So-net無料ブログ作成

小学生の頃-01 [安藤優-02]

小学校は私立に通った。
この頃には教育改革が国主導で進んでいたが、まだ公立小学校では優の才能を持て余してしまうと両親は判断した。
小学校から大学まで揃っていて、学園の関係者には両親の知り合いもいる、学園は優の為に特別な環境を用意した。
入学当初から体育などの一部教科を除いて他の子達と違う学習内容となる。
まずはテストから、例えば算数は普通の小学一年生向けのテストから始まり、九十点以上で先へ進むという形を取られた。
結果、五年生レベルまでほぼ満点という事で、五月には六年生レベルの学習に入る、教科によって多少の差は有るものの概ね六年生レベルと判断された。
学校サイドが大学生の協力も得て柔軟な対応をしてくれた事によって、優は退屈な授業を受ける事なくその知的好奇心を満足させていく。
かなりの暗算力を有する者が一足す一から学習させられたらそれは苦痛でしか無かっただろう。

朝はまず体育等を共にする一年生のクラスに行く。
「優くんおはよ。」
「みきちゃんおはよう。」
「優くん、今日は何のお勉強?」
「えっ? お勉強はもっと大きくなってからやるんだよ、今日は算数で遊んでから、皆と体育をして図工、ご飯食べたら中学で遊んで貰うんだ。」
「そっか今日は二つ一緒なのね。」
「うん。」

算数は一人遊びみたいな事で参考書を見ながら問題を解き進む、分からない事が有ると質問するが、その回数は少なかった。
中学での遊びとは英語の授業が中心、書く事はまだ遅めだったが中三の授業がレベル的に合っていた様だ。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。