So-net無料ブログ作成

姫-05 [高校生会議-13]

ラジオ番組でも告知して貰った九州旅行は大がかりなものだ。
車で送って頂いた新幹線の駅で私を出迎えたのは総勢三百人ほどのメイド隊と警備隊。
全員プリンセス遥香の秋向け衣装を身にまとう、おなじ服を着ている人もいるが組み合わせを変え、コーディネートのサンプルに。
情報を公開していたので大勢のマスコミや見物人が集まった。
私が歩く先は隊員達が流れるように通路を確保し、貸し切りの車両に乗り込むまでしっかり誘導してくれた。
ゆっくり乗り込んだ車中では…。

「遥香さま、駅でのパフォーマンスは如何でしたか。」
「静香、スムーズで良かったわ、全員のフォメーションに無駄が無かったわね。
通路確保要員の間隔が心配だったそうだけど、悪くなかったと思うわ。」
「ガードを固め過ぎて遥香さまの御姿を見送りの方から隠してはいけないですし、気楽に近寄る事が出来てはガードの意味が有りません、遥香さまが問題を感じられなかったのでしたら、その旨警護隊長に伝えておきますがよろしいですか?」
「ええ、大丈夫よ、マスコミは多かったの?」
「はい、宣伝効果も大きいと思います、降車時も同様になると思いますがJRとも調整して有りますのでご安心下さい。」
「ふふ、駅員さんにとっては、こんな団体、ご迷惑でしょうね。」
「そんな事ないですよ、駅員さんも遥香姫親衛隊のメンバーですから。
旅行中利用するすべての駅には親衛隊メンバーがいて遥香さまの到着を楽しみにされてるそうです。
各県警も同様で混乱が起きない様に配慮して下さると聞いています。」
「遥香さまは、まだご自身がどれ程慕われているかご理解されていないようですね。」
「聡美…、そう言われてもね…。」
「それより、ラジオ放送は聞かれましたか?」
「ええ録音したものを聞かせて貰ったわ、暫定的に桜が放送局へ行ってるのでしょ。」
「はい、今回は桜が出ます、次からはトークの出来る美人をメイド隊や高校生会議から選んで送り込もうと相談しています。」
「ラジオだから美人に拘る必要はなくないの?」
「中年男性二人を喜ばせる為ですよ、彼等のお陰で違う展開が期待出来そうになりましたからね。」
「聞いてないな~。」
「ここの所お忙しそうでしたから、今日は列車の旅でゆっくりお話しできると思いまして。」
「それで?」
「ラジオ放送以降、大物ミュージシャンからの問い合わせが幾つか来ています、ギャラは要らないから遥香さまと共演したいという方も。」
「お母さまの判断は仰ぎましたか?」
「はい、影響力が大きいので岩崎本部で調査してから遥香さまと相談したいとの事です、リストはこちらです。」
「う~ん、どなたも有名な方ばかりね…、でもどうして私となの?」
「皆さん親衛隊の隊員ですよ、ご自身のスキルを利用して遥香さまと直接お会いしたいというのが本心だと、はっきり話された方もお見えだそうです。」
「聡美はどう思う?」
「明香さまがゴーサインを出された方からコラボで良いと思います、国内のみならずアジアで名の通ってる方も見えて、マイナスの要素は少ないです。」
「では、お母さまからの連絡を待ちましょう、今後制作するCDやDVDの内容を再検討する事になるのかな、でも、それぞれにファンをお持ちな訳でプラスの要素は大きいわね。」
「はい、今まで遥香さまの事をスルーしていた人が興味を抱いて下さるきっかけになると嬉しいです、遥香さまの詞に曲を付けて頂くのも有りではないですか。」
「そうね、色々教えて頂けると嬉しいわ。」
「契約上の問題が有りそうな気もしますが、遥香さまの下に大物が集まる構図が実現出来たら、遥香さまの姫度が更にアップします、同時に日本の名曲を海外に紹介する機会にもなりますね。」
「姫度はもう充分じゃないかしら。」
「まだまだです、遥香さまは世界中の人に姫として認知して頂きます。」

大袈裟だが聡美の話は私達の目標…。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。