So-net無料ブログ作成

夏に向けて-01 [飯山美里-04]

私は飯山雅夫と申します、縁あって山間の町に越してきて働いています。
仕事のメインはこの地の過疎化を食い止める事、簡単な事では有りませんが多くの方々に協力して頂いて少しずつ形を作っている所です。
あっ、社長が帰って来ました。

「ただいま。」
「おかえりなさい、横山社長如何でした?」
「あっさりオーケーが出たよ。」
「じゃあ、あの辺りの土地は自由に使わさせて頂ける事になるのですね。」
「ああ、それで美里ちゃんにお礼を言わないといけないのだが。」
「えっ、美里にですか?」
「例の恰好良くなろうってキャンペーンだよ、美里ちゃん発案で始まってから今では小学校だけでなく広がってる、思ってた以上にね。
最近見かけた光景なんだが、子どもをしかってる人が、そんな事したら恰好悪いだろ、そんなんじゃ美里ちゃんに笑われるぞって、そう言われると子どもが納得した様に親の言う事を聞いてた。」
「私も似た様な光景を見た事が有ります。」
「今日の相手は以前交渉に行った時に、絶対安くは貸さないという感じだったろ。」
「でしたね、ほったらかしの土地なのに、金になるなら一円でも高くみたいな。」
「それが最近になって、周りの人から恰好悪いって言われまくったそうなんだ。
美里ちゃんがここの子ども達の為に動いてくれてる、それなのに大人達が我々の過疎化対策に協力しないなんて恰好悪いとな。」
「う~ん、町で会う人に毎日の様にお礼を言われるそのほとんどが、うちの子が美里ちゃんにお世話になってましてって、私だってこの地の再生の為に懸命に働いてるつもりですがね。」
「最近可愛さに磨きがかかって来て、すっかりアイドルだからな、で、どうかな夏休み中の企画の色々な場面で美里ちゃんにも手伝って貰いたいと考えているのだけど。」
「大丈夫だと思います、すでに学生達メインの企画は手伝う事になってますし。」
「ただ、美里ちゃんに会いたいという声が結構届いていてね、ブログを見た人とか、学生達の間でもリーダーの資質を備えた美少女に関心が集まってるそうなんで、少し忙しくなるかもしれないが。」
「微妙ですね、リーダーの資質を備えた子に興味があるのなら構いませんが、美少女の面だけに興味があるという人はどうでしょう。」
「そんな連中が過疎化に興味を持つきっかけになればという事なんだが。」
「なるほど…、美里と相談してみます。」
「了解して貰えたら、早目にスケジュールの調整を学生や本社の広報部を交えて行いたいと思うけどどうかな。」
「分かりました。」

娘がみなさんから注目されるのは嬉しいですが、心配も有り複雑な気持ちです。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。