So-net無料ブログ作成

新ブランド-18 [安藤優-08]

You&優、チーム零をベースにした部活動は学校に認められスタートした。

「疑似会社部って変な名前になっちゃたわね。」
「仕方ないでしょ、学校側としては対外的とか大人の事情が有るんじゃないの、でも私らはYou&優、チーム零と思ってれば良いのよ。」
「とてつもなく変わった部活になりそうだけど。」
「面白くなりそうじゃん、社長は誰になるのかな?」
「二年の先輩方から立候補数名…、私達の意見も参考にするなんて微妙じゃない?」
「洋子、間違っても容姿で選んじゃだめよ。」
「分かってるわよ、責任持ってこの部活を盛り立ててくれる人にしなかったら、優くんにも悪いわ。」
「部員の一次募集が十人だけとは思わなかったな、入部希望者多いのに。」
「多いからでしょ、いきなり大勢入って来たら大変な事になるわよ。」
「でも、一人の活動時間に制限を設けるから、もう少し大勢でも良いと思うけどな。」
「まずは核になるスタッフを固めなきゃ、そして私達がデザイン画を描いたり、服を縫ったりに集中できる環境を整えて貰わないとね、その為にポーチやバッグのデザイン料から活動費を出させて貰う訳でしょ。」
「その部分に関しては本物の会社と同じ様な事になるのよね、でも社員の給料は架空のものになるって…、苦情が出なきゃ良いけど。」
「それは学習の一環と捉えてくれる事を前提に募集してるから大丈夫じゃない、私のお兄ちゃんも社長に立候補してるけど、ゲーム感覚で実際の会社の事を体験できるからって言ってたわ。」
「亜矢のお兄ちゃんカッコいいよね。」
「洋子、ちゃんと中身を見てあげてね。」
「う、うん。」
「チーム零は一つの会社みたいになるけど、これからYou&優は大学生も巻き込んでの全国展開になるのよね、広島と福岡では私達みたいな高校生チームが出来るらしいし、改めて優くんってすごいと思うわ。」
「よね、うちのお姉ちゃんも狙ってるの、You&優の企画に参加して実績作って、桜根グループに就職したいんだって。」
「私達、たまたま優くんの知り合いだったからチャンスを貰ったけど、これからもしっかり結果を出して行かないと恰好が付かなくなるわね。」
「うひゃ~、全国の優くんファンの目が怖い。」
「真面目にやってれば大丈夫よ、テレビ番組でも羨ましがられそうな部分は控え目にして貰ってるし。」
「あ~、大阪の従妹に優くんがおごってくれた話をしてしまった~。」
「あっ、それ今後禁止。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。