So-net無料ブログ作成

F組三国志 6-1 [F組三国志 6 奥田麻里子]

「なあ省吾、そろそろ次の企画のこと話しても良いんじゃないか。」
「そうだな、麻里子にも頼みたいことあるし。」
「えっ? なに?」

次の企画ってなによ?
聞いてないわ。
彼らのことだからまた楽しいことかしら。
で?

「ちょっとしたお遊びなんだけどさ。」
「うん。」
「数学の小テストとか、定期テストとかでね、団体戦をやってみたら面白いと思ってさ。」
「はぁ~? テストの団体戦?」
「うん、うちは進学校だからテストとか避けて通れないよね。
で、どうせテスト受けるならゲーム感覚にした方が楽しいと思うんだ。
テストは基本個人戦だけどさ、グループで協力したり競ったりしたら少しは楽しくなるんじゃないかと思ってさ。」
「う~ん、でもどうやって?」
「俺的には三つのグループって考えてるんだけど、無理なら二つのグループを作ってね。
簡単な方法なら全員の平均点で勝負。
複雑なルールの案も色々あるけど一回目はシンプルな方が良いとも思ってる。」
「なるほど、で、勝ったら?」
「そのあたりはバツゲームとかみんなで考えたら楽しいと思うんだけど…、夏休み前とかにみんなで集まって遊ぶ機会があっても良いと思ってるんだ。」
「悪くはないわね、で、私は?」
「一つのグループのリーダーをお願いできないかと思ってね。
最初は哲平と美咲って考えていたんだけど、美咲と俺はゲームの運営的な立場になってみんなをサポートしていきたいと思ってさ。
まあグループに関係なく学習の手助けをするって立場かな。
それと哲平と麻里子では数学の力とか近いからね、良きライバルになれると思うんだ。」
「具体的には何をすれば良いの?」
「一回目は、とにかくみんながんばろっ! ってだけでも良いよ。
二回目以降は一回目の経験を踏まえてより楽しく、より効果的にしていきたいけどね。」
「それならやっても良いわ、でもリーダーとして哲平のライバルってのはちょっと荷が重い気もするわね。」
「多少の根回しはするから…、あまりにもアンバランスになりそうだったら、美咲もグループにって選択肢を用意してるけど、麻里子はもっと自信を持っていいよ、将来の編集長さん。」
「ありがとう、がんばってみるわ。」

「問題は…。」
「なに? 美咲?」
「遠足に続いてまたしてもグループ分けの問題があるのよね。
省吾の言う、三つの方が面白いと思うし。」
「う~んと、それなら鈴木正信、彼をリーダーってどうかな?」
「麻里子、彼のこと詳しいの?」
「うん、席、近いから話すことあるんだけどさ、真面目で成績も良さそう、今は目だってないけど中学生の頃は生徒会長もやってたそうよ。」
「へ~、それは知らなかった、明日にでも声を掛けてみるよ、な、哲平?」
「おう。」
「それからね、今日、学習の時間に、覚えるときのポイントはねって、話したろ。
それは教える時のポイントでもあるからね。
そして、教えることは自分の学習したことの再確認にもなるんだ。」
「省吾、なんか色々企んでいそうね。」
「いや、企みなんて、美咲と俺をボートに乗せようなんてことに比べたらかわいいもんだよ。」
「ははは、根に持ってる。」
「まあ、俺たちの結婚式にはみんな呼んでやるよ。」
「ははは、そこまで開き直ったか。」
「かわいい企みとしてはね、F組がいじめのない楽しいまとまりのあるクラスになって、且つ学力面でも他のクラスを寄せ付けず、スポーツ大会で優勝してだな。」
「欲張りすぎ~、ぜんぜんかわいくないわ。」
「ははは、でも俺は省吾の考えに乗ったんだ。」
「美咲には聞くまでもないわね。
でも、三つに分けて、まとまりのあるクラスになるのかしら。」
「グループ同士も協力しあって良いし、そんな雰囲気を作っていけると思ってる。
だって、哲平と麻里子はもう友達だろ、知らない内に団結してたし。」
「ふふ、確かに。」

「鈴木と調整できたら、すぐにでもみんなに話してグループを作ってもらおうかな。
もちろん自由参加だけど十人程度で三グループって規模にはしたい。」
「遠足がうまくいったから、流れは良いと思うわ。」
「そうだね、平岩は、どう?」
「うん、参加したい、奥田さんのグループに入れてくれるかな。」
「麻里子、一人ゲットじゃん。」
「私は哲平さんのグループ。」
「おっ、哲平、静さんゲットか。」

なんかまた楽しくなりそうね。
平岩、私のグループ? う~ん微妙だなぁ。
元々岡崎とかいじめてたのよね。
? 岡崎、私のグループに来そうじゃない?
あ~、やばいかも…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0