So-net無料ブログ作成

恰好良く-01 [飯山美里-03]

「ねえ美優、良太って恰好良いよね。」
「そうかな~、特にスポーツが得意な訳でもないし、頭が良い訳でも、ルックスは問題外でしょ、美里の感覚が分からないな。」
「下の学年の子達と遊んでる時さ、さりげなく見守ってるって感じない?」
「あっ、それは有るかも、優しいからか小さい子達が頼ってるみたいな。」
「恰好良いでしょ。」
「そう言われると、そうなのかな。」
「外見だとか能力とかじゃくてさ、心の恰好良さを考えててね。」
「うっ、そう言われると、私は大丈夫か~って思ってしまうな。」
「美優も恰好良いよ、特別支援学級の子にも声を掛けたり、自然に相手してるし。」
「あの子達は、ちょっと運がなかっただけで、本人が何か悪い事をした訳じゃないでしょ。」
「うん、そうよね、でね、私が最近感じてるのは、この学校は恰好良い子が多いなって事なの。」
「外見じゃなくって事ね、でも普通じゃないかしら。」
「前の学校は格好悪い子が多かったんだ。」
「へ~。」
「弱い者いじめする子とかさ。」
「はは、はずかしいでしょ、そんなの。」
「だよね、でさ、ここのみんなに自分達が恰好良いんだって気付いて欲しいし、もっと恰好良くなって欲しいなって。」
「う~ん、恰好良いに越した事はないけど、どうして?」
「四月には転校生が五人入って来るし、この先もね、どんな子が来るか分からない、でも恰好良い人ばかりならトラブルも起きにくいし、もっと良い学校になるわ。」
「そっか、でも…、何かするの?」
「恰好良い事したら、気付いて、褒めてあげる。」
「褒められたら嬉しいって事ね、恰好悪い事をした奴には?」
「それ、恰好悪いよって教えて上げないとだめなのかな?」
「結構気付いてないかもしれないよ、う~ん、教えて貰って素直に直せる子は良いけど…。」
「そこが一番の問題かな、変な事になって、いじめとか嫌だし。」
「この話はみんなにしたの?」
「まだ、美優が初めて。」
「そっか、私等これから最上級生になるのだから、まずは五年生で話し合っておいた方が良いかもね、転校生が気持ち良く仲間になれる様にしときたいし。」
「うん、美優、有難うね、美優達が優しくしてくれたから、気持ち良く仲間にしてくれたからすごく嬉しかったんだ、だからこれから来る子達も気持ち良く仲間になって欲しいんだ。」
「はは、じゃあ恰好良くやろうか…、でもさ、外見も恰好良い男の子とか転校して来ないかな、もちろん性格も良くて…。」
「う~ん、中学への転校生は結構アイドル系かな。」
「あっ、しっかりチェック済なのね、ちゃんと紹介しなさいよ。」
「良いけど…、性格までは分からないからね。」
「まあ、性格が悪かったら見るだけにしとけば良いじゃん。」
「はは。」
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。