So-net無料ブログ作成

F組三国志 9-1 [F組三国志 9 林徹]

あっぶね~、遅刻ぎりぎりだった~。
コンビニでのんびりしすぎたな。
でも、あの雑誌はちょっと見ておきたかったし。

「おい林、遅いぞ~、ほい、F組通信。」
「おお、サンキュ~、正信。」

F組通信、いつもながら綺麗に仕上がってるな~、とてもクラス新聞のレベルじゃないぞ。
毎号、山影さんの絵が添えてあって。
ここのところハイペースで発行されてるけど大変じゃないのか。
哲平は、秋山さんのデータと絵のデータを、山影さんがちょちょいと整理して、あっという間に完成って言ってたけど。
えっと…。

『ノーコンのお知らせ』
何? 何のことだ?
『テスト二週間前から部活も停止になりますから、それに合わせてテスト対策企画を行います。
参加はもちろん自由です。
授業ノートは各自がきちんととっているとは思いますが、この機会に他の人のノートの作り方とか参考にしてもいいのではという意見が出ました。
そこで、みんなのノートを見せ合って評価し合う、ノートコンテスト、略してノーコンを開催します。
コンテストは…。』
なるほど、各教科ごとにみんなで投票して、上位者の所属チームに団体戦のポイント加算か。
俺もチームに貢献…、できないな…、俺の字って自分でも読めない時あるもんな。
ま、テストで高得点とって貢献するか。

「林くん、問題予想ゲームって得意そうじゃない?」
「あっ、清水さん、なんのこと?」
「あら、まだそこまで読んでなかったんだ。
ほら、ここ。」
「ああ、これか。」
『問題予想ゲームをやりましょう』
これも、テスト対策企画ってことだな。
『やはり自由参加ですが、チームリーダーの了解はとってあります。
チームごとで、教科ごとに、テストに出そうな問題を予想して発表してもらいます。
予想した問題の的中度とその問題の配点などで得点を決定します。
各チームが予想した問題はクラス全員で共有しますが、どのチームからの問題かはテスト終了後審査が終わるまで、審査員に漏れないようお願いします。
より厳正な審査のためです。
なお、審査員は赤澤、秋山の他、外部有識者を予定しております。』

「なるほど、こういうゲームにすれば、自分のチームのためだけでなくクラスみんなのためにもなるってことだね。」
「どう、私のお父さまの発案?」
「うん、これで他のクラスに平均点とかで負けたら恥だな…。
で、どうして、清水が自慢げなんだ?」
「だって、私のお父さまなんだもの。」
「はいはい、ゲームの方は俺でもチームに貢献できそうだ。
えっと、提出期限は…、そうか、リーダーの正信が取りまとめるんじゃなくて、各チームに担当者か…。
お~い、正信~。」
「なんだ~、林~。」
「問題予想ゲームの担当、やってもいいぞ~。」
「おう、有難うな~、頼むぞ~。」
「ふふ、林くん、やる気満々ね。」
「そりゃな、数学小テスト団体戦では、淳一のチーム麻里子に負けて、哲平のチームに負けてと連敗中だからな。
今度はビッグイベントだから、ここで勝って借りを一気に返さないと…。」
「? 返さないと?」
「あ~、ずっと二人のパシリになっちまう、次のテストまで長いからな。」
「はは、三人でそんな勝負してたんだ。」
「しかも、言い出したのが自分だったりするから…、あのチーム麻里子には絶対負けないと思ってたのに。」
「ふふ、林くんもあのチームを外見で判断してたのね。」

ほんとにそうだ、岡崎、田中、星屋、平岩…、足を引っ張りそうな奴ばかりだと思ってた。
そしたら、あいつらそれなりに…、星屋なんて二回とも満点で俺より上なんてな。
次は教科も多いから…、あ~、もう、負けられね~。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0