So-net無料ブログ作成

室長-11 [安藤優-04]

アメリカ視察旅行から二週間後、会議が開かれた。
「今日はお忙しい中お集まり頂きまして有難う御座います、社長特務室室長、安藤優ですよろしくお願いします。
今日初めて顔を合わせるという方もお見えでしょうが、個別の紹介は後ほどという事にして簡単にどんな人達が来て下さっているかだけ紹介させて頂きます。
社長特務室のメンバーの他、秘書室、広報部、中田工業技術担当、高島技研技術担当、桜総合学園制作部番組制作の方々と、新規に特務室入り予定の方々です。
まず、社長特務室の今後の方向性が取締役会で承認されました事を報告させて頂きます。
これにともなって特務室増員となりますが、今日集まって頂いた方々には、その増員のお手伝いをお願いしたいのです。
まずは特務室の今後の展開についてご理解頂きたいと思いますので各担当より簡単に説明させて頂きます。」
「広報担当の加山です、特務室の役割の一つとして社長とその周辺の広報活動を広報部、制作部との連携を今まで以上に密にし効率良くして行きます。
広報部、制作部内に特務室担当を置いて頂くか、特務室への移籍をお願いします。
社長特務室専属となって頂く訳ですが、これとは別に交代で手伝って頂く方も部内にお願いします。
これは専属メンバーがいる事で、より一貫性のある広報活動をしつつ、交代で任に当たって下さる方の違った視点も取り入れたいという考えによるものです、ご理解ご協力お願いします。」
「技術担当の宇野です、特務室の大きな柱として社長、室長から出された技術的提案を傘下の企業に反映させて行く事が有ります、現時点ですでに中田工業さんと高島技研さんに協力を頂いていますが、今後さらに強化して行く事を考えていますので、よろしくお願いします。」
「スケジュール担当の矢崎です、今までは広報活動重視の工場視察が主になっていましたが、宇野が担当するところの技術面も考慮して秘書室、広報部と調整して行きたいと考えております、よろしくお願いします。」
「社内システム担当の池端です、桜根が巨大化した為、企業間の情報交換など充分出来なくなって来ています、同じグループ企業内に自社のプラスになる技術が有っても知らずにロスしてる可能性を極力排除する、大きなシステム構築を目論んでいます、これは国内のみならず海外の企業も視野に入れての事です。
簡単では有りませんがロスを減らせば会社がより良くなって行くと思いますのでよろしくお願いします。」
「では、質疑等有りましたらどうぞ。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。