So-net無料ブログ作成

板垣千景-21 [高校生会議2-07]

翌週の番組…。

「え~番組内でいわゆる人事異動が有りまして、本日より板垣千景さんには席を変わって頂きました。
選挙期間中に出演を控えて頂いた反動が大き過ぎまして、板垣さんを出せ、千景さんのお話をもっと聞かせろとのお声が多数寄せられまして。」
「正直に、千景ちゃんが出ないと視聴率が下がるからとおっしゃいよ。」
「ま、ま~、大人の事情が有る訳で、分かりますよね、板垣さん。」
「ふふ、大丈夫ですよ。」
「千景ちゃんは幅広い情報を元に的確なコメントをしてくれるけど、なにか秘密は有るの?」
「秘密にはしていません、私には優秀なサポートスタッフがいます。
この番組で取り上げられそうなテーマは事前に調査し整理してくれています。」
「その情報をきちんと自分のものにして分かり易く話してくれるのが千景ちゃんの力なのね。
でも、今まで準備してなかったネタを番組サイドが取り上げるとか無かったの?」
「よく有ります。」
「いきなりで困った風に見えた事がないのだけど、そんな時はどうしてたの?」
「類似する事例が頭に有ればそこから自分の考えをまとめた上で話させて頂いてます。
もし、まともなコメントが出せない時は、正直に御免なさいとさせて頂くつもりです。」
「それが今まで無かったのね、そこがすごいわ。
でももう直ぐ高三でしょ、大学受験は大丈夫なの?」
「ええ、スーパー特別推薦でもう直ぐ決まると思います。」
「えっ、それって、早過ぎじゃない?」
「受験の為に掛ける時間を政治経済の学習に充てたり、番組に出させて頂く事に費やせます。
沢山の時間を掛けて入試と向き合うより、有意義な時間の使い方が出来る制度で、私の活動を多くの方が認めて推薦して下さいました。」
「私どもの方で確認させて頂いたところ、板垣さんに対する推薦人の人数は過去最高だそうで、合格はほぼ確定だそうです。
早い時期に合格という事で気が緩むと思われる方が見えるかも知れませんが、推薦して下さった人がいて成り立つ制度、今までこの制度で合格した人達は推薦人に恥じない活動をしているそうです。
近い内に受験制度を話題として取り上げるべく準備中ですので詳しくはその時にお伝えさせて頂きます。
そんな訳で、番組サイドとしても安心して板垣さんの活躍を後押しさせて頂けるのです。」
「そうよね、千景ちゃんみたいな子が、十代の一番輝いてる時期を受験勉強に費やすなんて無駄が多いもんね、千景ちゃん、もっとテレビのお仕事しなさいよ。」
「有難う御座います。」
「板垣さん、その為にサポートスタッフを更に充実させているとお聞きしましたが。」
「はい、以前にもお話しさせて頂きましたが、私は遥香システムを使って構築されたネットワークを通して、多くの方のサポートを受けています。
その情報整理の部分をみどりの風の議員と同じ程度に充実したものにすべく調整して頂いてます。」
「どういう事でしょうか?」
「皆さんの前に立つ私やみどりの風の議員は、ある意味集団の代表なのです。
私の考えとして話させて頂いてる多くは大勢が出した結論で有って、基本的に私の個人的な見解ではないのです。
現時点で議員一人に五百名ぐらいのボランティアスタッフが付き、その整理などをそれぞれ二十名から五十名ほどの正規スタッフが担当しています。
そちらのモニターに出ている図は私の正規スタッフが用意してくれました。
ここで皆さんに考えて頂きたいのは一個人が曖昧な記憶を元にコメントを発するのと、多くのスタッフと意見交換した上で発言する事の差です。
バラエティ番組などでは曖昧でも構いませんが、議員の発言や政治経済に関する番組では問題が有ると思いませんか。」
「そっか、みどりの風の皆さん、初当選の方が多いのに安心感が有るのはそういう事なのね。」
「それだけでは無いですよ、社長だったり社長候補だったりした方が多いのです。
岩崎では部下に慕われていないと昇進出来ません。」
「優秀な方という事?」
「ええ、これまで政治家を目指さす方に才能豊かな方が少なかったと思いませんか?」
「そうね、票を入れたくなる人や党が無かったという声を今回の選挙でも聞いたわ、だから、みどりの風に入れたともね。」
「優秀な方がメインならば、スタッフの人数は多過ぎではないの?」
「はい、これから徐々に減らして行きます、正規スタッフは参議院議員候補や地方議会、知事や市長候補を目指しているいる人が中心ですので選挙が近づく度に減って行くでしょう。
また情報の多くは全議員で共有しています、バックアップ組織はしばらく活動してから見直す事になると思います。」
「なるほど、ではここで一旦CMです。」
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。