So-net無料ブログ作成

F組三国志 2-2 [F組三国志 2 秋山美咲]

「おはよ、美咲。」
「おはよう、あやか。」
「ふふ。」
「なによ、あやか?」
「み・た・わ・よ。」
「なにを?」
「赤澤くんとお二人で登校してきたじゃない。」
「あやか、ほんとなの~、私は昨日二人で帰るとこ目撃したわよ。」
「まじ? 由香…。」
「美咲~、何時からなの? 告られたの? 白状なさい。」
「い、何時からって昨日おごってもらって…。」
「うんうん。」
「で…。」
「告ったの? 告られたの!?」
「そ、そんなんじゃ…。」
「その割には真っ赤だぞ。」
「付き合うの?」
「ま、まだ~。」
「そんなんじゃ! 美咲はどう思ってるのよ!?」
「ふふ、パフェおいしかった。」
「おいおい。」
「赤澤くんけっこう人気あるし、昨日のオムレツでまたポイント上げたわよね。」
「そうなんだ。」
「そうなんだって、美咲、またまた、男に興味なさそうなふりしてさ。」
「そんなこと…、あっ。」
「あっ、て、あ~、赤澤くんのこと見てたんだ。」
「あれっ? こっちに来るみたい、おじゃまかしらね~。」
「でも由香、岡崎くんもご一緒みたいよ。」

赤澤くん、さっそく岡崎くんに声かけてくれてたんだ。
でも…、このシチュエーションで、うわっ、またドキドキしてきた。

「おはよ、盛り上がってるね。」
「おはよ、赤澤くん。」
「おはよう、盛り上がってるわよ、誰かさんたちのことで。」
「えっ?」
「美咲とどうなのよ?」
「はは、やっぱばれてたか。」
「ばればれ。」
「俺は美咲のこと大好きだぜ。」
「うわ~、大胆発言。」
「しかも昨日まで秋山さんだったに、いったい何時から呼び捨てに?」
「今朝から、地下鉄のホームで告って…、その返事はまだもらってないけど、美咲って呼んでもいいって。」
「へ~、赤澤くんって、けっこうやり手なんだ。」
「いや~、もうドキドキしっぱなしさ。
でも、本心を伝えたらすっきりしたってとこかな。」
「あ~、美咲、今回は何時もと違うのね。」
「由香、何時もとってどういうこと?」
「ふふ、この美咲お嬢様、今まで何回告られたのでしょう、はい、分かる人?」
「あ、美咲なら一桁ということは有り得ないわね。」
「そ~なんです、私が知ってるだけで十六人。」
「で?」
「その十六人全員、その場でふられているのです。」
「と、いうことは…。」
「と、いうことは?」
「赤澤が十七人目ということか?」
「岡崎、馬鹿か!」
「馬鹿ってなんだよ、谷口さん。」
「赤澤くんがまだふられていないことと、美咲の顔の赤さ、ここから導き出される結論は一つ!」
「美咲、おめでとう。
赤澤くん美咲のことよろしくね。」
「以上友人代表でした。」
「ははは。」
「ちょっとあんたたちね~。」
「あっ、先生来た。」
「続きは次の放課ね。」

あ~、なんか、あっという間に…。
みんな勝手に盛り上がってくれて…。
でも赤澤くん、ふふ、省吾とだからいっか。

「秋山さん、秋山美咲さん。」
「はっ、はい。」
「顔が赤いけど熱でもあるんじゃない?
大丈夫?」
「えっと…。」
「先生! 近づきすぎると火傷しますよ~!」
「ははは。」
「あらっ? 赤澤くんも真っ赤ね、大丈夫?」
「あらあら、わかりやすすぎよ、あなたたち。」
「えっ、秋山と赤澤?」
「えっ、何時から?」
「知ってたの?」
「いやぜんぜん。」

「あら、そういうことなの、ふふ、じゃあ保健室へは行かなくてもいいのね。」
「先生、二人で保健室へ行かせたら危険で~す。」
「はいはい、じゃあ授業を始めますね。」

か~、はずかし~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0