So-net無料ブログ作成

新ブランド-08 [安藤優-07]

ロゴは投票の結果一位二位に高校生の作品が三位には中学生の作品が選ばれた。

「理沙さん、投票してくれた一般会員は何人ぐらいになりましたか?」
「一万七千人です。」
「行けそうだね。」
「ここまで資金が出る一方ですが、回収出来そうですか?」
「その内の何割かは商品を購入してくれるだろう、おまけに写真でも入れるかな。」
「あ、これまでの応募で、着て欲しい人指定の企画は、断トツで優くんご指名が多いです。」
「あれは、桜総合学園芸能部メンバーを意識したのだけど。」
「自分が着たい、持ちたいより、特定の人に着て貰いたいという企画は、選ばれても得られる金額は少ないのですが、やはり夢が有るのでしょうね。」
「一般向けに販売出来ない様なのばかりなのかな。」
「沢山は売れないでしょうね、コスプレ系が多いですから。」
「うっ、それを着なくちゃいけないのか。」
「もちろんファンサービスですから、ファッションショーの主役は、優くんで決まりですね。
生写真を売ったり、おまけにした後はオークションにかけて、そこから必要経費を引いた残りは学生の実習や研修の費用にしますから、高値で売れる様に、中高年の方へのアピールもお願いしますね。」
「あ~、自分で決めた事だから断れないのか…。」
「良いじゃないですか、アイドルの道を歩いても。」
「歌や踊りは断固拒否するよ。」
「バイオリンでも弾いて女心をくすぐれば良いですよ。」
「う~ん、最近人前で弾いてないな…、えっと、ロゴで勝ち抜いた人達の賞金授与とかはどこになるのかな?」
「大分、広島、青森です。」
「見事にばらけたね、それぞれの映像撮影条件とかはどう?」
「一位の大分の子は、顔出しOKで名前の公表希望です、将来デザイン系で働きたいとの事でその実績にしたいそうです、二位の子は名前だけなら、顔は恥ずかしいそうで、三位の子は後ろ姿ぐらいならとの事でした。」
「調度いいね、じゃあ大分に行こうか、他は現地の桜根支社にお願いしよう、映像も簡単で良いからお任せだね、大分はきちんと取材する様に指示を出して下さい、日程の調整もお願いします。」
「分かりました。」
「当日のプログラムは少し考えてみますので後ほど。」
「はい。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。