So-net無料ブログ作成

新ブランド-12 [安藤優-08]

優と絵里。

「優くんが冬休みの後もなかなか中学に来てくれなかったから久しぶりね。」
「はは、まあ色々有ってね、一回は絵里とすれ違いだったし。」
「どう、新商品は?」
「それがね…、ちょっと…。」
「えっ、全然注文が来てないとか?」
「まあ…。」
「そんなにひどいの、高校生チームが恰好良く仕上げてくれたから売れると思ったのになぁ。」
「いや。」
「残念だけど、次、頑張るわ。」
「うん、頑張ってくれて良いんだけど、製造がね。」
「どういう事?」
「売れすぎて製造が追いつかないんだ。」
「え~、そうなの~、優くんの意地悪、もったいぶってさ。」
「注文受付開始の翌日からポーチの製造工場は大慌てて設備拡大を始めているけど、現場は大変らしい、桜根の工場は原則夜勤禁止だけど二交代制にして早朝から深夜までの作業も検討せざるを得ないと従業の方々とも相談してるそうだよ、他の工場に応援要請するにしても設備の関係ですぐとは行かないしね。
だから注文から受け取るまでの時間はどんどん長くなる、つまりまだまだ注文が膨らんでいるって事さ。」
「へ~。」
「まあ、桜根関連の方々が購入して下さるかもという期待は有ったけどね、桜根グループ全体で考えても一番のヒット商品になりそうだよ、服の方も予測を上回る勢いでね、まあ生産は大丈夫だけど。」
「じゃあ、発売までに色々掛かった費用は…。」
「初期投資は簡単に取り戻せるよ、皆にはお年玉第二弾だね、絵里にも特別ボーナスを用意するって、理沙さん話してたよ。」
「でもどうしてそんなに売れるのかしら?」
「理沙さんが調べた範囲では、年齢に関係なくYou&優の商品を一つは持ちたいという感覚だそうだ。」
「そうか、優くん人気の結果なのね。」
「う~ん、そうなのかな。」
「そうよ。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。