So-net無料ブログ作成

神沢祐樹-96 [高校生会議2-18]

「祐樹くん、番組撮影、高校ではバスケ部からなのね。」
「ああ、公式戦で俺がベンチ入りする事になったから、絵的に面白いと言われてね、でもすぐに合唱部や軽音楽部とかの撮影も始まると思うよ、継続的に記録して行きたいそうなんだ。
そうだな、千恵がどんどん素敵な美しい大人の女性になって行く姿を見られたら、視聴者の方も楽しいと思うだろ。」
「も~、そんな台詞は女心を微妙に惑わせるから駄目よ、嬉しいけど。」
「そんなに褒めてないよ、千恵は小学生の頃から知ってる、当然高校生になって可愛いから綺麗になってきてる、でも君はまだまだ成長の途中でしょ…。」
「だ・か・ら~、真顔で可愛いとか綺麗とか言われると、女の子は祐樹くんの事をもっと好きになってしまうのよ、でも絵美がいるでしょ。」
「む、難しいんだな…。」
「愛人にでもしてくれるのなら構わないけど、ほんとに自覚がないだけ罪な人なんだから。」
「御免…。」
「分かればよろしい、ところで継続的な撮影をして行くとなると大変じゃないの、その…、制作スタッフとかは。」
「ああ、だからスケジュールの組み立ての為にも、うちの社員を何人かスタッフに加えて貰った。
さらに、効率良く撮影する為、各部のコーチ達にも協力を要請して有るんだ。」
「色々な部活を取り上げるって事?」
「うん、高校の部活紹介って感じになるかも、中学生の参考になれば良いし、科学的トレーニングを全国の学校でも取り入れて欲しいからな。」
「全国?」
「ああ、キー局の人が絡んで全国放送になるかも知れないんだ。」
「ここまでの放送はやっぱり好評だったのね。」
「うん、でもこれから高校生社長というインパクトは薄れて行くだろうし、高校生カップルという事で確実にアンチは増えるだろうから微妙だよ。」
「長くは続かないかもって事なの?」
「スタートが子ども向けの歌だろ、そこに高校生活や昭和の歌と、ターゲットを絞ってないからね、続けて見て貰えるかどうか微妙だと思わないか?」
「逆に言えば、マンネリという言葉にはしばらく縁が無いって事でしょ、祐樹くんをテレビで見られるのなら大丈夫よ、もし視聴率が上がらない様なら、ゲストを呼べば良いわ。」
「ゲストか…、そっちに予算を使われると柿川フレンズがね。」
「まだあまり登場してないけど、柿川フレンズのメンバーは全国放送になっても大丈夫なの?」
「セミプロとして可もなく不可もなくという感じかな。
彼等には元々沢山稼いで貰おうとは考えていないんだ、ある意味ダブルワークという事で、安定した生活を送って貰いながら柿川の活性化に協力して貰う。
成功したら、そんなスタイルを他の小規模地方都市にも広げたいんだよ。」
「あくまでも地方の活性化なのね。」
「ああ、トップアーテイストを目指してる人とは一線を画して、ローカルでの活躍でも生活には全然困っていないというスタンス、それを柿川スタイルとして出してみて、世間の反応を見てみたい、もちろん柿川フレンズの中から大きく活躍してくれる人が現れたら嬉しいけどね。」
「ふふ、LENTOは行けそうじゃないの、CDの予約はかなり来てるのでしょ。」
「まあね、踊り付きにしたお陰でDVDも良いペースで予約が来てるよ、テレビで度々流して貰った効果がしっかり現れている。」
「大ヒットになると良いわね。」
「大ヒットは分からないけど、現時点の予約数から考えて、CDはどんどん出そうと思っているんだ。
制作にお金を掛け過ぎなければ、ある程度の売り上げ枚数で利益が出る、メジャーだと小回りが利かないけどインディーズだからね。」
「でもあんまり出されるとファンが困らないかしら、その…、経済的に。」
「予備調査から、カバー曲集は行けそうなんだ、メインターゲットを中高年に置くから購買力に問題はない、しかも編曲だけで済むから新曲を作るより簡単なんだ。
伴奏は柿川フレンズのメンバー、ジャケットには経済的に問題の有る子の絵を積極的に使って行こうと考えている。」
「あっ、安上がりなだけでなく…、そうね曲を聴きたければジャケットの絵はそれほど重要でもないのかな。」
「なぜその絵なのかを上手く伝える事が出来れば、とても意味の有る絵になると思わないか。」
「そうね、それで沢山売れれば絵を描いた子も潤うって事なのね。」
「ああ、ただ、親に問題が有るケースが多いみたいだから金銭管理方法を検討して貰っている。
そっちの方がCDを制作するより大変かも知れない。」
「それって…、CDを作るのは簡単って事?」
「うん、千恵も作るか?
売れるかどうかは分からないが、CDの自主制作も請け負うからね。」
「あっ、柿川なら需要が…。」
「有るだろ、合唱団の記念CDとかが簡単に作れるシステムなんだ、五周年記念CDを出すのに苦労してた合唱団が有ったけど、うちに任せれば、それより安く簡単に作れるよ。」
「もう、スタートしてるの?」
「これから柿川フレンズのCDをサンプルに宣伝を始める、趣味で音楽やってる人を対象にね。
出来上がったCDを聴かせて貰って、柿川フレンズにお誘いさせて頂く事も視野に入れているんだ。」
「市民コーラス全員を柿川フレンズにって事は?」
「それは…、ギャラの総額が高過ぎて赤字の連続になるから無理だな、CDの自主制作は喜んで請け負うけど、柿川フレンズはアマチュアではないんだよ。」
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。