So-net無料ブログ作成

姫-02 [高校生会議-13]

遥香姫生誕祭は一大イベントになった。
私の誕生日を岩崎王国国民の祝日にしたいと真面目に提案した人もいたが国王の誕生日との兼ね合いも有るからと却下されたそうだ。
それでも姫として私をもっとアピールして行きたいと考えた人は少なからずいて、各地で祝賀行事が開かれる事となった。
そのメインがパレードで有り祝賀パーティー。

「遥香さま、このパーティー、著名人の方も多数来て下さっていますがどの様な基準で選ばれたのですか?」
「桜、選んだのはお母さまなの、遥香姫親衛隊の隊員で充分な社会的成功を収めてみえる方、私を利用してどうこう考える様な人は招待していないそうよ。」
「そのまま遥香さまの応援をして下さる方々ということですか。」
「ええ、私のオリジナル曲に携わって下さる方は、その印税収入を福祉関係に寄付して下さるわ。」
「遥香さまに歌って頂くオリジナル曲に係われる…、お金の問題では無いのかな。
誕生日プレゼントも大量に届きましたね。」
「ええ、子ども達からの可愛らしいプレゼントはDVDの映像で使わせて頂きます、キサワイ王家からの国を象徴する品もね。
私から国民の皆さんにおねだりさせて頂いたものは、そのまま寄付、一部は売る事になりますが、プレゼント受付の段階でアナウンスさせて頂きましたのでご理解頂けるでしょう。」
「遥香さまの力で世の為に役立てて頂きたいという物が集まり…、余裕の有る人から生活に困窮しておられる方へ物やお金が流れるのですね。
整理の方は岩崎高校生会議メンバーにメイド隊や警護隊が加わるという事で、準備は出来てるそうです。
その風景はニュース番組でも流しますから、遥香さまが多くの国民に愛されている事が伝わりますよ。
あっ、そろそろお時間です。」

桜の進行で会は進められた、来賓の挨拶、歌や踊りはバランス良く並べられ、一流ミュージシャンの演奏に会場が盛り上がる。
このパーティー風景はネットで生中継。
各地の祝賀行事会場でも見て頂いている筈だ。
一部はテレビの情報番組でも流される予定。
来場者は全員ドレスアップ、その中でも静香と聡美は一際目立っている。
静香はまた身長が伸びた、華やかな衣装を身にまとってはいるがクールに会場内を見回している。
その親衛隊隊長としての態度が、男性のみならず女性の視線を集めている。
聡美は可愛らしい笑顔を振りまきながら社長達と談笑中、これで遥香コーポレーションの売り上げはまた伸びるだろう。
私の下へは数人ずつ挨拶に、その方々の話に頷き微笑むのが私の役目。
ホール担当はメイド隊と警備隊から美形を中心に選んだ。
彼等は単なる接客だけでなく、客の話から情報収集という役目も担う。
岩崎本部の情報収集センターとも連絡を取り合い、主に私の周辺で情報を集め整理し今後の活動に役立てる、非合法な事はしない岩崎王国のささやかなスパイ組織、と言ってもどの商品が気に入られたかを探るなど平和的な活動。
それでも、彼等の多くはこの役目が随分気に入ったそうで、静かに盛り上がっていると聞いた。
単なるホール係というよりは、確実にモチベーションが上がっているのだろう。
もちろん警備の仕事もしっかりこなしている。
パーティー参加者や運営スタッフはすべて把握されていて、開始前に許可なく入り込もうとした雑誌記者を不法侵入で警察へ引き渡すという作業も、彼等が迅速に行ってくれたそうだ。

パーティーの締めくくりはお父さまの挨拶、その中で…。

「愛する娘への贈り物は居城です、秋には一期工事を終え来春までには庭園も含め完成の予定。
遥香のプライベートエリアへ入る事は出来ませんが、ホールなどは一般の方々にも利用して頂ける様になります。
今まで岩崎王国として賓客をおもてなしする施設が有りませんでしたが、城の完成後は王国を象徴する施設になります。
映画の舞台となる予定も有りますが、遥香姫の居城として周辺整備もして行きます。
この地の新たな名所にすべく、複数のプロジェクトが立ち上がっていますのでよろしくお願いします。」

そう、お父さまとお母さまから、私への誕生日プレゼントはお城。
建設中という事は知っていたが、この日教えられた敷地の外周が十キロを越えるという、その規模は思いもしていなかった。
私の為だけの施設ではないとは言え、住むのは私なのだ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。