So-net無料ブログ作成

卒業旅行-05 [チーム桜-05]

しばらく桜根関連の話が続いた後。

「では、お時間の関係も有りますので、次はチーム桜、佐々木代表、お願いします。」
「はい私はチーム桜の中でも学生ボランティアや社会福祉団体関係を中心に動かせて頂いております。
今回桜根九州支社新設とともに、チーム桜としましても福岡本部設立に向けて準備を始めてさせて頂いております。

さて今日はチーム桜の活動からご質問の多かったモデル地区について少し紹介させて頂きます。
チーム桜設立当初よりモデル地区として集中的に学生の調査研究実習の場となった名古屋市内のエリアでは短期間で住民の方の意識が変わってきました。
元々は、今時の住宅地で住人どうしの繋がりがかなり希薄だったのです、高齢化が進む中、交通の便の良さも有りまして移り住んでこられた方も少なく有りません。
土地も安く有りませんが、元は一軒だった空き家の敷地に三軒、四軒の一戸建てが出来たり、マンションが建ったり、昔からの住民同士は多少の繋がりは有っても、新たに越して来られた方々は地域の活動に興味の無い方が少なく有りませんでした。
お子さんがいらっしゃれば、地元の幼稚園、保育園、小学校を通して、地縁的繋がりも出来ますが、そうでないと、近所付き合いは広がりません。

そんな地域で地元婦人会等各種団体の方々と学生達が住み易い町作りを目指して活動を始めました。
この時申し合わせたのは、参加を強制しない事です。
チーム桜の趣旨に賛同した人だけでやって行こうという事です。
自分の住んでいる所の事だから多少強要して掃除に参加して貰っても良いのでは、という声も有りましたが、強要しては活動が長続きしないということです。
もっとも色々な形で地域外からのボランテア参加も有りましたから、いたって綺麗だった町がさらに綺麗になって行くのに大した時間は掛かりませんでした。

一つの起爆剤としてモデル地区で実行させて頂いたお祭りには多くの方が参加して下さり、その後一気に地域活動が活発になりました。
町という集合体の見直しは、大きな天災にみまわれた時、まず助け合うのは隣近所の人ではないかという声に押されて、少しずつですが近所付き合いの無かった方々にも伝わって来ています。
消滅しかかっていた商店街は福祉関連や地元の方の為の商店も増え、学生達の実習ショップと共に少しずつ賑わいを取り戻しつつ有ります。

また地元の方々が出資して設立した桜根傘下の会社の力も大きいです。
飲食店を含め様々な展開を、数少ない正社員を多くのボランティアが支えるという、特殊な会社になっています。
この会社のベースは弱者でも暮らし易い環境作り、その為に色々な提案がなされ、試行錯誤の結果色々な成果が実りつつ有ります。
詳しくはウエブサイトをご覧になって下さい。

この成功の裏には組織の強さが有ります。
元々すごく活発とまではいかなかったものの、地域婦人会などの組織が有った事、それらの組織を束ねていたリーダーが尊敬される存在だった事、そこに学生のリーダーが学生組織をきちんとまとめて乗っかる事に成功した事、有能なリーダーがいて組織がまとまったからこそモデル地区は予想を超えての成果を上げることが出来たと考えています。
そこを踏まえて、この福岡、九州でも良い形の組織を構築出来たらと考えています。
よろしくお願いします。」

「こちらこそよろしく~!」
「がんばります~!」
「佐々木さん素敵!」

拍手と声援の盛り上がりの後。

「では、続きまして株式会社桜総合学園制作部、遠藤社長お願いします。」
「はい、しかし自分はこういう席は苦手でして、本来裏方なんです、え~っと今日は報告だけさせて下さい。
桜根九州支社設立に合わせ、桜総合学園制作部の福岡支社及び桜総合学園芸能部の福岡支社を立ち上げさせて頂く方向で話を進めています。
この地での番組制作は今回大きく協力して下さった局の方々とも力を合わせ、将来的には…、低予算から始めますが、映画制作も視野に入れています。
芸能部はこの地で活躍されてる方々の後押しの意味合いが有ります、インディーズでCDやDVDを出す手伝いなど…、出来ますが、最後は実力の世界です。
桜根通販を通して赤字にならない程度に売れそうなら積極的に行きたいと考えています。
ただ、ほんとうに力が有ると認めさせて頂いた方は、この地での番組制作にも参加して頂いたりとか考えています。
名古屋発の連中を心暖かく受け入れて下さった福岡の…、今度は福岡発のアーティストを全国へ発信して行きたいと思っています、よろしくお願いします。」

緊張しまくりの遠藤の話しを理解するのに少し遅れたのか、拍手はワンテンポ遅れて始まった。
しかし、地元発のアーティストを応援する気持ちは皆に有る。
盛大な拍手が送られた。
橋本裕子が締めに入る。

「私どもの活動は色々な形でお伝えさせて頂いておりますが、これからは福岡発でという情報も増えて行くと思っています。
私は佐々木代表や遠藤社長との思いがけない出会いから、色々な体験をさせて頂きました。
ここに、こうして立っているのも不思議な感じです。
チーム桜という素敵な仲間の集まりに参加させて頂いて、ほんとに感謝しています。
バイオリンの調べが流れて来ましたね。
演奏はもちろん滝沢桜子です。
本日第一部のエンディングとなります、今日はご来場下さいまして本当に有難うございました。」
深々と頭を下げ、佐々木達と共に舞台上から降りる。
入れ替わりに演奏を続けながら、桜子入場。
しばしの演奏の後、第一部終了となる。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0