So-net無料ブログ作成

卒業旅行-09 [チーム桜-05]

その日の夕食会は誰もが知っているシンガーソングライターとそのマネージャーも同席。
安藤が話し始める。

「昨日は有難う御座いました、おかげさまで大盛況となりましたし、すばらしい演奏に感動しました。」
「そんなに硬くならずに気楽に行きましょ、私だってチーム桜の仲間なんだから、ねっ、佐々木くん。」
「はい、助かっています、ラジオでもチーム桜の話題を取り上げて下さって。」
「ふふ、何か嬉しいのよ、こんなに若い方々が日本の将来をしっかり見据えてがんばってくれてるなんてね。」
「有難う御座います。」
「まあ、真面目な話は先に済ませておきたいから話しちゃうけどさ、私的にはもっと協力したいのよ、どうかな?」
「もちろん協力して頂けたら嬉しいです、でもどんな形でですか?」
「あなた方から提案があれば検討するからね、でとりあえず、チーム桜レーベルからアルバムを一枚出すってどうかしら?」
「でもそれって所属レーベルとの契約的にどうなんですか、かなり問題が有りそうな気がするのですが。」
「安藤くん、その辺りは何とかするし、というか話題性が有って面白くないかしら、違う芸名を使うとかも有りね、ただ、そこから出た利益の内、私の取り分は、桜根東北支社の設立に使って欲しいと思っているけどどうかしら?」
「それなら利益全部東北支社に当てます、ざっと計算してみましたがアルバム一枚分の利益が有れば、かなり余裕を持ってスタート出来ます、その額を寄付するより大きな経済効果を生み出す様がんばります。」
「えっ、ざっと計算って、安藤くん今計算したの?」
「ええ、概算ですが、発売は何時頃になりますか?」
「東北をテーマに何曲か書き溜めて有るからスケジュールが合えば何時でも。」
「遠藤、最優先で頼むな。」
「もちろんだ! バックミュージッシャンとかはどうします?」
「シンプルな感じで行きたいから…、昨日みたいな桜子ちゃんとのデュエットはお願い、他も君達の所の子で良いわよ、一度オーデションをしてね。」
「編成はどうしますか?」
「オーデションを通った、つまり私が一緒にやりたいと思った子に合わせて編曲でどうかしら?」
「うおっ、皆にチャンスが有るって事か、喜びそうな奴、結構いますよ、落ちたら落ちたで足りなかった所を今後の課題として提示してあげれば次の成長に繋がるし。」
「そうか、遠藤くんのそんな姿勢が芸能部の原動力だったのね、ならば桜子ちゃん以外全員落としても問題ないわね。」
「はい、レベルの低い演奏を録音しても意味ないですから、チャンスを生かせなかった彼らに問題が有ります、オーデションの課題曲とか用意しますか?」
「具体的な事はメールでやりとりしようか、遠藤くん後でメアド交換ね。」
「お~、何か夢みたいな話しです。」
「でも遠藤くん、社長やってて時間的に大丈夫なの?」
「はい、今度制作部社長から、親会社である桜根の桜総合学園担当常務兼副社長になる予定が有りますので、この安藤って男信頼出来る奴ですからね、おっと、まだ秘密ですが。」
「ふふ、秘密の話を私にしちゃって良いの、安藤社長?」
「大丈夫です、早く確定して現場に伝えるべき事ですし。
後、うちから一人、付け人かマネージャー見習いを送り込ませて頂く事は可能でしょうか、遠藤との連絡もはかどると思うのです、マネージャー如何ですか?」
「そうね、マネージャー見習いの子を送り込んでくれたら、こちらで色々教える事が出来るわよ、一人じゃなくても大丈夫かな、私もチーム桜の一員と考えて下さいね。」
「助かります、ビッグスターのマネージャーを経験させて頂ければきっとプラスになると思います、遠藤、新入社員の研修の一環としてお願いしてみないか?」
「ああ、お願いします。」
「真面目な話はこれくらいでいいかしら。」
「はい。」
「じゃあ、佐紀さんは安藤くんのどこに惚れたの?」
「え~、いきなりですか。」
「だって気になるじゃん、あなたみたいな美人が、じゃがいも社長に惚れて告白したんでしょ。」
「はは佐紀、観念しろ。」
「佐々木くんまで面白がらないでよ。」
「婚約発表は何時なんだ?」
「も~、全部大好きだからで~す!」
「この開き直りでライバルを蹴散らしたんだよな。」
「待て、俺はそんなにもてないから。」
「こいつ自覚が無いんですよ。」
「そ~よね~、すでに社長の風格も備わっているし、ね佐紀さんは何て告白したの。」
「そ、それは…。」
「私の作詞の参考にさせて欲しいんだけどな。」
「そ、そんなに参考になる話じゃないですよ。」
「あ、ごめんなさい、ワインで良かったかしら、話は後でね。」
「はは、飲む前から真っ赤だな、まずは乾杯しますか。」
「では佐々木代表から一言。」
「えっ、自分ですか…。」
「安藤社長はずいぶん動揺されてるみたいですからね。」
「は、はい、それでは…。」

食事会は色々な意味で盛り上がった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0