So-net無料ブログ作成

転居-01 [飯山美里-01]

「美里、詩織、この町だぞ。」
「やっと着いたの…。」

とうさんの相手は詩織がしてくれてる。
あまり話したい気分でもないから助かるけど…、なんか、しっかり田舎だよ。
家も古そうなのが多い…。

「ここが小学校だ。」
「もっとぼろいかと思ってた…。」

田舎の学校でもコンクリートなのね。
あれっ、もう町は終わり?
ちっちゃい町なんだ。

「さあ、着いたぞ。」
「結構大きい家だね…。」

着いたって…、町から随分走った気がする。
家はちょっと古いけど立派ね。
えっ、私が住むの? ここに? すごく田舎なんですけど。
嘘でしょ…。
あっ、車が入って来た、この家、車が三台も置けるんだ。

「美里、詩織、この人がお世話になる横山社長だよ。」
「こんにちは。」
「こんにちは、どうだいここは、まあ環境は大きく変わるだろうが住めば都だからね。」

そう言われてもね。

「社長と言っても、会社はまだ君達のお父さんと二人だけだから気楽にな、社長なんて呼ばなくて良いからよろしく頼むよ。
私もここへ越してきたばかりでね、うちの子達はまだ小さいから、お友達とは成れないかもしれないが仲良くしてやってくれると有難い。」
「はい。」
「一度上がって部屋を見てみると良いよ、今日はゆっくりしていってね、私はこれで失礼させて貰うが。」

鍵を届けてくれたのね、ご本人も越してきたばかりで住めば都? お気楽そうな人だったなぁ。
へ~、中は結構綺麗にして有るんだ、直したばかりという感じね、私達が越してくるからかな。
畳だぁ~。
畳に寝っ転がるのも悪くないかも、ふう~、ここまで結構時間が掛かったな…。
天井の木目が不思議ね…。
引っ越しを決めた理由を、父さんは新しい会社で自分を試したくなったからだと話していた、でもね…、やっぱり私が学校へ行かなくなった事も有るんだろうな。
学校か…、真面目に、いじめられてる子をかばったら随分いじめられたな…。
先生も口先では尤もらしい事を言ってたけど、こっちの事なんて考えてないって…、みえみえだった、仕事だからって感じで…。
転校か…。
詩織ならここが気に入るかも、自然が好きだしクラスに馴染めてないみたいだし。
ここの子ってどうなんだろう?
やっぱいじめられる?
友達…、ちゃんとした友達出来るかな…、いじめられてたらかばってくれる様な…。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。