So-net無料ブログ作成

神沢祐樹-26 [高校生会議2-11]

「佐伯さんはシステム研修、どうだった?」
「基礎は問題無くクリア出来たわ、でも合唱部の組織構築って大変そうね。」
「そうなんだけど、先輩方はその難しさが望ましい事だと考えているんだ、その方がシステムを使いこなすトレーニングになるだろ。」
「そっか、それでトレーニングに向けて各ワークシートの担当者があらかじめ決められていたのかな。
Aクラスの各パート、Bクラスの各パートだけでなく曲ごとのワークシート、曲ごとで参加者が違うから複雑になってしまうのだけど。」
「だから合唱部からなんだよ、他の部はもっとシンプルで済むだろうからな。」
「合唱部は人数が多いものね、でも運動部ではどんな使い方を想定してるのかしら?」
「スケジュールや体調管理、各自の記録とか、それぞれ考えてるのさ。」
「祐樹くんは詳しいのね。」
「高校生会議への申し込み時に遥香システムを学びたいとアピールしておいたからね。
その関係だと思うけど、少しずつ情報は貰っているんだ。」
「そっか、私は普通に申し込んだけど…。」
「今度の新入生向けイベントは参加するの?」
「ええ。」
「じゃあ一緒に行動してくれないかな。」
「良いけど。」
「絵美のサポートを頼まれているのだけど、付きっきりには成れそうになくなってきてね。
昼食はイタリアンで良いだろ。」
「三人で?」
「同席したい人がいたら呼んでくれて構わないよ、そうだな…、三人までなら大丈夫だ。」
「う~ん、そうね…、白川さん、将来二人が結婚する事になったら、友人代表は私で良いかしら。」
「えっ、そっ、そこまでは、まだ妄想すらしていませんでしたが…、えっと…、お願いします。」
「おいおい、気が早過ぎるだろ。」
「友人代表になろうかという私のことは、千恵と呼んでくれるかしら。」
「はい、私のことも絵美でお願い致します。」
「俺もか…、周りの反応を君が気にしないのなら構わないのだが。」
「じゃあお願い、佐伯さんって呼ばれても友達って気がしないじゃない。
祐樹くんが友達だと思う子はみんなファーストネームで呼んであげてよ。」
「そうか、もう、勘違いからトラブルとはならないかな…、うん、頑張って友達を増やすよ。」
「私もお友達増やせるでしょうか?」
「大丈夫、私に任せて。
じゃあ、イベントの時はどこかで待ち合わせる?」
「天気予報では雨なので、母は祐樹さまをお迎えに上がってはと申しておりました。
千恵さんもご一緒に如何でしょうか?」
「それは…、祐樹くん、どうなのかな?」
「お願いしよう、絵美の友達なんだから慣れなきゃな。」
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。