So-net無料ブログ作成

板垣千景-29 [高校生会議2-07]

「千景、参議院選の勝利を受けて高校生会議の政治研究会は更に盛り上がりを見せているな。」
「誠の予想以上ね。」
「ああ、様々な社会問題に目を向けて自分達の社会を良くして行こうとの呼びかけに、これだけの人が応じてくれるとは思ってなかった、遥香システムの存在と千景の存在が大きいと思うよ。」
「遥香さまと岩崎雄太社長の存在もね。」
「これからの番組では様々な社会問題と向き合って行くと聞いたが、どの程度踏み込んでいくつもりなんだ?」
「必要が有れば法改正も視野に入れてるわ。」
「かなり本気という訳か…。」
「もちろんよ、番組を通して視聴者の方に日本を良くして行くのは自分達なのだと実感して頂けるレベルにしたいの、だから市民に見守られつつとか、市民が参加する形にしたいわ。
政治を身近に感じて頂く事が目的の一つよ。」
「すでに案は有るのか?」
「具体的な社会問題の選択はこれからだけど、まずは問題に関して番組内で討論して現状の整理。
そこから改善策を模索する過程では、高校生会議にも動いて欲しいと思っている。
改善策を番組内で評価した段階で、国や地方自治体の協力が必要なら働きかけ、法改正が必要なら、みどりの風の国会議員と共に法案作成という形かな。
でも、市民のちょっとした善意で改善を図れる可能性も有るわね。
小さな取り組みでも、自分達の国は自分達の力で良くしようという流れを作り出せたらとも考えてるの。」
「番組サイドは?」
「今、検討して頂いてる、私達の取り組みを局が追うという形なら問題は無いと思うけど、局のトップがどう判断するのか分からないわ。」
「放送局は政治的に中立でなくては行けないからな、そこさえクリア出来れば演出次第で面白く出来ると思うが。」
「担当者にはライブドキュメンタリーみたいな形も提案したのだけど。」
「どんな形?」
「実際に遥香システムを利用して社会問題に取り組んでいるメンバーの姿を追って貰いつつ、そこから改革に繋げて行くプロセスを見て頂く、岩崎高校生会議や遥香システムを世の中の人に広く知って頂く意図が有るのだけど、番組で追っていたテーマがそのまま国会で審議されたら、政治の仕組みを知って頂く良いチャンスになると思わない?」
「そうだな、政治が自分達とかけ離れた存在によって動かされていると思っている人は多いだろうが、実際に市民発の運動が政治に反映されたら…、まあ時間は掛かりそうだが、それも含めて意味は有る。
問題は視聴者の方々が見たくなる出演者と演出だが。」
「そうね…。」
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。