So-net無料ブログ作成

室長-08 [安藤優-03]

取材の後やテレビ出演の後などは会議となる。
「皆さん、今日の放送局が興味を持ちそうなコンテンツに心当たりは有りませんか?」
「室長、室長の成長記録などは取り上げて貰える可能性が有ると感じましたが。」
「あれですか、ちょっと照れくさいですが…、会社にとってプラスになるのであれば…、制作部と相談ですね。
そうだ、こちらでも放送して貰えそうなコンテンツをまとめておきましょう、制作部と連絡を取ってくれますか、矢崎さん。」
「分かりました、幾つかここの放送局に送る様指示しておきましょうか?」
「アメリカ支社に担当を置けないか打診して出来ればそこを通す形にしたいですね。
後、英語字幕か英語でナレーションを入れるかも検討して貰って下さい。」
「はい。」
「皆さんは何か気付かれた事有りますか?」
「室長の色々な能力をもっと見せつけたかったですが。」
「そうですね、でも日本とは違いますから、今回は比較的真面目な番組でしたし。」
「ここのスタッフに聞いた所では、次回の録画は砕けた感じの番組らしいです。」
「宇野さん、そのスタッフに、ここではどんなのが受けるか聞いておいて貰えますか。」
「了解です、それを元に次回出演の番組制作サイドと打ち合わせしておきましょうか?」
「お願いします。」
「室長、次回は私達も和服で出させて頂きますが、何か気を付ける事とか有りますか。」
「宇野さん、特務室メンバーの動きも確認しておいて頂けますか。」
「はい。」
「加山さんは、宇野さんからの指示以外はいつも通り明るく優しい感じで振る舞って頂ければ良いと思いますよ。」
「はい、でもドキドキです。」
「はは、軽いドジは有りですからね。」
「そうだよ、ここなら旅の恥はかき捨てレベルで良いんじゃないのか。」
「室長も宇野さんも女心というのをご存じないのですね。」
「ぼく子どもだから分かんないや。」
「室長ったら、ずるいですよ~。」
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。