So-net無料ブログ作成

F組三国志 13-1 [F組三国志 13 嶋大地]

えっと、この店の前で待ってれば良かったんだよな。
工場見学って…、梶田さんの会社ってどんな感じなんだろ。
今日は何人集まるのかな…。
おっと、着いたってメールを美咲さまに入れておくかな。

送信してっと。

淳一の家で演奏を聴いてからとか言ってたけど、チェロって言われてもぴんとこないもんな。
やっぱJポップだよ。
この新曲もなかなかいいぞ…。
おっと、音量上げすぎると耳、悪くするんだった、気をつけなきゃ…。

あっ、返信だ。

ふむ、淳一と亜美が早川さんの車でこっちへ向かってるのか、あの二人いつの間にか仲良くなってたな~。
舘内亜美、明るくてかわいくて、淳一いいよな~。
俺も彼女欲し~。

あっ、あの車かな?

「お待たせ、嶋くん。」
「こんにちは早川さん、えっと、俺、助手席で良いんですか?」
「良いも悪いも、後ろのお二人のじゃまをするようなお人なの? 嶋くんは。」
「はは、まいったなぁ~。」

「じゃあ行くわよ。」
「梶田さんの会社って遠いんですか?」
「そんなんでもないけど、駅やバス亭からは少し距離があるの。」
「それで車か…、でも早川さんってプロジェクトFのサブチーフでプロジェクト梶田とは違うんじゃないですか?」
「私は省吾リーダーの活動を記録していくって役目も担ってるの、だからリーダーには極力同行していたいって感じでね。」
「そっか、でも省吾さま乗ってませんね、この車に。」
「そ~なのよ~、美咲ちゃんたら、さっさと髙尾さんの車に乗り込んじゃってさ。
そしたら私の力ではどうにもなんないじゃない。」
「ははは、早川さんはお二人のじゃまをするようなお人じゃないですもんね。」
「ふふ、微妙にじゃましてるけど。」
「え~。」
「だって悔しいじゃない美咲ちゃんたら私たちのリーダーとアツアツでさ。」
「はは、でも省吾さまのことはリーダーって呼んでるんですね。」
「そうね、彼のことをどう呼ぶかは、私たち結構戸惑っているのよ。
私は、省吾さんとも呼んでるけどね。」
「はい?」
「リーダーに対して省吾くんじゃおかしいし、大学生が高一に対して省吾さんっていうのも、しっくりこないって人もいて…。
今のところ省吾リーダーという呼び方にしてるのは、リーダーが誰なのか他の人にも分かってもらうって意味合いもあるけどね。」
「なるほど、チームのメンバー、今日は大勢集まるんですか?」
「今日はそれほどでもないかな。
大学生メンバー四人と高校生七人ってとこ、リーダーや梶田さんを含めてね。
他のメンバーには、ある程度情報を整理してからって、効率を考えて、リーダーのお考えよ。
嶋くんや淳一くんはプロジェクトに対してすぐ反応してくれたから優先って感じかな。」
「うちも親が小さいながらも会社を経営していて、はは、跡取りとしての興味もあるんです。」
「そっか、じゃあ経営学部とか志望なのね。」
「いえ、工学部の電気、電子の関係かコンピューター関連への進学を考えています。
経営のことを勉強するのはもっと後でもいいみたいで。」
「そっか、高一でも、しっかりしてるのね。」
「そんなことないですよ。」
「はは、ご謙遜。」
「工場って親のとこしか見たことなかったんで、今日はちょっと楽しみです。」

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0