So-net無料ブログ作成

新ブランド-11 [安藤優-08]

絵里達のグループがデザインした作品は高校生グループがロゴを加えて完成した。

「優くん、ポーチは高校生チームの案を採用して完成させました、基本のデザインから用途別に大小六種類、色は各十色です。」
「理沙さん、予約販売だからこそ出来るバリエーションだね、特に色の多さに関しては、やはり考え直して正解だったのかな。」
「ですね、思ってた以上に出来が良くて社内での評価も高く、どれぐらい売れるか見当がつきません、商品サンプル公開と前後して製造に入るという形はロスが出にくくて、デザイン公募といううちの形式に合っていると思います、予約者に行き届いてから直営店で一般向け販売を開始します。」
「思ってなかったメリットだね、服の方はどう?」
「今回は季節の関係も有りますので五点に絞り込みました。
その内の一つは実験的商品にします。」
「どんな感じで?」
「基本のデザインを元に三つのタイプを用意します。一つ目は始めのデザイン通りの完成品ですが、二つ目は飾り気をなくしたシンプルな服とそれに付ける装飾を色や形を選んで購入して頂いて、購入者自身が完成させるという、手作りトッピング感覚です。
三つめも二つ目同様のトッピングですが、希望に合わせてこちらで仕上げてお届けするという形になります、絵里さんの発案なのですが面白いと思いまして。」
「良いね、うまく行ったら、うちのブランドを他と差別化出来るかも…、問題は三つめの製造かな。」
「相談したら、他の作業をしている人の中から希望者を募って交代で手作業という形を考えて下さるそうです。
それによって仕事に変化が出来て喜ばれるかもしれないとの事、大量の注文が入ると発送までに時間が掛かりますが、それを前提の上で注文して頂きます、ただしかなり高くなりますので注文は少ないだろうと思っています。」
「そうだね、でも、自分で完成させるタイプは売り上げが少なくても続けて行きたいな、自分で作るのは楽しいと思うよ、一からではハードルが高くても一部ならやってみようと思う子もいると思う。
一回目の締め切り近くのタイミングで発表になるから、二回目の応募作品に良い影響が有るかもしれないね。」
「後、これも絵里さんからの提案なのですが、自分で完成させた物に関しては、何らかの発表の場を設けたいです、完成品はどれを選んでどこに付けるかで色々出来ます、同じ商品で有りながら、完成品のバリエーションは数え切れません。
自分で完成させた物は人に見て欲しいと思う子も少なくないと思います。」
「それも進めて下さい、形は理沙さんと絵里にお任せします。」
「はい、有難う御座います。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。