So-net無料ブログ作成

お江戸JAZZ (上) [短編集-6]

Softly As In A Morning Sunrise。
なんてスタンダードナンバーを始めるのは、客も俺たちもそれなりに酒が回ってきた頃。
俺たち得意の曲で、ずいぶん昔に、このトリオを結成したきっかけとなった曲でもある。
朝日の如くさわやかに、アルコールのあまり入ってない時間帯に演奏したいところなのだが、こういったスタンダードナンバーはとにかく名演奏家の名演が多すぎて…。
M.J.Q. ソニー・クラーク、ウイントン・ケリー、ジョン・コルトレーン…。
ちくしょう、そんな大御所たちと、しらふで比べられてたまるか。
でも、まあ馴染みのメロディは客受けも良いし、俺たちも演奏していて楽しい、ということで…。
My Favorite Things。
このあたりから終わりまでJAZZスタンダードを続ける日も多い。
大御所たち程の演奏でなくとも、お気に入りの曲を耳にして、お客様方には満足して帰っていただいているらしい。
おかげで俺たちも食いつないでいられるという訳だ。

適度に心地よくピアノを弾いてる俺のじゃまをしたのは、突然の違和感。
曲がSomewhere Over The Rainbowに変わった頃…。
急な眩暈。

そんなに飲んでないぞ、今日は。
まあ、馴染みの客からのグラスは二三杯空けた気がするが…。
ベーシストの流山に目をやる。
目が合う。
あれ? どうやら彼にも何かしらの異変が起きたようだ。
まあ、長い付き合いってやつで…。
あっ、ドラムのリズムが少し狂ったぞ。
河留にしては珍しい。
うっ。
何だ? この感覚は?
今まで経験したことのない、いや~な気分に襲われる。
何なんだ?
あっ、突然、回りの景色が変わった。
ちょっと待ってくれよ、こんな演出聞いてないぞ…。

あれっ? 屋外だ。
しかも、見慣れぬ風景?
いや待て、見たことがあるかも?
えっ、時代劇でか?
ちょん髷姿の人が驚いた顔をしてこちらを見ている。
な、何が起こったんだ?
客は?
俺たち三人だけが飛ばされた?
と思いながらも、虹の彼方へを弾き続けている自分に気付き、軽い感動を覚える。
流山も河留も演奏を続けていることを考えると、まあ演奏することが体に染み付いているということなのだろう。

おっと、現実逃避してたのか、俺?
待て待て、目の前のが現実なのか?

どうしていいか分からなくて…、何となく演奏を続けている俺たち。
周りの人の輪が次第に厚くなっていくのを感じながら…。
曲の方は何となく日本の…、と言ってもちょん髷を結ってる人たちに伝わるかどうかとも思いながらも、上を向いて歩こう、見上げてごらん夜の星を、と続けてみる。
俺がトリオのリーダー役ではあるから、きっかけをピアノで奏でればベースもドラムスもついてきてくれる。
それなりに長い付き合いだから、レパートリーもそれなりにある。
ぽかん、と口を空けて聴いている連中の顔を見ている内に、ちょっと遊び心も芽生えてきて…。
宇宙戦艦ヤマト。
まあ、普段は酔客相手だから古いアニメ主題歌なんぞのリクエストもあったりするわけだ。
新旧アニメの主題歌を、気分次第で演奏。

あっ、向こうからやってくるのは、お役人さまか?
と、思いつつ始めたのは、帰ってきたウルトラマン。
いや、何の意味もない。
が、やばくないのか俺たち。
いきなり斬られる、なんてことはないと思うが…。
やばいと思う。
パスポート持ってないし。

とりあえず、お役人に受けそうな曲を考えてみるが、浮かばない。
警視庁のお偉いさんは、帰ってきたウルトラマンで喜んでくれたが…。
ここの人たちウルトラマンとか知らないだろう…、なんて、のんきに考えてちゃだめだろ。
自分に突っ込みを入れてみたところで…。

またしても眩暈が…。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0