So-net無料ブログ作成

48-マスコミ [岩崎雄太-05]

岩崎学園大学経営学部の一室。

「岩崎理事、マスコミの活用が大きなポイントではないかと思っていますが如何ですか?」
「ああ、とても大きいよ、うちでは冬坂さんに助けられたな。」
「六ケ所の廃村を再生するバラエティー番組のチーフプロデユーサーの方ですね、確かに面白い番組です、私もあの番組がきっかけでこの大学受験を決意しました。」
「そうだな、今日の始めに話題になった、人の心理もあの番組を見直すと色々見えて来るよ。」
「バランスが良いから長く続いてるのに飽きません、六つの現場が有るお陰で、おバカチームで笑って、体力チームに感動、会社を立ち上げたチームはそのまま学習の参考になっています。」
「さすがに分かっているね。」
「岩崎理事が経済の話を分かり易く話して下さったのも良かったです。
イケメン青年社長中心に会社の仕組みの説明、その時グループ企業で取り組んでいる事の話は興味深かかったので始めの内CM枠だと気付きませんでした、民放なのにどうしてCMが無いんだろうと思ってまして。」
「それが高視聴率に繋がったみたいだよ、こちらのアイデアに冬坂さんが乗ってくれたのさ、バラバラでCMに使ってた金をあの番組に集める事で可能になった、その効果はしっかり出てるだろ。
多少面白い番組でもCMのタイミングでチャンネルを変えられてしまうそうだからね。」
「ええ、企業イメージが抜群に上がったと思います、同じCMをくどくど見せられるとその商品が嫌いになることも有ります。
社員でもないのに社内改革の説明を聞いて応援したくなり、実際に理事の関係会社の商品を買っています、まさに消費者の心理を考えての事だったのですね。」
「では社員はどう思ったと考えるかな?」
「あの内容なら自分達の企業が誇らしく思えるでしょうね、それが…、やる気に繋がったり、グループ企業の結束にも繋がったのでは有りませんか。」
「そういう事さ、全グループ企業を国に見立てたり、同一労働同一賃金を元にした給与体系改革をした事もあったけどね、以前はグループ以外の会社の商品を使っていた部署がグループ企業の商品に変える、その時、商品が他社の製品より劣る部分が有るのなら改善を提案する事も出て来た。
この取り組みを始めるまでは企業グループのメリットを最大限に活かせて無かったと言えるね。」
「具体的なメリットは資本関係以外にどんな事が有るのですか?」
「そうだね、給与体系の改善と並行して労働環境の改善や工作機械の更新に取り組んで来た、大き目の投資だったのだが、ほとんどをグループ企業で引き受ける形にしたから、支払った金額の多くはグループ内に留まる、中核で有る総合商社の視点で考えれば、すぐに投資した何割かが回収できた事になる訳だ。
全部賄える訳でもないし、税金も払わなくては行けないけどね。」
「グループの規模が大きくなると有利になる訳ですね。」
「そう単純でもないが、社員やその家族達がグループ企業に目を向ける様になって来たから、それだけでも売り上げアップに繋がっていると思うよ、家族も番組を見てるからな。」
「私も見てます、そして岩崎理事のお役に立てればと考えています、他の企業家は理事の様な大きな視点で考えておられない様ですから。」
「ああ、例え少しずつで有っても日本を良くしていこうな。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。