So-net無料ブログ作成

水野鈴江-02 [化け猫亭-07]

「少し前に生まれた従妹の子に障害が有ったんだ。
小学生になったらいじめの対象になり兼ねない様なのがね。」
「それは辛いな…。」
「やはり自分の子は五体満足で生まれて欲しいが、その子の良き友人になれる子に育てねばと思っている。」
「平岩、うちの子も、その友達の輪に加われる様に頑張るよ、な。」
「ええ、当たり前でしょ。」
「有難う、従妹にも伝えるよ。」
「あっ、水野さん泣いてるの。」
「私の弟にも障害が有りまして。」
「そうか、御免ね、こんな話をしてしまって。」
「いえ、弟の周りの人達も同じ様に考えていたのだと改めて、弟も親族の愛情に支えられて生きているのだと思います。」
「そうか…、でも、そういう人ばかりでは無いと聞いた事が有る、君は良い環境で育って来たのかな。
どう、弟さんに障害が有ると言う事は君の人生に影響を与えた?」
「そうですね、小さい頃から子どもながらに色々考えました。
家の手伝いをする、親の負担になる事はしない、学習には真面目に取り組む、弟がいたから今の大学に合格出来たのかも知れません。」
「なるほど、桜さんが認める素敵な女性だという事がよく分かったよ。」
「まだまだです。」
「水野さん、学部は?」
「教育学部です、学校教育ではなく発達関係のコースですが。」
「私の後輩か、マスターは覚えてたのね、化け猫亭の事や進路の事で何か有ったら相談に乗るわよ、連絡先交換する?」
「是非、お願いします。」
「桜さんも知ってたのかな。」
「彼女なら有り得るわね、この前CAT'S TAILで会った時に時間に余裕が有るかどうか聞いて来たから。
多分水野さんの事を考えていたのだと思うわ。
後輩の面倒を見るのが私の趣味だって知ってるし。」
「桜さんはそこまで私の事を…。」
「なに、君だけじゃないさ、彼女の頭の中にはCAT'S TAILスタッフの情報がしっかり入ってると思うよ、化け猫亭の客達のもね。」
「こうして四人で話してるのは桜さんによって仕組まれた事かも知れない、でも、水野さんと出会えて嬉しいよ。」
「化け猫の魔力で人が引き寄せられ出会うのよね。」
「えっ、化け猫亭の由来はそういう事なのですか?」
「それが、分かんないの、マスターは絶対教えてくれないから、私達で後付けって感じなのよ。
どう、本当の所を聞き出せたら、貴女には勇者の称号を授けるけど。」
「私には無理そうです…。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。