So-net無料ブログ作成

F組三国志 5-3 [F組三国志 5 平岩周]

あっ、もう十二時か、集中してたら、あっ、という間だったな。
分かると数学も面白いもんだ。
なんか入学してからの分を一気にやった気がするけど、省吾も親父さんも教えるのうまいな。
数学の先生なんて何言ってるのかさっぱり解かんないのに。

「みんなお疲れ、今日の学習時間はここまでだよ。」
「有難うございました。」
「お父さまも、有難うございました。」
「どういたしまして、でも、さすがだな、省吾。」
「でしょ。」
「どういうことなんです?」
「中学の時も勉強会やったことがあるんだ。」
「そっか。」
「その時も学校の成績関係なくやったんだけどさ、さすがにピンキリでさ。」
「今日のメンバーは教え易かったね、みんな優秀だよ。」
「へへ、数学の小テストに苦しめられていたんですけどね。」
「ははは。」
「それにしても、省吾さんもお父さまも教えるのがうまくてすごいです。
学校の数学の先生なんて…。」
「有難う、私は教えることのプロだからね。
省吾にも小さい頃から教える時のポイントとか仕込んできたし。」
「なるほど。」

「さ、じゃあ昼飯にしようぜ。」
「ご飯は何?」
「まあ無難にカレーにしといたけど、どうかな?
辛いのが良いとか、甘いのがってリクエストがあれば調整もできるからね。」
「私、手伝うわ。」
「私も。」

あっ、女の子、みんな連れていっちゃった。
省吾、独り占めかよ…。

「で、あの美咲って子が省吾の彼女なのかい?」
「あっ、分かりましたか?」
「って、君たち気を使いすぎてないか?」
「え? 特には…。」
「省吾が美咲さんに説明してる時だけは、誰も省吾に声を掛けないで、私の所だったろ。」
「はは、勉強に夢中で、他の連中の行動まで見てませんでした。」
「で、どうなんだい?」
「俺は応援してます。
省吾、省吾くんにはすごく感謝してるんです。
数学を教えてもらってるだけじゃなくて、学校が楽しくなりました。
そのきっかけをくれたのが美咲だったんです。
まあ、それを利用して省吾がうまくやったってことなんですけどね。」
「ははは、そうかそうか、ああ、哲平くんの話しは省吾からもよく聞くよ。
さっぱりしたスポーツマンで、一緒にいて安心するって。」
「はは、照れます。」

「は~い、お待たせ~。」
「おっ、うまそうなにおいだ。」
「沢山食べてな。」

「みんなオッケー?」
「あっ、それはしずかちゃんの激辛だから危険よ。」
「えっ?」
「こっちが平岩くんの普通の辛口、はいどうぞ。」
「あっ、有難う。」
「あっ、スプーンが足りなかった。」
「省吾、私、取ってくるわ。」
「おお、頼む。」
「あのさ、省吾…、ふふ、なんでもないわよ。」
「なんだよ、麻里子。」
「麻里子、隠さなくてももうお父上にばれてるよ。」
「はは、な~んだ、哲平がばらしちゃったの?」
「え~!」
「いやいやみなさんの様子を見ていたらね。
省吾、いい友達を持ったな。」
「それは否定しないけど…。」

「はいスプーンないの誰?」
「美咲、お父さまよ。」
「はい、お父さま。」
「うわ~、ち、ちょっと待ってよ~。」
「ははは。」
「美咲、お母さまにはご挨拶したの?」
「えっ?」
「ははは。」
「美咲さん、省吾の母です、よろしくね。」
「は、はい、よろしくお願いします、お母さま。」
「母さんまで悪のりしすぎだよ~!」
「で、お式は何時?」
「えっ? 麻里子? お式? あ~、やっだ~! はずかし~、お父さま、お母さまなんて、ご、ごめんなさい失礼しました。」
「ははは、気付くの遅すぎ。」
「私は構わんがね。」
「私もよ、息子の嫁にはもったいないかしら。」
「ははは。」

ははは、楽し~、でも、うらやましくもあるな。
いい友達か。
俺の友達…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0