代わり、それに見合った仕事の質を求めるという方針なんだ。」
「そういうものですか…、どうも金銭感覚が分からないのです、最近、祖父に買って頂いた物を見て、五百時間ぐらいバイトしないと買えないと言われまして。」
「まあ、気にするなよ、お爺さんがお金を使う事で経済は回るだろ。」
「はい、ですが動き始めてみて自分が如何に恵まれた生活を送って来たのか…。」
「君はすでに大きな仕事をしてるんだよ、君が起業を考えなかったら高松家で眠ってたお金、それが動き始めたんだ、おそらくお父さんもお爺さんも分かってみえると思う。
何となく寄付をしても、それがどれだけ有効に使われているのかは分からない、でも加奈さんが真面目に社会的弱者の支援を考えているのだから、喜んで資金を出せるのじゃないかな。
君は社長令嬢として社会貢献を考えれば良いのさ、そのシンボルとして活躍してくれるのなら私も応援するよ。」
「有難う御座います、でも坂田さんにメリットは有るのですか?」
「三人の母親と五人の子ども達の生活が改善されただけでも嬉しいよ、そうだな、君が我が社のテレビCMに出てくれるってどうかな?」
「私は素人ですよ。」
「なに、素人レベルのアイドルでもテレビに出てる時代だから大丈夫、有名人が出てるCMで売るのではなく誰も知らない知的美女の登場というのもインパクトが有ると思っていてね。
君が承諾してくれたら話を進めたいのだがどうかな?」
「お返事は、少し相談してからで構いませんか?」
「ああ、勿論さ。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。