So-net無料ブログ作成

板垣千景-10 [高校生会議2-05]

遥香システムに於ける、みどりの風柿川市市政部会のトップは市政部長室、竹本さんが市長に当選すれば市長室となる予定。
最高上位者は竹本さんだが、室長には私が就任した。
部長室の直下に総務部、選挙対策部、政策部、社会福祉部などが置かれそれぞれの下に課を設置。
課の事情により更に係を置いている部署も有る。
私がそれ程大変でないのは、各部署の長がその責務を果たしてくれているからだ。
しばらくの間はその進行をシステムを通して確認、問題を感じたらその問題を解決してくれそうな人にお願いするのが私の基本的な仕事だった。
今は選挙へ向けての動きを確認している。
この組織の特徴は、参加して下さっている方々に二つの役割をお願いしているという事。
一つはその人が担当している作業、もう一つは他の部署の観察。
他の部署の観察は遥香システムがなかったら難しい。
他部署のワークシート進行を観察するだけなら一回五分でも構わないので各自の負担は少ない。
観察していて気付いた事が有れば市政部長室に報告して貰っている。
第三者の目というのは冷静で見落としに気付く事が多い。
また他の部署を見る事で自身の作業にプラスになったとの声も聞かれる。
市のシステムとして本格的に機能し始めるのは選挙後になる訳だが…。

「千景、短期間でよくここまで出来たものだな。」
「竹本さん、基本的には選挙に向けて準備して来た事をシステムに組み込んだだけですから、この作業で選挙戦の最終チェックが出来ました。」
「うん、ならば心強い、千景、先ほど連絡が有って、みどりの風が国政政党として本格的に動く事が確定したよ、公式発表前だから他言無用なのだが、私達の市長選公示日の前日に国会議員の方々がみどりの風への入党を発表する事が確定だ、無所属だったり他党からの移籍でね。」
「いよいよ国政政党の立ち上げなのですね。」
「ああ、暫定的に遥香さまを党首として世間の注目を集める戦略だ、次回の衆議院選挙までに党首は交代だがな。」
「うわっ、本当ですか! ワクワクしますね。」
「市長選への影響はどう思う?」
「当選して当たり前だと思ってましたが、ここは投票率得票率を上げて国政政党を援護したいです、発表は何時頃になります? うちのスタッフへも内緒ですか?」
「そうだな…、非公式に選挙スタッフへ伝えて良いか確認してみよう。」
「早く漏れると問題が有るのは他党からの鞍替え議員ですか?」
「まあ誰が移るのかは私も聞かされていないから…。」
「マスコミ関係が問題かも知れませんが、いずれ分かる事、微妙に漏れて注目されるという手も有りますね。」
「そうだな…、国政政党準備室のワークシートへ私が許可する形でアクセス権を設定しよう、チーム遥香の桜さんが暫定担当、千景の事はすでに伝えてあるから一度意見交換をしておいてくれるか。」
「分かりました。」
「ついでに色々見ておくと良い、もし考え方にずれが有ったら早めに調整しておきたいしな。」
「はい、学習させて頂きます。」

桜さんとの調整で、国政政党立ち上げの話が市長選前に有りそうだとの噂を流す事にした。
それに向けて市長選では楽勝だからと手を抜くのではなく、最高の投票率の中最大の得票数、を大きな目標とし、国政政党としてのみどりの風を勢いづけようと鼓舞する事となった。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。