So-net無料ブログ作成

165-社員 [岩崎雄太-17]

譲治の提案を受けて、雄太は関係企業の全社員に向けて事の概要を説明し意見と協力を求めた。

「なあ、メール見たか?」
「ええ、岩崎家からのでしょ、岩崎社長夫妻と譲治結衣夫妻の連名になってたわね。」
「他社に批判的な表現をせざるを得ない部分も有りますが、バランスを考えてなんて事、遠慮なく正々堂々と批判して構わないと思わないか?」
「そうだけど、色々考えてみえるのでしょうね、私達は高い努力目標を設定される事もなくバランスの取れた職場で働かさせて頂いてる、無理してない割に岩崎ファミリーの宣伝効果もあってか業績は良い、余裕が有るから良い仕事が出来てる気もするわ、そんな環境を作りたくても作れない人達への配慮も必要でしょ。」
「それは否定出来ないが、前にいた会社では努力しろ、成果が上がらなかったら努力不足だ、みたいな教育を受けて来た、ここではコンサルタント会社の人と論理的に考察して行く過程で、より良い形を見つける訓練をさせて貰えた。
中途採用して貰って印象的だったのは、がむしゃらに働いて、働かせて、一億の純利益を上げる人より、人のバランスを考えて百万の純利益を上げる人を必要としてると言われた事だな。」
「企業だから利益を上げる事を目的としてるのは当たり前ね、でもその方法に問題が有ってはならない、その考えを徹底させつつ岩崎社長は過疎地の再開発で企業イメージを高めたわ、さらに福祉関係に力を入れて…。」
「それが更なる利益に繋がってしまうのは社長の人徳なのかな。」
「貧困に陥りかねない児童養護施設出身者を支援したら、岩崎ファミリーが出来て…、しっかり稼いでるだけでなくグループのイメージアップに貢献、広報関係から聞いた話では、譲治さまはかなりの切れ者で人望も厚いそうよ。」
「結衣ちゃんの惚れた男だもんな。」
「私達のロイヤルカップルが中心になっての所謂意見広告みたいな事だから…、あっ、総務からのメール…。」

「全面協力の為、足元の見直しか…、俺は…、攻めの番組公開に合わせて人員増加計画を前倒し出来ないかと言って来た。」
「人を一人増やすのは大変なんでしょ?」
「それなりに売り上げを増やさないと計算が合わなくなるからな、だが優秀な人材がうちへの転職を考えるだろうからチャンスでは有る…、一歩踏み込んで業界再編となれば、更に俺達の国を大きく出来るな。」
「社員とその家族を合わせると、すでにかなりの人数だものね。」
「そっちのメールは?」
「CM関連予算の見直し、具体的な事は追って調整、私としてはスポットCMを減らして結衣ちゃん達の活動に回しても問題ないと思うわ。」
「今までも社会問題を扱って来たが今回は攻めだとはっきり宣言、またも大きな注目を集めそうだ、社長が話しても効果は有るだろうが、何と言っても若手美人女優が企業グループ専属の広告塔として取り組む事だからな。」
「CM効果が大きいのよね、結衣ちゃんが普段使っていると放送しただけで売り上げがぐっと上がる、少し高めの商品でも、うちの商品は品質が良いから売り上げがそのままで落ちない、結衣ちゃんと譲治さまの経済効果は計り知れないわ。」
「そうか…、もう少し考えをまとめて結衣ちゃんに喜んで貰える様、俺も頑張るかな。」
「ふふ、岩崎大ファミリーの一員だものね。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。