So-net無料ブログ作成

151-象徴 [岩崎雄太-16]

番組はそれなりの視聴率を維持している、恋愛などの問題をリアルに扱っている成果だろう。

「里美、番組の方は女性に受けている様だな。」
「はい、お父さま、譲治と結衣が私生活をさらけ出して頑張ってくれているお陰です。」
「でも、あの二人だと現実離れし過ぎではないか?」
「恋愛や結婚に対して憧れを抱かせるには調度良いですよ。」
「憧れか、少子化対策に上手く繋がってくれれば良いのだがな。」
「流石に、子どもを沢山作れとは言えないです、仕事もしたいだろうし。」
「でも、結衣は私の考えを分かってくれていると思う、譲治と幸せな夫婦の象徴になりたいと、どうしようも無くなったら演じてでもと、話してくれた。」
「あの子の強い意志はどこから来るのでしょうね?」
「譲治の事は運命の人だと話していたが…、今まで女の直感が外れた事はほとんどないそうだ。」
「常人には理解できない能力を持っていそうだから、あながち冗談で無いのかもしれませんね、譲治も…、あれだけ女の子に囲まれていてもトラブル起こして来なかったし。」
「女優を選ぶ時は、結衣が第一希望だったのだろ。」
「そうなんですよ、いきなりギャラの高い女優を選んでくれたお陰で私の俳優との夢は潰えました、予算の問題も有りましたが、結衣とのバランスも悪くて、まあ最近噂に聞いた所では思ってたよりつまらない俳優だったみたいですが。」
「里美でも見抜けなかったのか?」
「ですね、外見に惑わされました。」
「考えてみると譲治も不思議な男だよな。」
「ええ、高い能力を持ちながらも大学進学とかは考えなかったそうです、島根で職業訓練を受けた後は株式会社岩崎に就職して長野で働き始め、そこから聡志に懇願され島根へ呼び戻されて、聡志は裏方のトップにと考えていたそうですが、女子からの人気の高さに表の顔へ、あっという間にチームをまとめ上げて…、彼はどこにいても能力を発揮できるタイプですね。」
「社長だって軽くこなせると思わないか?」
「もちろんです、すでに岩崎ファミーリーのトップとして業績を伸ばしている訳ですから。」
「勢いが有ると優秀な人材が自然に集まって来るのかな。」
「お父さまの魅力も有りますよ、人を大切にする為の経費を惜しまないから、下請けに負担を掛けて利益を上げる様な事は絶対禁止、胸を張って働ける職場作り、その姿勢が結局売り上げアップに繋がっています。
他の企業体がこの事実を理解するまでは、競争社会にあってもうちは安泰だと思います、もちろん維持する努力は社員一同考えていますが。」
「動き始めた頃は抵抗勢力も多かったんだぞ、まあ親父やお爺さまが理解してくれたからここまで来れたがな。」
「番組にも出て下さって…、『ご挨拶』見ましたが、お爺様方の優しさが伝わってきました。」
「周りの全員が譲治と結衣の大ファンだからな、お袋なんて舞い上がっていたぞ。」
「私達兄弟が直接お会い出来ない代わりに、二人が代表してご挨拶に伺ってくれて、みんなも喜んでいました、先回はお付き合いさせて頂いてます、というご挨拶だからプロポーズを済ませた今は、婚約のご報告ですね。」
「スケジュールの方は大丈夫か、親父達にとっても優先順位は高いから外すなよ。」
「結婚式までは密度が高めのスケジュールですが大丈夫です、でも、あの二人は新婚旅行まで仕事にしてしまいそうで、もし新婚旅行を仕事にしたら、その後、本当にプライベートな旅行をさせようと考えています。」
「彼等の新婚旅行ならみんな見たいだろうな、海外にするのか?」
「視聴者の方に新婚旅行の夢を見させて上げたいですからね。」
「それなら、長めの贅沢なスケジュールに出来ないか、その映像を編集すればテレビ番組の方が楽になるだろう、それで余裕を作ってスタッフにも休暇をあげてはどうだ?」
「そうですね、特にスケジュールに縛られてた連中は喜びそうです。
正平のCDとかもじわじわと売れてますし、Family IWASAKIも伸びてますから、余裕は有ります。
あっ、譲治の結婚式や新婚旅行の予算はどんな形が望ましいですか?」
「う~ん、二人の為ならというサイフは大きいのが沢山有るから、まとめ役が必要だな、史枝に任せてみるのはどうだ、岩崎ファミリーを取り巻く状況も掴めるだろうし、人脈も出来る、ついでに本人達の結婚も意識出来るだろう、正平も真っ直ぐアーティストの道を歩んでいるからな。」
「はい、他の仕事を減らして集中して貰います。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。