So-net無料ブログ作成

新ブランド-01 [安藤優-07]

話は優が坂本社長の家を訪問してから数日後に戻る。
彼は坂本絵里と会っていた。

「私達の作った物が売れなくても良いって、どういう事なの?」
「絵里にお願いしたいのは準備段階なんだ、そうだね見本を示すという感じかな、今は五人でスタートだけど将来的にはかなりの規模に拡大するつもりだからね、まずは新ブランドを立ち上げるけど、その問題点を探りだすサンプル的な意味合いも有るんだ。」
「私の役割は?」
「まずは今のメンバーをまとめて試作をどんどん提示して欲しい、そうだな絵里には特別にブランド名を決める権利を上げようかな…、でもひどかったら却下だからね。」
「嬉しいような怖いような…。」
「新ブランドは、中高生にとって、遊び感覚だったり、自分の力を試す場だったりと考えている、皆で作るブランドという感じかな、でも女の子が何を考えてるかは良く分からないから頼むね。」
「はい、承知しました。」
「はは、話す時は今まで通りにしてね、それと母さんからも、皆の学習の妨げにならない様にって言われてるけど大丈夫?」
「真面目にやってるから大丈夫、でも、優くんがお母さんの事話すの珍しいわね。」
「そうかな、まあ今回は女の子が中心になるから、相談もしてるけど。」
「優くんもそろそろ反抗期じゃないの?」
「多少はね、でもコントロール出来てるよ。」
「さすがに社長ともなると違うのね、弟なんて扱いにくくて困ってるのに。」
「ほかっとけば良いんじゃない、うちの両親は揃って僕を信頼してくれているからね、細かい事は何も言わないから自分で判断するしかないんだ。」
「そっか、さすがだなぁ~、うちの父さんは細かい事気にしない人なんだけど母さんがね。」
「はは。」
「あっ、連絡はどんな形で?」
「基本的には担当の木下さんへ頼む、メールや電話は今まで通り秘書宛で、但し優先順位が上がったから、内容の無いメールはNGだよ。」
「優くんは携帯とか持たないの?」
「持つと大変な事になりそうだからね、父さんも随分前にやめたよ。」
「残念だな~、もっとお近づきになれると思ったのに。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。