So-net無料ブログ作成

F組三国志 5-1 [F組三国志 5 平岩周]

まったくひどいよな。
森の『平岩で決定な。』の一言で面倒なこと押し付けられて。
四月の頃は森たちとつるんで、結構新鮮で楽しかったけどね。
岡崎とかパシリにしてさ。
それが最近じゃ、岡崎の近くには赤澤や女子がいるし、他の連中も…。
遠足の後は特にみんな仲良くなっちまって、結局俺が森のパシリみたいなもんじゃないか。
あ、赤澤か。

「どう、遠足のレポート書けた?」
「いや、まだっていうか書かなきゃいけないの?」
「別にインタビュー形式でも良いけど、時間とれる?」
「う~んと…、たぶん。」
「何時がいい?」
「えっとね…。」
そう言えば森が今度の日曜日に…、とか言ってたな。
なんか、もう本格的にパシリさせられそうな雰囲気だった。

「日曜日なら良いけど。」
「日曜日か…、そう言えば平岩って家どこ?」
「名東区、本郷の近く。」
「じゃあ学校までは地下鉄? 定期だよね?」
「うん。」
「俺んち覚王山なんだけど、来る?」
「行ってもいいけど。」
「午前中に数学の勉強会やってから、遠足のまとめをする予定なんだ。
終わってからちょっとおしゃべりってとこかな。
メシは心配しないでいいからね。」
「はは赤澤の手料理ってとこか?」
「まあね、みんなにも手伝ってもらうけど。
別にずっとじゃなくていいから、そうだなインタビューだけなら、午後から何時でもいいよ。」
「数学の勉強会って?」
「哲平たちからリクエストがあってね。」
「俺も良いのか?」
「もちろんだ。」
「森たちと遊んでばかりだったから、かなりやばくてさ。」
「なるほど、じゃあ中三のさ…、ちょっと待ってて。」
はっきり言って数学、やばいんだよな…。
でも、勉強会ね~、やっぱり真面目な奴らは違うな。
俺ほんとに行っても良いのかな。

「おまたせ、中三の時のさ、このあたりを中心に復習しておいて欲しいんだけどさ。」
「中三の教科書、持ってきてるのか?」
「ああ、最近数学の質問をよく受けるからね、説明するのに便利なんだよ。
ここに受かるくらいだから、みんな中三の数学はそれなりに出来てるからね。
平岩はどう?」
「まぁ、俺も受験勉強とかはそれなりにやったから。」
「なら大丈夫、復習はどちらでも良いけど、やっておいてくれると説明が早く済むんだ。」
「わかった、で、他に誰が来るの?」
「哲平に美咲、静さん、山影静だよ、それと奥田麻里子ってとこかな。」
「へ~、俺なんか行っても本当にいいのか?」
「ああ、まあできたら遠足のまとめとか手伝ってくれると嬉しいけどね。」
「うん。」
「パソコンとかは?」
「まあ普通に使えるけど。」
「じゃあ、よろしく頼むよ。」
「いや、こちらこそ。」

なんか変なことになった。
でも…、山影って結構美人だよな、奥田も性格明るいし、まあ秋山は別としても、俺入れて男女三人ずつか…。
怖いような、楽しみなような…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0