So-net無料ブログ作成

社長-11 [安藤優-06]

とある土曜日、優は秘書達を伴って坂本絵里の自宅を訪れた。

「初めまして安藤優と申します。」
「おお、テレビで拝見させて頂く以上の美少年ですな、ようこそおいで下さいました、さ、どうぞお上がり下さい、こちらの方々は?」
「秘書の川北と担当の木下です。」
「よろしくお願いします。」
「ああ、この前どこかで読んだドイツ語の、川北さんは帰国子女だとか。」
「ええ、なんだか面白可笑しく書かれてしまいましたが。」
「少年社長は秘書とドイツ語で会話、インパクト有りましたよ、どうぞお掛け下さい、こっちが家内です。」
「ほんとご両親の良いとこ取りなんですね,、ルックスも知性もなんて、今日はゆっくりしていって下さい、絵里、お茶を用意して。」
「は~い。」
「有難う御座います。」
「娘から聞きましたが、娘を新規のプロジェクトに参加させて頂けるそうで、本人は喜んでいましたがまたどうしてあの子に?」
「そうですね、タイミングも有りましたが彼女のリーダーシップです、絵里さんとは家庭科の授業が同じなのですが指示が的確で、料理もお好きなんでしょうが人望の厚さを感じました、さすが坂本社長の娘さんだと。」
「あっ、そこまでご存知でしたか。」
「父達が会社を立ち上げる少し前に就任され、まだ実績のなかった桜根に多大なる援助を頂いたそうで、絵里さんの話を父にしたらとても喜んでいましたし、坂本社長にもよろしくと。」
「嬉しいね、大社長親子の会話に自分が登場するなんて、絵里のおかげかな、娘が社長から学ぶ事は多いと思いますのでよろしくお願いします。」
「校長と相談したところ、成績が下がったらクビにして下さいと言われたのですが。」
「大丈夫ですよ、高校はもう決まっている様なものですし、社長の足元には及びませんが充分な成績を取って来てます、社長はこのプロジェクトを通して経済を中高生に学んで貰おうと考えておられるそうですが、私も実際の仕事を経験する事は、学校での学習とはまた違う価値が有ると思います。」
「ご理解頂きまして有難う御座います。」

しばらくは契約の話や注意事項の話となった。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。