So-net無料ブログ作成

F組三国志 8-1 [F組三国志 8 清水ちさと]

「ちさと、午前の授業どうだった?」
「あっ、美香、まあまあってとこね、席が変わって新鮮だったから授業に集中できたかな。
それとね、ふふ、ちょっとした発見があった。」
「なに?」
「隣の星屋くんがさ。」
「あのオタクっぽくて頼りなさそうな人?」
「はは、それが結構頼れる人だったんだ。」
「そうなの?」
「うん、授業でちょっと分かんなかったとこ訊いたら、分かりやすく教えてくれたの。
テスト団体戦が始まってから、チームのメンバーに教えるようになって、自然と教えることも意識しながら学習するようになったんだって。」
「へ~、ということは結構頭いいんだ、彼。」
「と、思うな。」
「人は見かけによらないものなのか~。」

ほんとに見かけによらない、と言うよりきちんと接しないと彼の良さとか分かんないってことなんだろうな。
ふふ、ちさとは味方だよ、星屋くん。

「ねえ、ちさと、午後の数一ってさ教育実習の先生じゃなかった?」
「あっ、そうね、じゃあ、省吾さんの予習プリント…、じゃなかった、お父さまの予習プリント。」
「えっ? お父さま?」
「うん、省吾さんは私のお父さまってことになったのよ、美香。」
「どういうこと?」
「私が演劇部に入ったのは色々な役を演じてみたかったからなんだけどね、実際は道具作ったり、基礎練習だったりでさ、役を演じるなんて全然だめ、って話したことがあったの。
それを省吾さん、ちゃんと覚えていてくれて、昨日ね、文化祭のネタになるかどうかは微妙だけど、ちょっと遊んでみないかって。」
「お遊び?」
「うん、最初はそう思ってた。
でもね、今日気付いたんだけど、私のお父さまは色々企んでたの。
和彦さんとかがからんでくるんだけど…、あっ和彦さんって、星屋くんのことよ。
そのことに和彦さんも気付いて、すごく嬉しそうだった。」
「う~ん、よく分かんないわね。」
「ふふ、しばらくすれば分かると思うから、ちょっと待ってて。
で…、美香の役はね、十三歳のおてんば娘の友達…、はは、やっぱ近所の嫌なおばさんかな~。」
「なによ、それ!」
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0