So-net無料ブログ作成

11-管理 [キング-02]

共同生活は、この島での生活を全員に教える事から始まった。

「キング、随分鶏が多いのね。」
「一花もそう思うか。」
「えっ?」
「さっき気付いたのだが、八人が卵や鶏肉を食べて行くには調度良い数かもしれないと思うんだ。」
「さりげなく管理されてる?」
「だろうな、ここのマリアさまにね、一花の所は何て名乗った?」
「バラモンよ、男らしくて良い声の持ち主。」
「共通するのは声が良いって事みたいね、うちの草薙も口調はともかく声は良かった。」
「八重、声でこちらの心理を落ち着かせているのかな。」
「あっ、そうか、こんなとんでもない状況でも今日までパニックにならずに暮らしてこれたのは草薙の声のお陰かもしれないね。」
「まだ感謝の対象なのか、恨む対象なのかも分からないぞ、なんせ俺達は試験体なのだから。」
「だな、キング、畑の方は随分色んな種類の野菜を育てているんだね。」
「ああ、一人で食べる量はしれてるからな、はは、こっちも八人に増えたからってそんなに問題はなさそうだ、でも食べたい野菜の希望が有ったら言ってくれ。」
「それより早くボートに乗りたい。」
「三之助、遊びじゃないんだぞ。」
「にしても三之助のままで良いのか? 可愛い女の子に三之助とは呼びづらいから変えても良いんじゃないのか。」
「はは、そうね、呼び方聞かれた時はこんな日が来るとは思ってなかったから。」
「俺達には何て呼んで欲しい?」
「う~ん、分かんない、ずっと三之助と呼ばれてたから。」
「まあ本人がそれで良いのなら構わないんじゃないか。」
「三之助だけじゃなく、変えたくなったら何時でも変えて良いと思うが、安易に決めた自分のセブンでも愛着が有るというか。」
「そうなのか、私はキングでなくても王様、殿様、大将、など適当に呼んでくれて構わないが。」
「はは、偉そうなのばっかだ。」
「ははは。」

私達は間違いなく管理されている、だが私と彼等では微妙に違う気がする、根拠はないのだが。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。