So-net無料ブログ作成

神沢祐樹-159 [高校生会議2-24]

「絵美、女子会はどうだった?」
「とても楽しかったです、沢井さんと柳井さんはすっかり意気投合と言う感じでしたし、片山さんや天野さんの評価は女子の間でも高かったですよ。」
「事前にリーダー候補と考えてた人達だもんな。」
「はい、すぐれたバランス感覚をお持ちの方々です、ただ…。」
「どうした?」
「祐樹さまのお子をという話でも盛り上がってしまいまして。」
「女子会ってそういうものなのか…。」
「適当に結婚して、子どもが出来たら離婚という例が幾つも有るそうで、ならば始めから祐樹さまのお子を産みシングルで育てるのも有りだと沢井さんが話されまして、そこから色々と…。」
「はは、素敵な方々だからその内、良い結婚相手を見つけて下さると信じよう…。
それで、杉山姉妹は?」」
「姉妹のトークを台本に沿って五分ぐらい、レギュラー番組のコーナーとして、というのを提案させて頂きました。
没になるかも知れないとは伝えて有ります。
LENTOはともかく、他の柿川フレンズは十代にはまだ大きくアピール出来そうに無いです、彼女達に柿川フレンズのイベントを手伝って頂けたら大きな力になると思います。」
「そうだな、ねえ、杉山姉妹だけでなく、他の人達もチームVivaceとして表に出て頂くのはどうだろう、柿川フレンズがもっと盛り上がらないかな。」
「それは、柳井さんや沢井さんも考えておられました、効率良く稼ぐ方法としてですが。
チームVivaceのストーリーを作って…、気合いを入れてアイドル活動をする気は無いそうですが、柿川フレンズの層を厚くしていこうと。」
「それなら…、お昼のワイドショーや情報番組のコメンテーターはどうかな、質が低いと教えられてこの前確認しただろ、あのポジションにチームVivaceのメンバーを送り込むって面白くないか?」
「そうですね、チームVivaceが知的集団だと世間に認識して頂けたら充分需要が、いえ、狭い視野で話されていたコメンテーターとは入れ替えて頂くべきですよね、知名度の無さがハンディですが柳井さんに提案してみます、その反応を見てテレビ局サイドと話を進める様指示させて頂きます。」
「うん、同じ話をだらだらではなく、そこから片山さん達が話題を広げて行けば、主婦層にも受けそうじゃないか、すぐにファンが増える、チームとして調整すれば個人の負担は抑える事が出来るね。」
「調整して祐樹さまも…、私達もチームVivaceの一員という事で良いですよね?」
「そうだね、現場に応じて肩書を変えて行くのも有りかな。」
「でも、LENTOの二人は何時も一緒ですよ。」
「はは、もちろんさ。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。